MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HEY-SMITH

2011.05.04UPDATE

2011年05月号掲載

HEY-SMITH

メンバー:猪狩秀平(Gt&Vo) / Task-n(Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-まずは自己紹介からしてもらっていいですか?

猪狩:はい。HEY-SMITH、ギターの猪狩です。

-ギターとヴォーカルですね?

猪狩:はい。

Task-n:ドラムのTask-nです。

-『Free Your Mind』リリースおめでとうございます。約1年半ぶりのリリースということになりましたが、完成した今の気持ちを教えてください。

Task-n:やっと形になったというか、難産やった感じがします。
猪狩:僕は難産っていう感覚はなかったですね。

-アルバム制作はいつ頃から行っていたのですか?

猪狩:曲は常々作ってて、特別な制作期間があった訳じゃないんですけど、曲の切れ端みたいなものは常々あって。もう既に前回のツアー中に曲になっていたものもありますし、後から作ったのもあるし、制作した時期はばらばらですね。

-前作『14-Fourteen-』が、オリコン・インディーズ・チャートで6位という好記録でしたが、今作を作る上でそのことがプレッシャーにはなりませんでしたか?

猪狩:それはないですね。前の作品ももう少し行くかなと思ってたんで。

-順位的なところで結果を出したいと言う思いは?

猪狩:もちろん1位を目指したいですね。

-“順位とか枚数とか関係ない、俺はこれがやりたいからやるんだ”みたいな言い方をするバンドもいますが、あなたがたは順位を追うことも重要だと考えていますか?

猪狩:それは、こだわりたいですね。でもやりたいことをやる方がもちろんこだわりますけど、やりたいことをやって1位獲れたら最高じゃないですか。
Task-n:順位は後付けなんで……。もちろん自分たちがやりたいことをやって、それが評価されるのが一番嬉しいです。

-作曲、作詞の分担はバンド内でどうなっているのでしょうか?

猪狩:ほとんど僕です。作詞は全部僕で作曲も9割ぐらいは僕ですね。

-1人で作るとなると責任が重く圧し掛かってきてプレッシャーになりませんか?

猪狩:多少ありますね。自分が曲作れないと“うわ、ちょっと待って!俺もうここで終わり?”みたいなそういう自分へのプレッシャーはあります。“自分の才能がどこまでやろ!?”って不安になる時はありますね。

-アルバムに収録する最少曲数しか作らないタイプですか?それともできるだけたくさん作ってそこから収録する曲をセレクトするタイプですか?

猪狩:出来るだけたくさん作りますね。曲を作ってみてメンバーみんなが納得しないと採用にならないので。今回ははみ出してる曲も何曲かあるので、アルバムの方向性を考えて収録する曲をまとめてますね。

-本作『Free Your Mind』のコンセプトあるいはテーマを教えてください。

猪狩:初期衝動感ですね。初期衝動ってこのアルバムの曲作りをしてる時、何回も言ってました(笑)。

-初期衝動って、初期に起こる衝動だからこその初期衝動であって、それが2作目3作目となってくると、普通にやっていても出てこないものなんじゃないでしょうか?

猪狩:前の作品では、作り込んで、また作り込んで、良いものになった曲があったんですが、今回の作品ではとりあえず最初に演ってみてから作り込みましたね。漏れていった曲は作り込まれた曲の方が多かったんじゃないですかね。

-時間をかけたがために、今回の作品には合わないものになったと?

猪狩:そう!一発聴いてもピンと来なくて、5回ぐらい聴いたら、“むっちゃいいんちゃう!”って思うんですけど……。
Task-n:その最初のふるいのところで、初っ端から良いって思える曲が入ってきましたね。

-それでは、スルメ的なアルバムを作ろうって考えたら、全然違うセレクトになったかもしれないですね。

猪狩:はい。ただ最近思うんですけど、スルメは当たり前で、曲って何回も聴いてると、その曲の良さはどんどん膨らみますから絶対スルメになるんですけど、一発聴いて良くて、さらにスルメみたいなアルバムにしたかったんですよね。