MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

10-FEET

2009.07.06UPDATE

2009年09月号掲載

10-FEET

メンバー:TAKUMA(Vo.&Gt.) NAOKI(Ba.) KOUICHI(Dr.)

インタビュアー:TETU★KID

-「1sec.」以来のインタビューになりますね。

TAKUMA(以下:T):そうですね!よろしくお願いします。

-あのインタビュー以来、イベントにて「1sec.」をずっと掛けさせてもらっています。

T:本当ですか!ありがとうございます。

-激ロックは洋楽のラウドロックが中心のイベントで洋楽を聴くお客さんがたくさん来るのですが、その中でも「1sec.」は非常にウケが良いですよ。

T:ってことは僕はほぼ外人ってことですかね?

-ん?

T:外人顔・・・ でもないですか?(笑)

-そうですね、TAKUMAさんは外人顔ではないと思いますね(笑)

T:おーい、今日は判って居られる方がお越しになったぞ!(笑)

-(笑)「1sec.」がシングルとしては約5年ぶりのオリコンTOP10入りし、そして着うたフルにてロックバンドとしては異例の7万ダウンロードを記録と絶好調ですね。

T:7万ダウンロードですか!?1人が1万ダウンロードしても7人も必要じゃないですか!これは凄いことですね。

-1人で1万ダウンロードしようと思ったら結構大変ですよ!?(笑)冗談はさておきかなりの数字を叩き出しましたね。どうもおめでとうございます。

T:ありがとうございます!

-そういった流れもありバンド内のコンディションも非常に良いのではないでしょうか?

T:そうですね、メンバー同士がギスギスしていること以外は本当に絶好調ですよ!

-ギスギスしてるんですか?

T:実はそうなんです・・・ (全員沈黙) 変な空気になってしまいましたね(笑)

-「1sec.」はもう既にライヴでもガンガンに演奏していると思うのですが、オーディエンスからの反応はいかがですか?手堪えを感じるんじゃないでしょうか?

T:「1sec.」は本当に会場中が一つになれる曲なんですよ。お客さんも楽しんでもらえているのが分かるし、本当に僕たちも演奏するのが楽しい曲なんですよ「1sec.」は。

-同じライヴで「1sec.」を2回演奏したという話も聞いたのですが?

T:そうなんですよ。あれはしんどかったです(笑)すごくしんどかったです。

NAOKI(以下:N):「1sec.」ってライヴの前半に演奏することが多いんですね。それで2回目に演奏するのはアンコールだったり、最後だったりするんです。で、実際に演奏してみて思ったのが、めちゃくちゃ気持ち良いんですがめちゃくちゃ疲れます(笑)思ってた以上に体力使うんやなっていうのが分かりました。結局2会場くらいでやりましたね。そのうち1箇所は確か名古屋だったかな?

-12thシングル『SUPER STOMPER』完成おめでとうございます。「SUPER STOMPER」は歌詞がすべて英歌詞になっているんですね。「1sec.」の際にもお伺いしましたが、やはり海外ツアーの影響というのが出ているのでしょうか?あと、昔英歌詞でそれから日本語に変えるバンドは沢山いると思うのですが、逆に10-FEETほどのキャリアをもっているバンドが今このタイミングで全英歌詞にするのは意外だと思ったのですが?

T:実際のところはあんまり考えて無かったですけど、アメリカにツアーで行って「やっぱり俺たちこういう音楽が好きなんや」っていうのは再認識しましたね。そういう意味ではバイブスとしてもらっているところはあるのかもしれないですね。

-初回特典には昨年の京都大作戦のライヴ映像を納めたDVDが付いてくるとのことですが、この5曲を選んだ理由というのは?

T:これは全部NAOKIが勝手に選びました。NAOKIが勝手なことをするので第一期10-FEET解散の危機が訪れましたね。

-ではNAOKIさんこの5曲を選ばれた理由を教えてください。

N:そうですね・・・これはちゃんと全員で話し合って決めました。

T:本人はそう言ってますが、かなりNAOKI主導で選ばれました。まわりも納得がいってない部分がかなりあります。