MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

10-FEET

2014.06.12UPDATE

2014年06月号掲載

10-FEET

メンバー:TAKUMA (Vo/Gt) NAOKI (Ba/Vo) KOUICHI (Dr/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

-KOUICHIさんはどうですか?

KOUICHI:NAOKIが言ってたけど、好きな曲ばかりなので、頭や体に入ってるから単純に楽しかったです。アレンジに関してこうしようというのはありましたけど、ほぼ原曲に近い方がいいなあと思いました。難波さんは先に聴いてくれましたけど、ほかのアーティストの感想も聞いてみたいですね。

TAKUMA:こないだのPUNKSPRINGに出たときにME FIRST AND THE GIMME GIMMES出てたので、Fat Mike先生に「Linoleum」を聴いてもらいたかったけど、音源がなくて。とりあえずカヴァーしましたと伝えようと思ったけど。ポテトチップスをボッロボロこぼしながら、ビール飲んでベロベロやったんで、次回にしようと(笑)。

-THE MAD CAPSULE MARKETSの「GOOD GIRL」は、NAOKI君のハイトーン・ヴォーカルが大活躍してますね。この歌声は完璧じゃないですか!

NAOKI:必死に(上田)剛士さんのマネをしました。怒られへんように頑張りました。

TAKUMA:剛士さんから催促のメールが来て、"まだなの?"って言われてますからね(笑)。

-NAOKI君はどんな気持ちで歌いました?

NAOKI:めっちゃ知ってる曲なので、カラオケで歌ってるぐらいの感覚ですよね。

TAKUMA:それを10-FEETの生演奏に乗せて(笑)。

-原曲は歌にエフェクトかけてますが、NAOKI君はナチュラルであの高音を出せるから、思わず笑っちゃいました。

TAKUMA:結構素でいけますもんね。ちょっと処理したぐらいですね。

-全6曲カヴァーして、改めて気付いたことは?

TAKUMA:「Linoleum」はコード進行がずっと一緒やと思ったけど、ちょっとだけ違うところがあったんですよ。ここのコード変えなくていいんじゃないの?と思うパートも、やっぱり変えないと気持ち悪いんですよね。曲の構成もあんまり考えてない気がするというか。というのは、弾き語りでついこのコードにいきたくなるみたいな感覚を大事にしてるから、その潔さがアメリカっぽいなと。「GOOD GIRL」のBメロに関しては、微妙に違うところが活きてますからね。僕ら自分たちの曲をアレンジするときは、わかりやすく変えないと意味がないんじゃないかと思うけど。自然にスッと歌いたくなる、弾きたくなる、聴きたくなるみたいな表現は勉強になりましたね。まあ、「GOOD GIRL」を筆頭に、ウチのバンドの感性やキャラに合う曲を無理やり選んだわけじゃないけど、相性が合う曲ばかりだったので、レコーディングもやりがいがありました。

-誰がどの曲を選んだんですか?

NAOKI:全員がドンピシャな曲がほとんどですね。

-バンドやる以前のリスナー時代に出会った音楽と再び向き合うことで、何か思うことはありました?

TAKUMA:ぶっちゃけ、アレンジしてレコーディングしてるときはそこまで感じる余裕はなかったけど。終わりが近づいた頃に、やっぱりええ曲やなと思って。

KOUICHI:BOØWYに関してはずっとコピーしてたし、高校の友達や兄貴ともやったことがありますからね。それがまさか10-FEETとして作品で出せるなんて、当時は思ってもなかったですからね。2人に会えて良かったです。

-ライヴでもカヴァー曲は絶対盛り上がりそうですね。

KOUICHI:今の若い子が聴いてるかな?とは思うけど、これを機にBOØWYを聴いてほしいですね。

-最後に『6-feat 2』でコラボレーションしたアーティストたちとの熱演を収めたライヴDVDも出ますが、これの観どころは?

TAKUMA:作品とはまた違うアレンジやライヴ感があるので、比べて観てもらえたらなと。僕の喋りも噛み気味やし、全体的にテンションが高いところをチェックしてもらえれば(笑)。

NAOKI:僕の思う観どころは、一緒に曲をやる機会なんて少ないので、その緊張感があるがゆえにほかの人のジャマをしないように、なるべく動かないようにしているところがパッケージされてると思います。

-ははははは。

KOUICHI:僕も同じです。今までと比べて緊張してるから、普段とは違うひきつった表情になってると思います。

-これはライヴ・レポートでも書いたことですが、ほんと"京都大作戦"を東京で観てるような豪華さでした。

NAOKI:やってる側も楽しかったですもん。ほんと"京都大作戦"で誰かが飛び入りしてくるような楽しさがありましたからね。