MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

オメでたい頭でなにより

2020.04.28UPDATE

2020年04月号掲載

オメでたい頭でなにより

メンバー:赤飯(Vo) ぽにきんぐだむ(Gt/Vo) 324(Gt) mao(Ba) ミト充(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-そしてゴリゴリのミクスチャー「God luck -運神-」は、ぽにきんぐだむさんと赤飯さんの2MCがバッチリはまってます。

ぽにきんぐだむ:これは去年、山嵐さんのツアーに呼んでもらったときに、がっつり2MCの曲を作りたいねって赤飯とふたりで話をしていて。そこから中西(航介)に曲の依頼を出したもので。昔のミクスチャーっていう感じの曲を作ってもらって。

赤飯:1個のループでゴリ押ししたいっていうところから、この感じになって。これは歌詞も彼(ぽにきんぐだむ)が書いてきて。彼らしい曲になったんじゃないかなと思いますね。

-ぽにきんぐだむさんの歌詞は、ラディカルなほうに振れますね。

ぽにきんぐだむ:そうですね。この曲は、SNSでよく誹謗中傷が飛び交っていて、お前らクソ食らえよっていう話なだけなんですけど。無責任な言葉吐いてるんじゃねぇぞっていう歌なんです。ただ、サビ部分が全然浮かばなくて。ひとりでずっとスタジオに入って書いていたんですけど、仮歌を出さないといけない提出日だったので、とりあえずサビに"うんこ"ってはめて出したんです。

ミト充:ファイル名も"うんこ"だったしね(笑)。

ぽにきんぐだむ:サビはとりあえず、"うんこ、うんこ"でやっていて。そのファイルを送ったら、意外とみんな違和感ない反応をしてて。

324:何か面白い要素を入れなきゃいけないよねっていう話はしてたんですよね。

mao:そう。尖って、真面目すぎてもオメでたい頭でなによりっぽくないし。

324:このバンドでやる意味はないからね。そこで、ぽんちゃん(ぽにきんぐだむ)が"じゃあ、うんこで"っていう感じで出してきて(笑)。つまりこういうことだよなっていう納得の仕方を、俺らはしてたんですよ。

赤飯:そのうんこから枝葉をつけていって、"全て水に流せると思うな"とか"テメェのケツはテメェで拭け"ってなっていったよね、たしか。

324:で、そのうんこにちゃんと意味を持たせたほうが面白いよねってなって、そこからさらに変わって。

赤飯:うんこじゃなくて、運の神様で、"運神"(うんこう)って読ませようと。Good LuckもGod Luckになるやんっていうので固まりました。

ぽにきんぐだむ:ちゃんとメジャーで扱ってもらえるタイトルにしないとね。

mao:アルバムの曲順としても、「乾杯トゥモロー」の"Cin Cin"から"うんこ"へっていうのもあるんですけどね。

-あぁ、たしかに!

ミト充:もう、そういうネタも普通に納得されちゃいましたけど(笑)。

-そういう流れの歌詞でありつつ、サウンドとしてはめちゃくちゃオールドスクールなミクスチャーで、その感じをかっこ良くやりきるっていうのも良かったですよ。

ぽにきんぐだむ:これは楽しかったよね。ライヴではぬいぐるみのうんこを投げようと思ってますけど。

赤飯:客席にうんこが飛び交ってるのって、まだないと思うので。

-maoさんのスラップ・ベースも効いてますね。

mao:基本的にデモはループで来ていたので、Bメロとかは自分なりに激しくアレンジして、ベースで変化をつけようかなっていうのはありましたね。

324:基本的なビートはありつつも、その上で遊んでいる感じにしたいなっていうオーダーをした覚えはありますね。ミトさんがかっこいいドラム録ってくれてるから、セッション感を出したかったんですよ。

mao:シャウト部分でガッツリとシャウトと絡むものとか、そういうものをできたらなというのはありました。

ぽにきんぐだむ:こういうバンド感、セッション感というのはずっと欲しかったんですよ。それが、ここでできて良かったですね。

-そして、ここからさらに遊びが増長されていきます、まずはダンス・チューン「SIX ON THE PACK(DJデンジャー◎ティガー feat. ザ・そふとたっち)」。

ぽにきんぐだむ:ここ(ぽにきんぐだむ、赤飯)が筋トレをしてたこともあって、筋トレ曲は作りたいねっていう話はあったんですよ。で、ライヴの光景の中で今何が必要かなと考えていて。ちょっと前だと「推しごとメモリアル」(2018年リリースのメジャー・デビュー1stシングル『鯛獲る』収録曲)で、今アイドルっぽい曲をやったらウケるなというので、投下して。次はなんだと考えたら、クラブにするべきだと。

324:ジムとかだと結構ダンス・ミュージックとか流れていたりするしね。

ぽにきんぐだむ:ライヴハウスが急にクラブになったら、それは面白いなと思って。それで筋トレという発想からこういう楽曲になって、クラブと言ったらなんだろうって思ったら、この定番な感じが一番盛り上がるよなっていう。

-一番定番なところをあえて。

ぽにきんぐだむ:そういう感じの作ってよってオーダーしたんです。

324:でも、それだけだと面白くないし、作ってって言われても同じものはできないし結局俺のものになっちゃうんですよね。自分なりのダンス・ミュージックにはなったけど、結構ちゃんとバカっぽくなってるなというのはあります。

ぽにきんぐだむ:この曲は、"DJデンジャー◎ティガー feat. ザ・そふとたっち"という名義になっているんですけど、ライヴではミト充に"DJデンジャー◎ティガー"という被り物をしてもらってDJスタイルになって、2MC(赤飯、ぽにきんぐだむ)でクラブになるっていう変化をつけてますね。で、MVを作ったんですけど──

-MVも作ったんですか!?

324:身体が資本だぞというメッセージも一応、込めてますからね。

赤飯:周りの批判ばっかりせずに自分の身は自分で守るぞという健康維持のための啓発ソングです。

ぽにきんぐだむ:結構メッセージ性強いんですよね。

324:今回のアルバムは振り返ってみるとメッセージだらけですね。

-そして、花王エッセンシャルの書き下ろし曲である「ザ☆キュ~ティクルピーポー」ですね。

赤飯:まずこのタイトル見て、ピントくるものありましたか? これがやりたかっただけなんですよね。しかもちゃんと激ロックに寄り添ったような、某バンドの曲名なんですけど。これは花王さんにキューティクルという言葉入れてほしいということで、すぐに浮かんだのがあれだと。

324:サウンド的には、タイアップということなので先方からのオーダーもあったんですけど。「推しごとメモリアル」を聴いてくれて面白いということで、発注を受けていた部分があったので。アイドル・ソングっぽいかわいい感じで、赤飯の女性声がちゃんと前に出てくる曲で、なおかつラウドの要素もあるというので、曲の全体像はわりと決まっていたんです。

-花王さんが、シャンプーの曲でまずオメでたい頭でなによりにオーダーしてくれたっていうこの意外な組み合わせは、前作(2019年リリースの1stフル・アルバム『オメでたい頭でなにより1』)の「鯛アップ(TVサイズ)」で、"どんな曲もやってみせます"と歌って本当に良かったですよね。

赤飯:おっしゃる通りです。

324:意味わからないですよね。シャンプーの広告で、なんで俺らを使ってるのっていう(笑)。

ミト充:だって、ドレッドだよ(笑)?