MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Crossfaith×80KIDZ "Bowline2016"

2016.03.05UPDATE

Crossfaith×80KIDZ "Bowline2016"

メンバー:Crossfaith:Kenta Koie(Vo) Terufumi Tamano(Prog/Vision) 80KIDZ:ALI&(Gt/Key) JUN(Gt/Key) TOWER RECORDS:池谷 航
Photo by ゆうば ひかり

-次に繋がるものになっていたんですね。

池谷:僕らとしてもそれは嬉しいことですよね。そのときのキュレーターはたまたま、MAN WITH A MISSIONでしたけど、CrossfaithとBRAHMANがイベントを通じて関係を築いて、バンド主催のツアーでも共演が実現したという話を聞くと、やってよかったという実感が湧きますしね。

Koie:だから、自分たちがキュレーターをするなら、普段ツアーでは呼ばないような人に出てもらおうというね。"おもろいんちゃう?"みたいな感じでいける(笑)。"好きやけど、ちょっと大人の事情とかもあるやん?"っていうシガラミもなく。

池谷:"先輩だしな......"という気兼ねもなく誘えますかね。

Koie:"タワレコさんに乗っかれてるし、誘ってもええんちゃう?"っていう。

Teru:でも80KIDZとしてはこういうバンドばかり出演するイベントというのはどうなんですか?

ALI&:これまでも結構、出てましたよ。

JUN:去年も、雑誌"Ollie"のイベント"MAD OLLIE"に出たよね。それも、STUDIO COASTだった。

ALI&:ただ、エレクトロ系はうちらだけだったよね。

JUN:あとは、FACTとかラウド系の人たちばっかりだったので。"僕らで大丈夫かな?"っていうところもありましたけど。

-近年、80KIDZはバンド・セットでのライヴもやっていましたが、そのときも?

JUN:そのときは、4人のバンド・セットでしたね。ただ今年からは、2人でのライヴ・セットをやろうかなと計画していて。今までのベースとドラムを入れた4人体制のサウンドから、もうちょっと違う感じになると思います。

Koie:DISCLOSURE的な感じの?

JUN:そう、理解が早い(笑)。そこまでいけたらいいけどね、そんな感じです。

池谷:年始の"electrox 2016"のステージも2人でしたね。

JUN:そうなんです。あそこから変えちゃおうかということで。当時はまだ、手探り状態だったんですけどね。

ALI&:ちょっと忙しそうな感じだったでしょ(笑)?

JUN:なので、今回のステージも新しい形で楽しんでもらえたらという。

Koie:楽しみですね。今日もここに来るまでに聴きながら、"やっぱええなあ"と思って。