MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HEY-SMITH×"Bowline2015"

2015.08.07UPDATE

2015年08月号掲載

HEY-SMITH×"Bowline2015"

メンバー:猪狩秀平(Gt/Vo) YUJI(Vo/Ba) 満(Sax) Task-n(Dr)

インタビュアー:荒金 良介 Photo by マツイイタル

-基本、HEY-SMITHは練習しないんですか?

満:しなかったですねえ。

猪狩:あんまりしないっす。ヤケになってましたから(笑)。

満:スタジオに行くまでの道のりもすごく長く感じて。

猪狩:スタジオ取ってるのにみんな行きたくないというか、練習したくなかったんですよ。できるだけ喋って、時間を経過させて......。

Task-n:回を重ねるうちに、メンバーの到着がどんどん遅れて......。

-そこまで練習嫌いのバンドだったとは知りませんでした。

満:でも今はたしかにスタジオに入るのが面白いですね。

-具体的に何が面白くなったんですか?

満:単純に演奏することが楽しいし、ちょっとずつ上手くなるのも楽しくて。

猪狩:特に管楽器は2管から3管になったので、ハーモニーの幅が広がったんですよ。それに時間を割くことが多くて、"このハーモニーやばい!"となったら、普通にウキッとするから。それが楽しいですね。作ってる感じがするから。

-以前の2管を踏襲せずに、3管にしたのはなぜですか?

猪狩:個人的には音質は絶対3管の方がいいと思ってて。HEY-SMITH始めた当初もトロンボーン入れようという計画もあったんですよ。

満:ホームページでも募集してたもんな。

猪狩:だけど、いい奴が見つからなくて、この5人で出せる音をやろうと決めたんですよ。とりあえず5人でやれることをやってました。でも今回メンバーが替わることになったから、前のスタイルを取っ払おうと。"じゃあ、3管でしょ!"って。

-バンド的には生まれ変わったぐらいの気持ちがある?

猪狩:そうですねえ。だって、旧メンバー3人とサポート2名を含めて新メンバー3人なので、ちょうど半々なんですよ。だから、全然違いますね。

Task-n:新しいメンバーの意見も新鮮だったり、以前よりもディスカッションするようになりました。それもいままでなかったことですからね。

猪狩:すごくフレキシブルですね。以前は、俺がああしたい、こうしたいって全部言ってたけど。今も結論を出すのは俺かもしれないけど、イチイチ話し合うようになった。

-それは猪狩くんの頭が柔らかくなったから?

満:絶対そうやと思う(笑)。

猪狩:俺の頭が柔らかくなったのもあるけど、新しいメンバーにクリエイトする能力があるからやと思う。提示するアイディアに対して、頭ごなしに否定することはないし、今みんながいい感じになってますね。

-YUJIさんはどうですか?

猪狩:YUJIはないっすね!

YUJI:はははは、返答速っ!

猪狩:とにかくYUJIは一生懸命ですね。メンバーが決まるまではベース&ヴォーカルも10数人ぐらい試したんですよ。YUJIとスタジオに入った帰り道にメンバー内で"どう思う?"、"ベースはヘタやなあ"という話になって。でも歌はいい感じやし、いいヤツやから、YUJIでええんちゃうって。ベースは練習すればうまくなるし、あいついいヤツじゃない?って、それでYUJIに決まりました。

Task-n:YUJIのカテゴリーは"いいヤツ"なんですよ(笑)。

-一生懸命さが決め手だったんですね。

猪狩:うん、これから何か作ってくれるんやろうけど。でもこないだ飲んだときに、めっちゃ照れながら、自分で弾き語りした音源を聴かせてくれましたけどね。

-曲作りもできるんですね?

YUJI:そうですね、前のバンドでも曲を作っていましたから。