MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

Unlucky Morpheus

2021.02.01 @生配信ライヴ

Reported by 荒金 良介 Photo by Litchi

Unlucky Morpheusが、今年初の生配信ライヴ[日清食品 POWER STATION[REBOOT] Unlucky Morpheus"Unfinished Night"]を開催。"巨大LEDパネルと迫力のVJが新しい生配信ライヴ"と告知にあったように、通常のライヴとは一線を画した内容に新鮮な興奮を覚えた人も多かったはず。また、Unlucky Morpheusのメンバー自身も生配信を心から楽しむ様子が伝わってきた。

まず、Jill(Vn)のソロで幕を開け、そこにCM"日清麺職人"のフレーズ(ヴィヴァルディの「四季(春)」)を入れる粋な演出を挟み、「Black Pentagram」へ。Fuki(Vo)、紫煉(Gt/Scream)、仁耶(Gt)、小川洋行(Ba)、Jill、FUMIYA(Dr)の6人による怒濤の攻めに早くも興奮に陥った。"画面の向こうのみなさん、こんばんは。ちゃんと見えてますよ!"とFukiが挨拶し、「KIZASI」に入ると、メンバーの後景に雪が降る映像も使われていた。

続けて音楽版の回文にチャレンジした「CADAVER」、「REVADAC」(※「CADAVER」の楽譜を逆さにした曲)の2連打を見舞い、バンドの演奏はますます加速していく。演奏後、スクリーンとステージ下の床に視聴者コメントが流れ、興味津々に眺めるメンバーたち。ここからは和のアプローチを取り入れ、ファンを驚かせた「瀧夜叉姫」、「鉄皇」と続く。Fukiの歌謡色の強いメロディアスな歌唱と、マイク・スタンドで野獣スクリームを連発する紫煉との対比も際立ち、和風メタルの真骨頂を叩きつけてくれた。

中盤に差し掛かり、"みなさん、日清食品の食べ物を準備してきましたか? カップ・オブ・ザ・メンをお家で食べていることでしょう!"と呼び掛け、「Top of the "M"」をプレイ。観客とのコール&レスポンスを意識したライヴ映えする曲調は格段の威力を発揮し、自宅で大声を出していたリスナーもいたのではないか。「Make your choice」を経て、"我々も体力を残さない勢いで暴れたい!"とFukiが言うと、「籠の鳥」に移り、ゴシック風味のヘヴィな演奏にも惹きつけられた。

「Unending Sorceress」をやり終えると、ラスト・スパートをかけるべく、「Knight of Sword」に突入。小川によるスラップや、ライト・ハンドをアクセントに、後半は紫煉と仁耶が寄り添って鮮やかなツイン・リードを決め、鬼気迫るプレイにも魅了された。"みんなが目撃しているのは未来のライヴ、未来のメタルだ。次世代のメタルは我々に任せておけ、いいか?"とFukiが力強く宣言すると、「Change of Generation」を披露。スクリーンに鳥の羽が舞い上がるなか、ドラマ性の高いメロディック・スピード・メタルを豪快に解き放つ。それから間髪入れずに、Jillが優雅なソロを紡ぎ、ラストは「Carry on singing to the sky」で大団円。爽快な疾走感と雄大なスケール感が溶け合い、夢とロマンを詰め込んだメタル・ワールドに心酔した。全13曲に及ぶ内容だったが、息を飲むスリリングな演奏の応酬は時を忘れるほど濃密であった。

何があろうとも、果敢に前進し続けるUnlucky Morpheusの姿に、元気と勇気を貰った人が多かったに違いない。後半になるにつれ、メンバーの動きも活発になり、笑顔が溢れる場面もたくさん見かけられた。 ライヴ終了後はアフター・トークのコーナーも設けられ、そこで紫煉の口から"今年、目標は2枚アルバムを出します"という吉報もあり、加えて、"この場所(NISSIN POWER STATION)でできたことが感慨深くて。僕ら世代のバンドマンからすれば数々のヒーロー(X JAPAN、LUNA SEAなど)が通ってきた登竜門だから"とFUMIYAが感動する様子も印象的だった。

  • 1