MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

The BONEZ

2022.05.08 @LIQUIDROOM ebisu

Reported by 荒金 良介 Photo by Taka”nekoze_photo”

KOKI(Gt)を正式メンバーに迎えたThe BONEZが、全国ツアー"Welcome to The Lab House"を開催。ツアー初日のLIQUIDROOM ebisuはソールド・アウトとなり、熱心なBONER(※ファンの総称)が会場に駆けつけた。SEが流れるとJESSE(Vo/Gt)、KOKI、T$UYO$HI(Ba)、ZAX(Dr)のメンバー4人が現れ、「Plasma」でショーはスタート。最新ミニ・アルバム『LAB』収録曲である。続けて同作から「My Band」に移ると、うねりを上げるベース、タイトに攻めるビート、そこに繊細なギター・フレーズが絡み合い、砂埃が舞うワイルドな疾走感を披露。"こいつらが俺らのバンドだ!"とJESSEは曲中に叫び、後半はハンドクラップで会場をひとつに束ねていた。

「Revolution」でギアをさらに上げ、ステージ中央のお立ち台でT$UYO$HIがベースを刻むと、「We are The BONEZ」へ。曲名を連呼するキャッチーなフレーズに観客も沸き上がっていた。「Louder」で足腰の強い演奏を魅せつけると、「Numb」へと繋ぐ。JESSEがお立ち台で手を左右に振ると、観客もそれに倣う形となり、"ウォーウォー!"の合唱パートで締めくくる流れも最高であった。

「Rude Boy」を挟んだあと、"一緒に時代を作ろうよ!"とJESSEは語り掛け、BONERと共に歩む意志を提示。それから「In Silence」を皮切りに、「Remember」、「Stranger」と歌を主軸にしたナンバーが続き、ハートフルなメロディを観客の心奥に届けていた。ここで"楽しいな!"とZAXが明るく言い放つと、KOKIから"Nロゴ(The BONEZのロゴ)を背負っていくんで、よろしくお願いします!"と頼もしい言葉が飛び出し、次は「Adam & Eve」を披露。そこではT$UYO$HIとKOKIが向き合って演奏したりと、バンド然としたステージングに目が離せなかった。

そして、HOUSE OF PAINのカバー「Jump Around」に入ると、KOKIは激しく動き回り、JESSEも熱い歌声で吠えまくり、お祭り騒ぎの熱気に包まれていく。疾走感抜群の「Rusted Car」を演奏後、"秋にもう1回ツアーを回る"とJESSEから嬉しい報告もあり、ライヴは早くも後半戦に突入だ。「Friends」でBONERの気持ちをよりいっそう高め、爆発力溢れる「Place of Fire」でフロアの温度を押し上げると、"お前らの歌だぞ!"とJESSEが叫んで、「That Song」へ。エモーショナルな歌声に背中をグッと押され、The BONEZとBONERが一体となる空気が醸成されていた。そこにラスト曲「SUNTOWN」を投下。すると、今日イチと言える活況ぶりで、観客もストッパーが外れたかのようにジャンプする。また、T$UYO$HIとKOKIはZAX側を向いて演奏したりと、新生The BONEZのチーム感を印象づけるパフォーマンスにも胸が熱くなるばかりだった。

最新ミニ・アルバムのタイトルである"LAB"には、"実験室"という意味がある。パンデミックや戦争が起きたりと、世の中に当たり前のことなど何ひとつもなく、明確な答えなんて誰も知らない。だからこそ、ゼロから構築する必要があるのだ。 今日のライヴはまさにそうだった。コロナ禍で歌うことを奪われ、フロアで観客が入り乱れて騒ぐこともできない。ないない尽くしのなかで、今できる最大限のテンションを持って、フロアと向き合うことで、The BONEZは新しい道を切り拓こうとしている。声を奪われても騒ぐことができなくても、手を叩きジャンプして、観客は最大限のリアクションを取ることは可能だ。肝心なのは心が震えて、感動し、きちんと喜怒哀楽を発散できるかどうかだろう。

今のThe BONEZはフロアにいるBONERの心に目掛け、フル・パワーでステージングに挑んでいる。そうした凄まじい気迫やエネルギーが、コロナ云々の現実を飛び越えた熱量を会場に運んだ。メンバー4人の感情がより深いところで融合し、豪快に前へ突き進んでいく勇姿は、かつてないほど獰猛な勢いに溢れていた。今ツアーを通して、バンド感はよりいっそう研磨されるに違いない。The BONEZの未来が、さらに楽しみになってきたのは言うまでもない。

そして、ライヴ中のMCでも触れていたように、10月から11月にかけて"The BONEZ Tour 2022 in Fall"と題したツアーが再び始まる。The BONEZのギリギリの闘いは、まだ続くのだ。けれど、秋のツアーではさらに強く逞しく、"仕上がった"状態の彼らに出会えることだろう。今からワクワクが止まらないし、そういう気持ちにさせてくれるThe BONEZに感謝したい気持ちでいっぱいだ。

  • 1