MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

10-FEET

2014.06.12UPDATE

2014年06月号掲載

10-FEET

メンバー:TAKUMA (Vo/Gt) NAOKI (Ba/Vo) KOUICHI (Dr/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

-今回は3タイトル同時発売という形になりますが、このアイデアはどこから?

TAKUMA:最初DVDのアイデアはなくて、とりあえず『6-feat 2』をまたやりたいなと思って。『Re: 6-feat』に関しては、過去にトリビュートへ参加したことはあるし、ライヴでもちょくちょく誰かのカヴァーをしていたので、自分たちの作品として1度形にしたいなと。

-コラボレーション・アルバム『6-feat 2』は前回から8年ぶりの企画です。なぜ再びやろうと?

TAKUMA:前回作ったときに楽しかったし、あの時からまた作れたらいいなと思ってたんですよ。だけど、自分たちのオリジナル作品を作って、ツアーする活動が充実していたので、そっちにずっと専念してましたけど。最近またコラボレーションする機会も増えたので、そのやりがいや楽しさに気持ちが向き始めて。カヴァーはひたすら楽しんでやれましたね。

KOUICHI:前回の『6-feat』のときに思ったけど、自分らの曲をアレンジしてもらって、こんなに曲が変わるんやって。10-FEETっぽさを残しつつ、うまくアレンジしてくれたから、皆さん凄いなと。もう1つのカヴァー作『Re: 6-feat』は自分らの好きな曲ばかりなので、楽しくできました。

NAOKI:似た感じの意見にはなるけど、『6-feat 2』は予想してない感じで、そのアーティストのカラーがめっちゃ出てるし、逆に俺らが参加させてもらってる感覚になりました。初めて聴いたときの予想外さ、曲の化け方は終始鳥肌が立ちましたね。『Re: 6-feat』はほんとコピー・バンドをやってる感覚で、もともとめっちゃ好きな曲ばかりで、完全に体に入り込んでる曲ばかりなので、半分遊びに近い感覚でした。やっぱり好きな曲って演奏するだけで、テンション上がりますからね。

-順を追って聞きたいんですが、まずコラボレーション作『6-feat 2』は選曲、誰と組むかはどのように決めたんですか?

NAOKI:曲は向こうに選んでもらった感じですね。

-あっ、そうなんですね。てっきり10-FEET側から曲を指定したのかと思いました。

NAOKI:単純にやりたい曲を選んでもらった方が向こうのテンションも上がるし。僕らがトリビュートに参加するときは、こういう曲をやりたいとお願いすることがありますからね。

-確かに。だからこそ、相手に選んでほしかった?

TAKUMA:そうですね。スカパラ(東京スカパラダイスオーケストラ)はコラボさせてもらった「閃光」を録ってるときに、ちょっと打ち合わせをして、いつかこういう感じの事をやりたいと思ってます、と話はさせてもらいました。あと、FIRE BALLも1度岡山と広島でやったんかな?

NAOKI:僕らのツアーのゲストに出てもらったときに一緒にやったんですよ。あと、RHYMESTERは大阪でコラボしたことがありますね。

-ライヴでコラボレーションして、その発展系としてきちんと作品に落とし込む。そういう意味では自然な流れかもしれませんね。内容も新曲と言っていいくらいの生まれ変わりようですが、作業はどんな感じで進めたんですか?

TAKUMA:スタジオにお邪魔して、録り直したのはFIRE BALLとtricotだけで、あとは原曲を渡して、それをリミックスしてもらった感じです。みんなガチでレコーディングしてくれてるんで、それも嬉しかったですね。聴いた瞬間、10-FEETのカラーはありつつ、自分たちらしさを出してくれた曲ばかりで良かったです。FIRE BALLとRHYMESTERはセッションしたこともあるので、その延長線上で磨きをかけたものになってましたからね。ライヴでのアドリブの対応力はバンドのセンスが見え隠れするけど、音源は別のポテンシャルを見せてもらえるので、さすがやなと。僕らの音をイチから作り直して、自分たちのサウンドにする技術は凄いですね。

-KOUICHIさんはどうですか?

KOUICHI:FIRE BALLのレコーディングに僕も呼ばれて、何するんやろ?と思ったら、僕も歌うという奇跡があったんですよ。その参加の仕方は面白かったです。FIRE BALL優しいなと(笑)。

NAOKI:MAN WITH A MISSION、tricot、ROTTENGRAFFTYとかは全く予想ができなくて。初めて音源を聴いたときは、ここからどう展開していくんやろって、ドキドキしました。ああいう風に自分たちの曲を聴く機会はないので、面白かったですね。

-『6-feat 2』に関しては自分たちでも予想外のでき映え?

TAKUMA:原曲の良し悪しが見えないくらいアレンジして、そのかっこ良さが勝ってるカヴァーも好きで。あとは全くなぞったコピーでもそのバンドのカラーが純度高く出てるものもあるし、どっちも好きなんですよ。今回はほんまに1曲でどちらも出してくれてるものがほとんどだったので、嬉しいですね。どっちも活きてますからね。最初にMAN WITH A MISSIONの曲を聴いたんですけど、鳴り始めた瞬間にマンウィズかっこいい!と思える楽曲構成になってるけど、「super stomper」だなと思える要素がちゃんと残ってますからね。

-自分たちの曲を食われてもいいくらいの覚悟はありました?

TAKUMA:うん、食われた方がいいと思いました。僕らは自分たちの曲だから当然なじみがあるけど、すべて原曲超えを感じましたからね。すごい大成功ですね。