MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DOLL$BOXX | "DOLL$ FESTA"

2018.06.12UPDATE

2018年06月号掲載

DOLL$BOXX | "DOLL$ FESTA"

メンバー:Fuki(Vo) TOMO-ZO(Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-ドル箱はメタル・ファンも多いんですかね? 会場には様々なメタルTシャツを着込んだファンの姿をちらほら見かけました。

Fuki:ドル箱はメタルとは謳ってないけど、親和性はあるんでしょうね。ただ、メタラーがドル箱を気に入ってくれるのは少し意外でした。当日の客層が楽しみです。男女比も蓋を開けてみないとわからないので。

TOMO-ZO:ひとりが3つの顔を持つこともまずないだろうし、それを一気にやってしまうので、新たな伝説が作れるんじゃないかと思ってます。しっかりとやり遂げたいですね。

Fuki:バンド数が多いからといって、みんな手を抜く人たちじゃないですからね。どのバンドも時間的にたっぷりお届けできると思うので、今から体力作りをしないといけないなと思ってます。

-今回は主催バンドとして、何かしらのコンセプトはあるのでしょうか?

Fuki:そもそもドル箱自体、対バン経験が少ないですからね。またヴィジョンが見えてないところもあります。

-アンコールでセッションとかもやれそうですね。

Fuki:あぁ、やってみたいですけどね。

TOMO-ZO:せっかくならやりたいけれど、それも余裕があればという感じです。3バンド+セッションをやる元気があるかどうか......やりたい気持ちはありますけど。

Fuki:ドル箱は男性がいるメンバーとの対バンも初ですからね。

-初めて尽くしですね。

Fuki:なので、まだ全体像を掴めてなくて。その日限定のグッズとかは考えてますけど。トリはドル箱が務めると思うので、気合を入れなきゃいけないなと。自分がやっているバンド同志もライバルですから。だから、自分との闘いですよね。

TOMO-ZO:どこまで自分を追い込むんだ......。

Fuki:終わったあとにどのバンドが良かったか、アンケートを取るのも面白いかもしれないですね。

TOMO-ZO:あぁ、怖い......。

-Fukiさんはどのバンドにも負けたくないけど、どのバンドにも関わっているわけで、そこは複雑な心境じゃないですか?

Fuki:そうですね。例えば、あんきもが一番好きなファンがいるとしたら、その人を満足させてあげたくて。それが全バンドにあるんですよ。"僕が好きなFukiはこのバンドのFukiだ"って、それを全バンドのファンに思わせたいんです。

-なるほど。ではこのあたりで今回の出演バンドについて触れていきたいのですが、まずは寺田リックスピンが非常に気になって(笑)。

Fuki:私は寺田リックスピンをまだ観たことがないですからね。すごく気になってます!

-今年結成したばかりですよね?

TOMO-ZO:そうですね。Gacharic Spin主催のイベント(2018年3月31日に名古屋Electric Lady Landで開催した"JUICY GIRLS vol.8")に寺田(SHOW-YAの寺田恵子/Vo)さんに出てもらって、楽器チーム4人と寺田さんでSHOW-YAさんの楽曲を3曲演奏させてもらったんですよ。そしたら寺田さんが"心がハタチに戻った!"って、すごく楽しんでくれて。もちろん私たちも刺激を受けたし、"これ続けちゃう?"ってその日に意気投合したんですよ。7月にワンマン(1日の名古屋ell.FITSALL公演と22日の心斎橋SUNHALL公演)も控えているんですけど、SHOW-YAさんの曲も、Gacharic Spinの曲も両方やろうと思ってます。

Fuki:すごく観たい! Gacharic Spinの曲を歌う寺田さんも気になるし。

TOMO-ZO:寺田リックスピンはSHOW-YAさんとも、Gacharic Spinとも違うものになると思います。

-寺田リックスピンはある意味、今回のイベントの目玉ですね。

TOMO-ZO:いい化学反応が生まれそうですね。

Fuki:私も楽しみです。