MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HEY-SMITH

2011.05.04UPDATE

2011年05月号掲載

HEY-SMITH

メンバー:猪狩秀平(Gt&Vo) / Task-n(Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-ちなみに1本目の「Endless Sorrow」はどのようなPVですか?

猪狩:まだ出来上がってないので、仕上がりがどんな感じか分かんないですけど、撮った時のイメージではポリティカルな内容にしたつもりなんです……けど、どうなってるんでしょうね(笑)。

-ライヴ・シーン的なものじゃなくて、結構作り込んだPVなのでしょうか?

猪狩:そうですね。

-今作の資料には歌詞について触れられていなかったんですが、他の曲もポリティカルなメッセージが多いのでしょうか?

猪狩:そういう曲もありますが、ほとんどの曲はそうでもないですね。私的なことの方が、今回は多いですね。

-私的なことというと例えばどのようなことでしょうか?

猪狩:例えば1曲目の「Go Back Home」ですが、この曲なんかはただ家に帰りたくないみたいな感じの曲ですね。7曲目の「The First Love Song」もタイトル通りそのまんまの純粋なラヴ・ソングです。メッセージというよりは、自分にあった実体験で書いてる曲も結構あります。

-ポリティカルなのは4曲目の「Endless Sorrow」以外で言うと?

猪狩:あとは、11曲目の「Change Your Life」とか。9曲目の「Judgement Day」も一応そうかな。

-今回のアルバム・タイトルにもなっている8曲目の「Free Your Mind」は、ジャケットも鎖を引き千切るようなイラストですし、メッセージ性が強い歌詞になっていると感じたのですか?

猪狩:この曲は仮タイトルが初期衝動やったんですよ(笑)。この曲作ってる時が一番初期衝動感が出てて、10分ぐらいですぐ出来た曲なんです。だからそういうことも含め、これをアルバム・タイトルにしようと思いました。

-先ほどNOFXとかRISE AGAINSTとか海外のパンク・バンドの名前が挙がりましたが、結構ポリティカルなバンドが多いじゃないですか。NOFXなどは実際音だけ聴いているとコミカルな感じがしますけど(笑)。そういう表面的なところだけじゃなくて、内面というか彼らの知的な部分も好きですか?

猪狩:好きですね。NOFXに関しては、来たら絶対観に行ってるんですけど……話し逸れるけどいいですか?

-もちろん。

猪狩:名古屋にNOFXを観に行ったらライヴハウスの下で、ダフ屋みたいなおっさんが、勝手にバンドの写真とか、プリントしたパクリものを出してたんですよ。そうしたら、ガードマンみたいな髭だらけの奴とPAとメンバーが降りてきたんですね。ファンがいっぱいいるのに、そのおっさんに詰め寄って、出してた台を叩き折って、怒ってそこにあったお金を持って帰って行ったんですよ。そういうのを見て“うわ本物やなこれ”と思って。イベンターが注意するなら分かるじゃないですか。でもメンバー本人が来て金掴んで帰るなんて有り得ない、しかも彼らにとって外国ですよ。そういうのを見て、内面的にもこれは本物やなと思って……。多分そういう思想にもやられてると思います。

-PVの3本目と4本目というのは、曲は決まってるんですか?

猪狩:2曲目の「No Worry」と、もう一本は12曲目の「Family」に多分なると思うんですけど、まだちょっと未定ではありますが恐らくそれになると思いますね。

-アルバムを聴かせてもらったんですけど13曲目って?

猪狩:入ってます。

-ですよね。それは実際に入らないのでしょうか?

猪狩:入ります。

-シークレット・トラックなのでしょうか?

猪狩:CDの裏面には12曲って書いてあるんですが、実際は13曲入ってますし、歌詞カードも13曲目まであります。歌詞カードも含めてCDだぞってことを伝えたかったんです。CDの裏面だけ見たり、CD-Rで焼いてもらってもなんも分かんないと思うんですけど、ちゃんと歌詞カードも見てもらって、それと照らし合わせながら聴いてもらうと、13曲目まであるので……。ちゃんと向き合って欲しいってことです(笑)。

-さっきのマスタリングの部分もかなりこだわりを持ってるじゃないですか。そういう点も含めて、Myspaceで聴くとか、Youtubeで観るとかではなくて、良い音で作ってるから、ちゃんとCDを聴けと。

猪狩:もちろんちゃんと聴いて欲しいですよ。でもMyspaceで聴いてもらっても全然いいですし、Youtubeで観てもらっても全然いいです。それはその良さがあるので、ただそこまでいってくれると嬉しいなって思います。