MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

lynch.

2012.06.04UPDATE

2012年06月号掲載

lynch.

メンバー: 葉月(Vo) 玲央(Gt) 悠介(Gt) 明徳(Ba) 晁直(Dr)

インタビュアー:MAY-E

-そういった自分自身の内面を曝け出すことに抵抗などはなかったですか?

葉月:うん、そこにまったく抵抗はないんですよ。

-アーティストの中には、自分自身がその出来事を消化するために、劣等感や傷ついた出来事を曲にするという方もいらっしゃるんですが、葉月さんの場合はいかがでしょうか。

葉月:僕の場合は、それとはまた違うかな。ただ、材料になっていることは間違いないんです。でも、そうすることによってその胸のうちが消えるのかと言えば、そうではなくて。

-なるほど。抽象的な表現を用いながらも、人間味が感じられる歌詞である理由が解りました。

葉月:うん。僕自身、あまりに外に発信していくことにあまり興味がないんですよ。世の中で起こっている出来事についての怒りを歌詞にしたりすることもないです。“この想い、みんな分かってくれ!”っていう考えはないです。ゼロです(笑)。曲ありきなんですよね。“この曲はどうやったらかっこよくなるのか”ということしか考えてないです。発信していくことがあるとすれば、かっこいい曲を作って、“どう? かっこいいでしょ、この曲! みんな聴いてよ!”っていう、そんな意欲ですね。

-かっこよさを重視しているということですね。

葉月:そうです。曲をかっこよくするためにはどんな歌詞が合うだろうかとか、そういうレベルで考えているので、他の人とはちょっと違うのかもしれないですね(笑)。

-なるほど。既に公開されている「INFERIORITY COMPLEX」と「FROZEN」のビデオ・クリップを見るだけでも、葉月さんの言う“かっこよさ”は伝わってきます。タイトル曲の「INFERIORITY COMPLEX」の方は、退廃的な雰囲気を持ち込みながら演奏しているバンドをモノトーンでクールに映し出していますね。

葉月:そうですね。ビデオ・クリップは1枚のアルバムの中から2曲と決まっていたので、全く違うアプローチのものにしようと思ったんです。1曲だけなのであれば色んなアプローチを1曲の中に詰めこまなきゃいけないんですけど、2曲だったので完全に分割しました。だから、「FROZEN」の方には演奏シーンが一切ないんですよ。振り切れたので面白く仕上がっていると思います。

-そうですね。その「INFERIORITY COMPLEX」と「FROZEN」の2曲に注目が集まるところだと思うのですが、私が気になった曲は「NEW PSYCHO PARALYZE」と「ANIMA」です。

葉月:はいはい、激しいですね(笑)。

-(笑)。「NEW PSYCHO PARALYZE」は、まるで英語のように聴こえるけれど、最後のワン・フレーズ以外全て日本語詞なんですよね。

葉月:そう。これはただのヒネクレなんですけどね(笑)。英語にしようとも思っていたんですけど、色んな問題があって。実は僕、こんなに英語で歌っているけど、英語はダメなんですよ。ちょっと前までは日本語で書いた歌詞をcoldrainのMasatoにお願いして英語に訳してもらっていました。今回は彼がちょうどアメリカ・ツアー中だったので、英訳は他の人にお願いしているんですけど、その方法を取るとどうしても時間がかかるんですよね。で、この曲に関しては、その時間が一切なかったんです。緊急で書かなきゃいけないっていう(笑)。それで日本語で書いてみることになって。だけど、結果オーライっていうのかな。

-へぇ、そうでしたか。言葉遊び的な歌詞ですよね。

葉月:日本語って、ひとつの音に対してひとつの言葉しか入らないんですけど、そうじゃない日本語をひたすら探したんですよ。だから英語っぽく聴こえるんだと思います。

-ロック・サウンドに日本語をのせるのは難しいという方もいますが、葉月さんもそう感じますか?

葉月:そうですね、やっぱり日本語だと難しいですよ。あと僕、日本語でシャウトが出来ないんです(笑)。なんか苦手で。だけど「NEW PSYCHO PARALYZE」で初めて日本語のシャウトに挑戦しました。大変でしたね。すっげーやりづらかった(笑)。

-(笑)。そのような苦労があったんですね。

葉月:うん。「ANIMA」も大変でしたけどね。速すぎて(笑)。

-確かに「ANIMA」は高速のメタル・ナンバーですよね。この曲を聴くと、メンバー皆さんのバック・グラウンドが気になったりもするんですが。

葉月:00年前後に台頭したKORNやLIMP BIZKIT、LINKIN PARK、EVANESCENCEなんかはメンバー全員の共通項になっていますよ。それを軸として、バック・グラウンドはみんなバラバラですね。洋楽で言うならPANTERAとSKID ROWが僕の中の2大バンドですけど、B’zとかWANDSとか、J-POPも大好きでした。

晁直:僕はSTATIC-XとかELUVEITIE、WATCHAなどバラバラです。自分なりに掘って、色々探していますよ。

明徳:僕は広く浅く聴いちゃうんですよ。特に大好きなバンドは、KORNとRED HOT CHILI PEPPERSですね。あと、今更ですけど最近TOOLに激ハマりしてます。