MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Crossfaith×80KIDZ "Bowline2016"

2016.03.05UPDATE

Crossfaith×80KIDZ "Bowline2016"

メンバー:Crossfaith:Kenta Koie(Vo) Terufumi Tamano(Prog/Vision) 80KIDZ:ALI&(Gt/Key) JUN(Gt/Key) TOWER RECORDS:池谷 航
Photo by ゆうば ひかり

JUN:家でやって自分が満足していたらいいんじゃないかな?

Koie:あとはSoundCloudにアップして終わりっていう?

ALI&:家でやってるだけで、"自分は間違ってるんじゃないか?"っていう不安感がないのかなって思うんだよね。俺、常に不安なんだけど、というか未だに不安だもん(笑)。クラブ行って、"ああ、大丈夫だ"って安心するくらい。

JUN:今どきの楽しみ方があるのかもしれないね。ネットにアップして、いいねがついてコミュニケーションがとれればいいんじゃないですかね。

池谷:ネット上で聴いて、それで止まってしまうという傾向はあるかもしれない。そこから現場に行くというステップに踏み出しにくいというか。昔は今のようにいろんな音楽をに手軽に聴くことができなかったから、音楽を聴きたかったからクラブやライヴハウスみたいな現場に行かないとっていう共通認識があったんですよね。

JUN:DJが回してる横で、ターンテーブルを覗いてレコードのラベルを一生懸命見て、この曲は誰の曲なのか知るというね(笑)。

ALI&:白いレコードのときはイラッとしたなあ(笑)。

JUN:それくらいしないとわからなかったですもんね、ネットもあまり普及してなかったし。

Teru:俺らはすぐにShazamするもんな(笑)。

JUN:その世代だよね(笑)。

池谷:それこそ、日本でミクスチャー・ロックが流行っていた90年代は、ロックもクラブ・シーンも無理なく交わっていたんですよね。

ALI&:CLUB EDGEとかよくそういう人たちが遊びに来ていたイメージがありますね。 池谷:恵比寿のMILKとかね。

-では、この先への期待も込めて、今回のイベントがどういうものになっていけばいいと考えていますか。

Koie:お互いのシーンが盛り上がるようになればいいのかなと。それに俺は、俺たちと違う方法で音楽を作っている人たちのライヴをしっかり観たいですね。だから今日も、80KIDZのライヴを観てから話したかった(笑)。シーン的にもっとがっつりマッシュアップして盛り上がっていけばいいんじゃないかなと思いますね。

ALI&:このイベントを観たのをきっかけに、僕らみたいなスタイルとかいろんなアーティストのスタイルを取り入れた新しいバンドが出てきたら、それはそれでまた面白いですよね。

Koie:俺らのお客さんにも見せたいし、80KIDZのお客さんにも観てほしい。というところじゃなですかね、大きいのは。

-RIZEの出演も決定していますので、80KIDZとしてはもちろんKenKenとのコラボも期待していいですよね?

JUN:もちろん、やりたいですよね(笑)。実現すれば生のライヴとしては、今回のステージがKenKenさんを入れて初のステージなので。楽しみですね。すごくスペシャル。

ALI&:やれる機会をいただいて、逆にありがとうございます。

Koie:俺らもスペシャルなの考えなあかんな?

ALI&:いや、いいでしょ(笑)。いつも通りでいいじゃん。お互い刺激受けていいライヴできそうじゃないですか――今、俺、いいアシスト出してるんだけど(笑)。

Koie:そうですね(笑)。いい刺激もらっていいライヴができればと思ってます。