MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

lynch.

2014.04.08UPDATE

2014年04月号掲載

lynch.

メンバー:葉月 (Vo) 玲央 (Gt) 悠介 (Gt) 明徳 (Ba) 晁直 (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-あと、すべて新曲というのも驚きました。

葉月:「BALLAD」と「LIGHTNING」を入れないの?と聞かれたけど、『EXODUS-EP』に入ってない時点でないでしょって。あれはあれで完結したものだから。

-まっさらな新曲でいきたかった?

葉月:いや、それしか考えなかった。言われて、そういう選択肢もあるのかって(笑)。

-曲自体はいつ頃にできたものなんですか?

葉月:『EXODUS-EP』のレコーディング後にすぐ作りました。「ENVY」、「MERCILESS」、「BULLET」だけ『EXODUS-EP』の頃からデモはあったのかな。当時はアレンジも違って、入れなかったんですけど。ほかは同時期に作ったものですね。

-だから、曲のテンション感が近いのかなと?

葉月:ほとんどツアー中に作ったんですよ。それでテンション感は似てるのかもしれない。

-ライヴ感は意識しました?

葉月:それもよく言われるんですけど、ライヴはずっと意識してるんで、ツアー先で作ったからどうこうというのはないですね。

-即効性の高いフレーズが多い気がします。

玲央:構成やテンポ・チェンジも考えたし、凝った要素を入れつつも、全体としてはノリのいい曲が多いですね。

-歌詞の話に戻りますが、今作には"命"という言葉もたくさん出てきますね。

葉月:結局自分が生まれて死んでいく上で何ができるのか、そこばかりずっと考えてますからね。作品のストーリーや流れは僕的には特に設けてなかったけど、イントロは13曲の階段を上って、絞首台のテッペンに立ったところから始まるんですよ。最後の「PHOENIX」はあんなに鮮やかな曲なのに、乱暴にバッと終わるじゃないですか。それは絞首刑を執行されて、いきなりすべてが真っ暗になるイメージで作ったんですよ。

-Bjorkの主演映画『Dancer In The Dark』の最後みたいですね。

葉月:ああ、そういう感じですね。「PHOENIX」は最初の方にできたものなんですけど、そのときは『GALLOWS』という作品の全貌は見えてなくて。人の鮮やかな人生が最後にあっけなく終わってしまう。それが『GALLOWS』というタイトルにもハマッて、自分でもビックリしました。

-最後に今作のレコ発ワンマン・ツアーに対する意気込みを?

葉月:見てもらえばわかる通り、悲惨なスケジュールで(笑)。

玲央:ははははは。

葉月:『GALLOWS』の全貌が見える前に組んだツアーなので、このアルバムの世界観すべてを表現し切れないと思うから。とにかく本数を重ねて、修行のように毎日を駆け抜けようかなと。で、秋にはもう少し広めの場所でやって、そこでしっかり表現できるようにしたくて。格闘技みたいなツアーを繰り広げます。今回は特に小さい場所が多くて、名古屋HeartLandなんて、7、8年前にやっていた場所だったりするから。それを今になってやるのがまたシビれますね。でも楽しみです。目黒鹿鳴館2デイズもZeppツアーと同じか、それ以上に応募があったので、みんなその狭さを楽しみにしてくれてるのかもしれませんね。体調だけは気をつけてもらえればなと(笑)。