MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

DOLL$BOXX

2017.12.10 @EX THEATER ROPPONGI

Reported by 宮久保 仁貴

ヘヴィ・メタル・アニソン・シンガー Fuki(Vo)とGacharic Spinのメンバーが集結した奇跡のプロジェクト、DOLL$BOXX。彼女たちが1stアルバム『DOLLS APARTMENT』をリリースしてから今年で早5年が経過し、今年2月に再び集結。伝説の第2章が幕を開けた。11月には5年ぶりの新作『high $pec』をリリース、同月より"DOLL$BOXX TOUR 2017「high $pec」"を開始。そして12月10日、東京はEX THEATER ROPPONGIにて、本ツアーを締めくくるファイナル公演が行われた。

当日の会場内は超満員、今か今かと待ちわびるオーディエンスの顔は期待と喜びではち切れんばかりだ。そりゃそうだ、5年間も待たされたのだから。そうこうしているうちに開演を迎え、漆黒の衣装に包まれたメンバーたちが登場した。 Fukiが"東京、いくよ!"と叫ぶと共に、1曲目からキラー・チューン「Loud Twin Stars」が披露された。メイン・ヴォーカルのFukiとはな(Dr)のパワフルな歌の掛け合いもさることながら、オレオレオナ(Key)のコーラスが、よりバンドのメロディを豊かなものへと仕上げていく。そこから「Dragonet」、「ヌーディリズム」と畳み掛けるように続き、ステージもオーディエンスの熱気も加速した。

"お待たせ! 今日ここにいる全員で、最後までこの一瞬を楽しんでいくよ。私たちに負けないでね!"とFukiが短いMCを終えると、バンドは「monopoly」、「HERO」と立て続けにプレイした。終始、オーディエンスの高らかなメロイックサイン群が会場を彩っていたことも感慨深い。そして、静かなピアノ音のSEから、「fragrance」が始まった。バックを支えるF チョッパー KOGAの地を這うようなベースの重低音が、ライヴにアクセントを与えていく。「Doll's Box」では、しっとりと歌い上げるFukiの歌唱とTOMO-ZO(Gt)の琴線を震わせるギター・ソロが重なり、場内は温かい空気で包まれた。

"この夜を私たちに出会うために使ってくれて本当に感謝しています! 私たちと5年前に出会ってくれたみんなへこの曲を捧げます!"とFukiが続けるやいなや、メンバー5人にスポットライトが当たり、「おもちゃの兵隊」、「ロールプレイング・ライフ」が続けて演奏された。往年のハード・ロックやプログレッシヴ・ロックを感じさせるシンセサイザーのサウンドに、思わずオレオレオナのルーツが垣間見える。 そして、メンバーが捌け、はなのドラム・ソロがスタートした。ドラム・セットが内蔵のネオン・ライトでギラギラに光り出し、まるで70~80年代のハード・ロック・スターを思わせるかのような出で立ちだ。高速タム回しから、パワフルなバスドラ連打など、多彩な業を披露していき、会場を揺らす豪快なドラミングを見せた。

そして、本編も中盤戦に突入、LINDBERGの「BELIEVE IN LOVE」のカバーを披露。モダンなサウンド・メイキングと、オレオレオナのシャウトが重なり合い、原曲に劣らない、2017年の新生「BELIEVE IN LOVE」が演奏された。 続いて、「L.I.B」、「Sub-liminal」とアップテンポなセットリストでオーディエンスを攻めていく。「Merrily High Go Round」では、Fukiが"ここにいる1500人で風を起こしましょう! 回すよ!"と煽り、サビでは全オーディエンスがタオルを振り回した。

本編も佳境に近づくなか、TOMO-ZOのギター・ソロが始まる。泣きのチョーキングと絶妙なクリーン・トーン、タッピングに高速シュレッド、これぞメタルだ! と言わんばかりにギターを弾き倒す姿に、新世代のギター・ヒーロー誕生を見た。 "まだまだアツくなれるか? 自分が主役だ! 君の叫びを聞かせてくれ!"とFukiが叫び、「Shout Down」、「Take My Chance」と縦ノリ感MAXなナンバーでオーディエンスのテンションを高めていき、疾走曲「KARAKURI TOWN」で本編を締めくくった。 アンコールは"私たちの出会いの曲を捧げます!"と、Gacharic Spinの「ブラックサバイバル feat.Fuki」をプレイ。そして、最新アルバム『high $pec』のリード・トラック、「世界はきっと愛を知ってるんだ」を演奏し、濃密な2時間はあっという間に終了した。来年4月15日にはTOKYO DOME CITY HALLでのワンマンが決定している彼女たちだが、今日のハイ・スペックなプレイとオーディエンスの盛り上がりを見る限り、その躍進撃はまだまだ終わらないようだ。


[Setlist]
1. Loud Twin Stars
2. Dragonet
3. ヌーディリズム
4. monopoly
5. HERO
6. Fragrance
7. Doll'sBox
8. おもちゃの兵隊
9. ロールプレイング・ライフ
10. LINDBERG / BELIEVE IN LOVE
11. L.I.B
12. Sub-liminal
13. Merrily High Go Round
14. Shout Down
15. Take My Chance
16. KARAKURI TOWN
en1. ブラックサバイバル
en2. 世界はきっと愛を知ってるんだ

  • 1