MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

オメでたい頭でなにより

2017.01.01UPDATE

2017年01月号掲載

オメでたい頭でなにより

メンバー:赤飯(Vo) ぽにきんぐだむ(Gt/Vo) mao(Ba) ミト充(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-そういうネタを曲にしていく324さんは大変そうですね。

ぽにきんぐだむ:そうですね。でもそういうのをさらっとできる人間なので(笑)。

赤飯:デモもかなりの精度で上がってくる。

-ミト充さんはドラマーとして、いろんなパターンが必要で大変な面はあるのでは。

ミト充:僕が大変なのは、主に車の運転ですね。

赤飯:はははは(笑)。

ミト充:平気で、東京~大阪間をひとりで運転します。みんなが爆睡してるなか(笑)。

ぽにきんぐだむ:でも総じてうちらの曲は難しいし、キーも高いし(笑)。

-曲もどんどん展開していきますし、赤飯さんは声色すらも変わっていきますからね。

赤飯:そういうことでは僕は大変ですね。歌うたび、いつも死にそうになってる。

ぽにきんぐだむ:カラオケにうちらの曲が入るんですけど、誰が歌えるんだっていう(笑)。

mao:そういう疑問もありつつ、動画とかには"早くカラオケに入らないかな"みたいなコメントがあったりするんです。

赤飯:逆に、歌えるもんなら歌ってみろ! っていう(笑)。

ぽにきんぐだむ:コピーもやれるものならやってみろというレベルのプレイだと思います。

mao:うん、たぶんできないですね。

ぽにきんぐだむ:うちらでもムズいって言いながらやってるので。

赤飯:最初のスタジオとか泣きそうになりながらやってるもんね。なんでこんな曲作るんだよ! って(笑)。

-だから面白さがあると思いますね。

ぽにきんぐだむ:そうですね。突き詰めているから面白いんだと思います。

-ここに来て、こういうとことん追求できるバンドがやれるって、幸せですね。

ぽにきんぐだむ:若くはないですからね。この年齢でバンドを組むのも、オメでたい頭だなぁと(笑)。

赤飯:そういう自分たちへの皮肉もちょっとあるんですよ。あとは僕が"赤飯"という名前なので。実はこの名前、自分でつけておきながらコンプレックスだったんです。なんでこんな名前にしちゃったんだろうって。何も考えずに使いだして、もう12年くらいになるんですけど、なんとかこの名前を良い形で着地させたいなと。赤飯といえばオメでたい、オメでたいというのをバンド名に使おうというところから、このバンドに繋がっていったんです。

-この名前をつけたときはまったくそんなマインドではなかったんですね。

赤飯:何もなかったですね。ぶっちゃけただの下ネタですもん。大学時代にうっかりつけた名前でうっかり活動を始めて、うっかりこんなところまできちゃって。さぁどうしようかというときに、このバンド名を思いついて。このバンドになってから、自分の過去を否定しなくなりました。消したい過去とか、黒歴史とかよく言っちゃうんですけど、やってきたことが繋がってここにきているなら、何ひとつ無駄なことなんてないじゃんと、やっと思えて。いろいろあったからこそ、この体制でやりたいことがやれているありがたみだとか、感謝の気持ちもダイレクトに感じることができるし。みんないろんな経験をしての、このバンドなので。ラスト・チャンスじゃないですけど、そのくらいの気持ちで、このメンバーで、この体制で、これだけ全力で走れたら後悔はないなと思ってやっているんです。

-ちなみに、みなさん音楽的なバックボーンは違うんですか。

ぽにきんぐだむ:ここ(赤飯)とは近いんですけど、メンバーそれぞれは違いますね。

mao:僕は椎名林檎さんとかが好きですね。ラウドロックはまったく知らなかったんですよ。普通に嫌いでしたしね。

赤飯:これですよ(笑)。

mao:でも、うちらの曲はサビがキャッチーで、ラウドラウドしてないというか、しっかり聴かせるところもあるから好きなんですよね。

赤飯:今、5弦ベースを使ってるけど、本当は4弦が使いたいんです。5弦は使いたくないと言いながら、それを振り回すベースです。

mao:5弦じゃないと弾けないキーですからね。ギターも7弦ですし。結成ライヴをして、ライヴ中に見た光景で、これが俺のやりたいことだなって思った瞬間があったんですよ。

赤飯:甘んじて受け入れようと(笑)。

mao:ただ、だいたいのアイディアは僕が出してるんですけどね(笑)。

ミト充:ブレーンだよな。

赤飯:タネを植えてくれるよね。

ミト充:僕はこう見えて、もともとクラシックや吹奏楽をやっていた人間なので。10代のうちはロックをやってこなかった人間なんですけど。気づいたら、眉にピアスを開けて、オレンジの髪になり、ギャーギャー言ってるヴォーカルの後ろでうるさいドラムを叩くようになって。

ぽにきんぐだむ:いつもスタジオに行くとき、車で拾っていってくれるんです。そうすると、車内に心地いいジャズとかが流れているんですよね(笑)。

ミト充:今でもそういう音楽は聴きますね。そういう音楽って、ひとつモチーフがあって、それに沿って大編成で長い曲が作られたりしているところもあるので、今やっている音楽とも通じるものはあるんですよね。

-どこかでそれぞれのDNAは生きてるんですね。

赤飯:うまいこと落ち着いてるなぁ(笑)。