MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

a crowd of rebellion

2015.03.04UPDATE

2015年03月号掲載

a crowd of rebellion

メンバー:宮田 大作 (Vo) 小林 亮輔 (Vo/Gt) 丸山 漠 (Gt) 高井 佑典 (Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-メタルコア以外の要素というと?

丸山:僕は作曲してるんですけど、the band apartも大好きで。ちょっとヘンなギター・フレーズを入れてみたり、影響は少し出てるかもしれない。根っこに激しい音楽がありつつ、好きな音楽をちょこちょこ入れたくて。

宮田:あと、雰囲気も大事にしたい。ゴツいシャウトもあれば、エモーショナルな叫びもあるし、平歌みたいなものを歌うときもある。小林はJ-POPみたいなメロディを歌うときもあるし、自分たちが聴いてきた音楽がちょっと垣間見えたらいいですね。俺、鬼束ちひろさんが大好きで。ずっと好きなですけど、あれぞエモですね(笑)。今回の作品でも日本語パートで、叫んでないところでも、叫んでるみたいな心境は声に出てるかなと。それはラウド/スクリーモ以外の要素ですね。

-なるほど。作品を追うごとにラウド以外の要素の割合は増えてますよね。それは好きな音楽が広がっているのか、もともといろんな音楽が好きで、それを作品に落とし込めるようになったんですか?

小林:後者かもしれないですね。みんな雑食だし、自分たちの根底にある音楽をうまいこと消化できるようになったのかなと。

-改めてひとりずつ好きな音楽を訊いてもいいですか?

小林:BUMP OF CHICKENですね。他にMr.Children、宇多田ヒカル、鬼束ちひろ、藍坊主、スクリーモ/ラウド系だと、SAOSIN、ALESANA、THE USED、DEAF HAVANAも好きです。

-J-POPとラウドなもの、見事にきっぱり分かれてますね(笑)。

小林:高校でやっとラウドと言われる音楽に出会ったので。最初の話に戻るけど、そういうルーツがあるから、こういう歌を歌えているのかなと。今回の音源でも日本語に関しても臆することなく歌えました。

高井:僕は楽器をやるきっかけがポルノグラフィティで、不良から売りつけられたんですけど。

全員:(苦笑)。

-なぜ笑ってるんですか?

宮田:不良から売りつけられたという話がツボにハマッて。

小林:"断れなかったんだ!"って。

高井:ははは、(売りつけられたのは)エレキ・ギターですけどね。僕、メロディック好きでSUM 41、THE OFFSPRING、日本だとlocofrank、Northern19を聴き始めて。僕はこのバンドに入ってラウドなものを聴くようになったんですよ。

-宮田さんは?

宮田:僕はもともと路上でアコギ弾き語りをやってたんですよ。ゆず、19、Mr.Children、唄人羽とか、ずっとフォーク・ソングが好きでした。高校でHi-STANDARD、SNAIL RAMP、BACK DROP BOMB、CAPTAIN HEDGE HOGを聴いて、専門学校でラウドと呼ばれるSLIPKNOT、LIMP BIZKIT、LINKIN PARK、その中で特にKORNに衝撃を受けました。この声をマネしてみようと思ったのが今の声を出すきっかけですね。でも歌ったら、1度血ヘド吐いちゃって。ダメじゃんと思ったけど、やり続けました(笑)。それからBULLET FOR MY VALENTINEも好きで、シャウトとメロディが入り交じった音楽がより好きになって、両方の歌声が出せたらかっこいいなと。

-丸山さんは?

丸山:僕はいろんなバンドが大好きで。さっきも言ったthe band apart、その前はGLAY、布袋寅泰からギターを始め、それからなぜかSLIPKNOTにいき、UNDEROATHとかあのへんも聴き漁って。あと、ポスト・ロックも好きで、CASPIAN、EXPLOSIONS IN THE SKY、SIGUR RÓSも好きだし。今1番好きなのはアイドルで、私立恵比寿中学です(笑)。

宮田:ほんとに雑食ですね。

丸山:そういうのがすべて細かく出てるんじゃないかな。

宮田:それでどんどん面倒臭い曲になってる(笑)。