MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Loud Playing Workshop

QUADRATUM From Unlucky Morpheus

『Loud Playing Workshop』

Release Date : 2021-01-27
Label : QUADRATUM From Unlucky Morpheus

メタルの歴史に名を刻むインスト曲に真っ向から勝負した壮絶な内容に仕上がっている。あんきもの楽器隊4人によるプロジェクトが初のカバー作を発表。DREAM THEATERの「The Dance of Eternity」が2曲目に配置されているのだが、変拍子多めの怒濤の演奏と展開にこちらの頭が追いつかないレベルだ。全体的にはあんきもらしくヴァイオリンを前面に押し出したカバーとなり、特にVAN HALENの「Eruption」、Steve Vaiの「For the Love of God」あたりは、この楽器編成でしか表現できないニュアンスを提示。以前から技巧優れたプレイヤーの集まりであることは百も承知していたが、今作を通してあんきもの楽器陣の正確さ、表現力、ストイックな姿勢に改めて感服した。 荒金 良介