MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

09

GET UP YOUTH!

昨年電撃復活を果たした175Rの約7年ぶりのニュー・アルバム。不思議なくらいブランクを感じさせない、175R節青春パンク。ただ、勢いと情熱に任せた初期衝動だけで

GENORATION 2

約3年ぶりとなるニュー・アルバムはyoshi(Dr)が加入し、新4人体制で挑んだ初作品。今回はメンバー全員がソングライティングに関わることで、バンドの個性や色合

Wake Up My Emerald

6 月に4 曲入りの『Pray for you』をリリース沖縄限定ながらタワーレコード那覇店で上位にランキングし、満を持してのファースト・フル・アルバム『WAK

Throne of Despair

スマホ向け音楽ゲーム"8 beat Story♪"発の新型アンドロイド・ユニット"2_wEi"の1stアルバム。本作は、Track.2「Despair」が象徴す

Light dawns

MUGWUMPSやCOUNTRY YARDを輩出した町田のメロディック・パンク・シーンから、新たな刺客が登場!同級生バンドならではのチームワークで奏でるアンサン

Streets Of Gold

コロラド州立大学出身のNathaniel MotteとSean Foremanがロックにヒップホップ、ダンスやエレクトロをミックスした音楽を地下室でこっそり作り

ORIGINALUCK

ラップと男女混声を武器に持つ、ポジティヴ・パンク・バンド 3SET-BOBが、ポップさも激しさもラップもパワーアップした新作を完成させた。ハッピーな楽曲だけでな

3FLAVOR

男女混合の3ピースで"サンボブ"の愛称を持つバンドが早くも2ndアルバムを発表。7月にリリースした前シングル『3SCREEN』はずば抜けたポップ・センスでインパ

3SCREEN

今年2月にKAI(Ba/Vo)が加入し、新たな3ピース体制で作り上げた2ndシングル。これが全3曲、とびっきりポップでキャッチーな楽曲ばかり。表題曲はYUSUK

MESSAGE BOARD

locofrankやFOUR GET ME A NOTSを有する773FourRECORDSの注目バンド、3style。メロディ重視のシンプルな楽曲が3ピースら

GENERATION

locofrankが立ち上げたレーベルからデビュー作を発表した千葉発の3ピース・バンド。前作は裏声を活かしたRyotinのヴォーカル、非凡なメロディ・センスが炸

Hello

もともとラップも入ったミクスチャー・バンドだった4LYN(※フォーリン)の最新作が、日本盤となって登場。本作では、渋めのヴォーカルが歌う‘メロディ’を大々的にフ

Sounds Good Feels Good

ロックのメインストリームに取って代わった90'sポップ・パンクの正統継承者と言えるオーストラリアの4人組、5 SECONDS OF SUMMER(それはアイドル

Don't Stop

オーストラリアから登場した新たなティーン・ヒーロー"5SOS"こと5 SECONDS OF SUMMERの日本デビューEP。今をときめくポップ・スター、あのON

X

ヘルシンキ・ヴァンパイアが放つ待望の10作目。アルバム・リリースに先駆けて発表されていた収録曲『Red』のリリック・ビデオは、THE 69 EYESのお家芸とも

Invitation To Anesthesia

新ヴォーカリストにLAで10代を過ごしていた紅一点女性ヴォーカリスト、NAOを迎え新体制で作成された全編英語詩のアルバム『Invitation To Anest

Re:

2016年2月にShiban(Gt)が加入し、新5人体制で作り上げた7曲入りミニ作。ピアノ、ストリングスを用いた荘厳なオープニング的インスト曲「Re:」から彼ら

DEEP BLUE

今年2019年に結成15周年という節目を迎えた9mm Parabellum Bulletが、約2年ぶりとなるニュー・アルバムを完成させた。今作には昨年配信リリー

名もなきヒーロー

結成15周年の第1弾リリースとなる10thシングル『名もなきヒーロー』は、9mm初の応援歌。"名もなき"市井の人へ、何かと戦っている人へ、また何かをじっと堪えて

サクリファイス

7thアルバム『BABEL』から1ヶ月弱でリリースされる9thシングル。表題曲は昨年リリースされたシングル曲「インフェルノ」に続き、TVアニメ"ベルセルク"のO