MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HEY-SMITH

2017.06.23UPDATE

2017年06月号掲載

HEY-SMITH

メンバー:猪狩 秀平(Gt/Vo) 満(Sax) かなす(Tb)

インタビュアー:荒金 良介

-2曲目の「Love Me More But Slowly」は、ラヴ・ソングという名の猪狩君の愚痴ですか?

猪狩:そうですね、愚痴です(笑)。

-明るいんだけど、切なさがあって、メロディがすごくいい。

猪狩:相手のことを好きなんだけど、そんな嫉妬の仕方ある? って思うことがあるじゃないですか。

-女性目線から見て、この歌詞はどう思いますか?

かなす:まぁ、それが女だからって。重たくなっていくんですよ。

猪狩&満:はははははは(笑)。

かなす:私はそんなことないですよ。わりとライトな感じです(笑)。ここまで歌詞にされたら、改めなきゃと思うんじゃないですかね。メンズと一緒にバンドをやってると、女の文句をめっちゃ聞くんで。私も考えが男の人みたいになってるかもしれない。

猪狩:歌詞は自然に出てきましたね。前作は自分を焚きつけたり、世間へのムカつきをぶつけたりすることが多かったけど、そういうものはあまり書きたくなくて。自分の中で気持ちが大きくなってる感情を書きました。

-日常に密着した歌詞とも言えますよね。

猪狩:『Free Your Mind』のころはそういう歌詞が多かったので、あのときの気持ちに近いのかもしれない。

-今作は1、2曲目共に猪狩君がリード・ヴォーカルを取ってますよね? それも珍しいんじゃないですか。

猪狩:たしかに。YUJI(Ba)にも歌ってもらうんですけど、俺が歌った方が似合うと思ったから。それだけですね。

-3曲目の「Fucked Up Policeman」は?

猪狩:全員思ってることでしょ?

-いやいやいや(笑)。

猪狩:みんな、1回ぐらい警察に捕まったことあるでしょ? 駐車違反とか、その都度ムカつくじゃないですか。だから、みんなが思っていることを代弁してあげただけです(笑)。NOFXにもこういう曲が多いじゃないですか。オシッコ行きたいとか、しょうもないショート・チューンもあるんで。もともと2曲入りにする予定やったけど、寂しかったんで、急遽作りました。

かなす:汚い言葉を使ってるけど、すごくポップでキャッチーですからね。

-最後は初のライヴ音源「I'm In Dream(LIVE)」(Track.4)を入れてますよね。

猪狩:海外のシングルでもよく3、4曲目にライヴ音源が入ってて、それもめっちゃ好きやったから。「I'm In Dream」はMukky(※2014年脱退)が歌っていた曲で、今ライヴではYUJIが歌ってますからね。YUJIが歌うこの曲も聴いてほしい気持ちがあったんです。

-今作のレコ発ツアー(※7月12日より開催)はどんな感じになりそうですか?

猪狩:シングルのツアーなので何ヶ所もは行けないけど、大きな場所でしっかりやろうと。だから、ツアーに来てほしいですね。

満:早くツアーに出たいです。ライヴを連続でやってないと、気が狂いますね。

猪狩:そう。ライヴがないと暇やし、制作が続くとイライラするんで。ライヴをやらないと、気が持たない(笑)。

かなす:ライヴが多い方が元気出るんで、今年もいっぱいライヴをやりたいですね。今回のシングルのツアーでは、もう一段上のパフォーマンスができたらいいなと。