MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HEY-SMITH×"Bowline2015"

2015.08.07UPDATE

2015年08月号掲載

HEY-SMITH×"Bowline2015"

メンバー:猪狩秀平(Gt/Vo) YUJI(Vo/Ba) 満(Sax) Task-n(Dr)

インタビュアー:荒金 良介 Photo by マツイイタル

-話を聞くと、結果的にバンド内部にいい風が吹いたんですね。そして、ここからは"Bowline 2015"の話に移ります。HEY-SMITHがキュレーターを務めるにあたり、テーマが"会いたい人"という。これはすぐに思いついたんですか?

猪狩:タワレコの偉い人にテーマを決めてくれと言われて。"テーマ? そんなもん、会いたい人しかいないやろ"って。今までも会いたい人、一緒にやりたい人と対バンしてきましたからね。でも今回はタワレコと共同やから、だいぶ幅は広がるなと。俺たちもタワレコに乗っかれるし、全部の責任を負わなくてもいいから。結構気楽というか、自由度が高い感じでバンドを誘っております。

-自分たちのイベントとはまた違います?

猪狩:全然違いますね。肩の荷が軽い(笑)。

-今の時点ではPOTSHOT、PUFFY、グッドモーニングアメリカの名前が上がってますね。

猪狩:POTSHOTは普通に青春ですからね。中高生のころにライヴも観に行ってたし。HEY-SMITHに管楽器があるのもPOTSHOTの影響は絶対あるし、コピバンもやってましたからね。だけど、自分たちがバンドを始めたころはいなかったから......。で、RYOJIさんとはバンドを始めてすぐ会う機会があり、お会いしたときもめっちゃいい人で、いつかPOTSHOTとやりたいと思ってたんですよ。で、今年20周年で動くかもという情報を聞いて、"ウソっ! それなら絶対やるでしょ!"って。

-RYOJIさんはいろいろバンドをやってましたからね。

猪狩:そうなんですよね。POTSHOT名義ではずっとやってなかったから、昔からやりたかったし、当然という感じですね。会いたい人に1番マッチしてる。

-PUFFYに関しては?

猪狩:「アジアの純真」、「これが私の生きる道」とか、耳に入ってましたからね。学生のときにも聴いてたし、大好きでしたから。大ファンになったのは"Hi Hi Puffy AmiYumi"というアニメ番組があって、そのCDが出てるんですよ。それがとてつもなく好きで。女の子に歌って欲しい、パンクなロック、その理想みたいなCDなんですよ。それから本気でファンになって、ライヴも観に行ってたし、いつか会いたいとずっと思っていた人で。自分が通っていた大学にもライヴで来たことがあるし。1度"COUNTDOWN JAPAN"のエレベーターで一緒になったけど、何も話しかけられなかったです。

-普通にファンじゃないですか(笑)。

猪狩:はい、そうですね。あと、グッドモーニングアメリカはライヴハウスで対バンしたことがなくて。フェスで会ったことがある程度で、5年前に名古屋のフェスの打ち上げで話したけど、それ以来ほぼなくて。でも周りのバンドはみんな仲が良くて。テーマ的にもピッタリやなと。音楽の幅をぐちゃぐちゃにしたかったんですよ。"Bowline"はクロスオーバーさせるという意味もあるので、ほんまにいろんなジャンルの人を呼びたくて。直接電話して、出てもらうことになりました。

-直接電話してるんですか?

猪狩:基本そうですね。自分たちのイベントやツアーにしろ、直接連絡します。

-純粋に会いたい人、会いたかったけど、今まで会えなかった人を呼んで。異ジャンルのアーティストたちでカオスな空気を作ろうと?

猪狩:そう、むちゃくちゃやん!と思われたくて。でもみんな自分の根底のルーツでもありますからね。POTSHOTは青春やし、PUFFYのああいうポップなロックも好きやし、グドモのキラキラした日本語特有の音楽も好きなんですよ。なんだかんだ、糸は繋がると思います。