MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HEY-SMITH×"Bowline2015"

2015.08.07UPDATE

2015年08月号掲載

HEY-SMITH×"Bowline2015"

メンバー:猪狩秀平(Gt/Vo) YUJI(Vo/Ba) 満(Sax) Task-n(Dr)

インタビュアー:荒金 良介 Photo by マツイイタル

-新体制HEY-SMITHのお披露目ライヴとなったのは、10-FEET主催の"京都大作戦"とSiM主催の"DEAD POP FESTiVAL"のフェス出演ですよね。僕はまだライヴ自体を観れてないんですが、人の感想を聞くと、"ああ、良かった"という反応じゃなく、"ものすごく良かった!"という声が多くて。

猪狩:マジっすか!

-自分たちの感触はどうですか?

猪狩:俺はさっきも言ったけど、緊張したし、何回も感極まっちゃって。"京都大作戦"では楽屋からステージに出る間に、出演者がアーチを作ってくれて、もうその時点で感極まっちゃって。"京都大作戦"は2万人の前でやるということより、ライヴ自体に緊張して、ガチガチでした。ライヴ後はホッとしたけど、2~3分したらもっとできたのになって、悔しい思いをしましたね。

-ちなみに、初お披露目の一発目になった"京都大作戦"の前にどれぐらいスタジオに入ったんですか?

満:何回やろ、覚えてないぐらいですね。

猪狩:2日に1回ぐらいをずっと続けてました。

-そのスタジオでやってるときは本番も大丈夫だろうと?

満:感覚的にはありましたね(笑)。

猪狩:まあまあいけると思ったんですけどねえ。

Task-n:ライヴを想定した練習もしたんですよ。

猪狩:ライヴハウスも借りて、ゲネプロもしたんですよ。うん、いけるよ!と思っていたけど、現実は甘かったですね。ほんと高校の文化祭みたいに、あんなに練習したのにできなかった、みたいな心境でした。

-YUJIさんはどうでした?

YUJI:自分はライヴがただただ楽しかったです!

猪狩:えっ、楽しかったんや? おまえ、あの状態でよう楽しめたなあ。

満:俺も無理やったなあ。

-ステージ上では気持ち良かったくらい?

YUJI:気持ち良かったですねえ。

猪狩:そうなんや。YUJIはライヴハウスでしかほぼやったことがないわけやん?

YUJI:そうっすね。

猪狩:で、2万人のお客さんがいるわけやん。それで楽しかったんや?

YUJI:楽しかったですねえ。

猪狩:頭おかしいわっ!

-Task-nさんは?

Task-n:俺は3年前の大作戦で同じステージに立ったから、そのときのことを思い出しながらやろうと決めていたけど。映像を見返すと、ちょっと固いなと。でも猪狩はズバ抜けて固かった。

猪狩:もうね、荒金さんに指差して、笑って欲しかったですわ。

-(笑)満さんはどうですか?

満:僕も緊張しました。新しい体制どうこうより、自分がやばい!という感じで。1曲目から足が震えていたし、それを隠すのに必死でライヴ中は何も覚えてない。

-じゃあ、猪狩くんがダントツで緊張1位、満さんが緊張2位ですね(笑)。

猪狩:そうです。1番ライヴをグイグイ引っ張らなきゃいけないこのふたりがポンポンこけていくという(笑)。

-大きなフェスを終えて、また気持ちは変わりました?

猪狩:待っててくれてたんやなって、フェスでめっちゃ感じて、感動しましたね。まずヴォーカルが替わって、求められるバンドなんてほぼ見たことないし。お客さんもそうやし、主催のバンド側(10-FEET、SiM)も自分たちの1番大事なフェスにもかかわらず、まだ観たことがない俺らを呼んでくれたことに対しても、感謝の気持ちがありました。それこそ"京都大作戦"で1曲目が終わって、そでを見ると、泣いてるバンドマンもいて。"あっ、そんなに求められていたバンドなんだな"って、再確認しました。もう一度バンドを大事に思えるようになりましたね。

-それで練習しなきゃと?

猪狩:(間髪入れず)そうです! ほんまそうですね。