MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

lynch.

2017.05.29UPDATE

2017年06月号掲載

lynch.

メンバー:葉月(Vo) 玲央(Gt) 悠介(Gt) 晁直(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-ちなみに、レコーディングはどういう形だったんですか。

葉月:みなさんデータでのやりとりでしたね。フレーズは全部お任せで、好きにアレンジしてくださいということで。YUKKEさんだけ、悠介君とスタジオに入って録ったんですけど。みなさんどこで録られたのかわからないですけど、データが送られてきて、聴いて感動するみたいな(笑)。すげぇなって。

-この人ならこんな曲をということで、Jさんと一緒にやるなら、どういう曲をイメージしていたんでしょうか。

葉月:僕は相当なLUNA SEAのファンなので、Jさんといえばこれ、みたいなビート感があるんですね。それがまさに「TRIGGER feat. J」(Track.2)のテンポ感なんですけど、絶対に取り入れたくて意識しました。

玲央:ギターについては各曲、弾いてくださる方が決まってから、あくまで憶測なんですけど、たぶんこういうふうに弾いてくるんだろうなということで、フレーズなどを決めていたりします。それがうまくハマって、本当によかったなと。

-「TRIGGER feat. J」は特に、ギター・ソロがゴージャスに入っていますね。

玲央:そうですね、葉月からの要望もあって。

悠介:後づけみたいな言い方になってしまうかもしれないですけど、結果、Jさんのベースが入ることで、Jさんっぽい感じになったのかなと。それだけじゃないんですけどね。復活の一発目の曲というのもあるので、ガツンといかないといけないんだろうなというのは、ギターにしろ、今回はゲストが豪華なので、そこに負けてはいけないという意識はありましたね。アレンジにしろ、テイクにしろ、こんなんじゃやりたくねぇって言われないように(笑)。そこは、自分の中での戦いじゃないですけど。

-確実にハードルは上がりますね(笑)。

悠介:結果、ベースが変わるだけでこんなに印象が変わるんだなというのもあったし。僕も、LUNA SEAはずっと聴いていて、そこからバンドを始めたようなものなので。まさか自分がやってるバンドにというのはあって。ただただ、最初は感動しました。そこに、ただ感動するだけじゃなくて、負けたくないという気持ちが出てきたのは、自分の中で成長したんだなと。今までやってきて、そこに臆することなくやれたのが、改めて確認できたのはよかったですね。

-晁直さんはドラマーとして、今回レコーディングで一緒にプレイしているわけではありませんが、完成してみて曲の印象の変化などはありますか。

晁直:順番が、ドラムを録って、ギターを録って、そこからベースだったんです。僕は、ベースが打ち込みの状態のものしか聴いていなかったので、ドラムに関しては、完全に乗っかってもらうという感じでプレイしていました。Jさんの場合だと、Jさんが入るような場所は用意されているし、そこで僕が何かを考えてやるのも違うのかなとは思ったりしますけど。上がってきたものを聴いたら、やっぱり何か違うんですよね。ここまで変わるものなんだなという驚きはありました。先人はすげぇなと。

-人時さんがプレイしている、超カオティックな「BLACK OUT DESTROY feat.人時」(Track.3)も人時さんがプレイすることをイメージしたものですか。

葉月:この曲は特にそういうわけではなく、書き下ろしの中で最初にできた曲なんです。このあとに「TRIGGER feat. J」ができて、「DIES IRAE feat. YOSHIHIRO YASUI」(Track.5)ができて、という感じで。最初は、この曲をT$UYO$HIさんにお願いしようかなと思っていたんですけど、それだと普通だなっていうのがあったし、T$UYO$HIさんの歌モノのプレイが僕は好きなので。PTPってパッと見激しいイメージだから、あまり表向きじゃない部分もファンの人に見せてあげたいのもあったし。

-攻撃的な曲で、人時さんのベースでより曲の凄みや闇が引き出されていて、ぴったりですね。

葉月:激しいところもそうなんですけど、サビとかCメロとかも気持ちいいほどウネウネで。さすがだなって思いましたね。

玲央:攻撃的ではあるんですけど、サビの暗さを持った広がりと言うんですかね、そこに人時さんのベースのうねりが入ってきて、仕上がりを聴いたとき、客観的にすごくかっこいいなって思いました。

-人時さんには今回、どんなふうにお願いをしたんですか。

葉月:人時さんから言ってきてくれたんです。"何か困ったことがあったら、いつでも言ってください"って。明徳が逮捕された時点で、心配して連絡をくれたんですよね。サポートが必要ならするのでと。人時さんは僕らも交流があったし、明徳も仲が良かったし、真っ先に連絡をくれました。