MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Crossfaith×80KIDZ "Bowline2016"

2016.03.05UPDATE

Crossfaith×80KIDZ "Bowline2016"

メンバー:Crossfaith:Kenta Koie(Vo) Terufumi Tamano(Prog/Vision) 80KIDZ:ALI&(Gt/Key) JUN(Gt/Key) TOWER RECORDS:池谷 航
Photo by ゆうば ひかり

-80KIDZのおふたりは、Crossfaithというバンドについてはどんな印象を持っていますか。

JUN:僕はラウド系には疎いので全然知らなかったのですけど、彼らと共通の知り合いがいて、半年くらい前に"こういうバンドがいるんだよ"って教えてもらって聴いたんです。ああ、海外進出もしていて人気あるんだなと。シーンが違うからなかなかわからないですけど、ひとつのジャンルとしても世界的な盛り上がりがあって、すごいなと思いますよね。

ALI&:僕はCSの音楽番組で何回か観ていて、感心していたんですよね。クラブ・ミュージックをやってる側としては、昼のライヴとかで対バンするアーティストのことはわかるんですけど、対バンしないアーティストの情報については自分で追いかけないとわからないんですよね。なので、普段からわりとCSを観るようにしてるんですけど、Crossfaithに関しては面白いなという第一印象でしたね。

-今回はBowline初の2部構成ということでは、どんなプランを考えますか。

Koie:夜はもう、パーティーでしょう!

ALI&:僕らも夜のVISIONは出るんですよね?

Koie:もちろんです、1番メイン・アクトなので(笑)。もともと、2部構成というのは、自分たちのイベントとしてもずっと実現させたいことだったんです。アフター・パーティーも含めて、イベントとしてやりたいという思いがあったんですよね。

Jun:もう打ち上げみたいな感じだよね? 昼のライヴが終わってそのままバイバイじゃなくて、乾杯して帰ろうっていう。ライヴ後に各バンドでコミュニケーションをとるのはなかなか難しいから、そういうやってアフター・パーティーがあるとより、関係も深まりそうな気がする。

ALI&:日本っぽくなくていいね。

Teru:80KIDZもライヴでヨーロッパとか回っているのでわかると思うんですけど、海外では昼間ライヴして、そのまま夜はその会場がクラブになるとか多いんですよね。俺らもすぐに移動じゃない日は、ライヴ後もそのまま遊んでいくことが多くて。そこで、バンド同士が仲良くなったりすることもあるんですよね。その感覚で、VISIONでも出演者だけのエリアも作ろうかなと考えているんですよね。

ALI&:出演者同士のコミュニケーションをとれるようにという。

Teru:もともと俺ら自身もクラブ・カルチャーが好きなので。バンドのライヴにはよく来る子も、"クラブ・カルチャーっておもろいやん!"みたいに思ってくれればいいし。その逆もあればいいし。

Koie:そうなれば願ったり叶ったりやな。

Teru:お客さん同士もマッシュアップというね。

ALI&:ロックのお客さんって、今クラブ行きます?

Koie:そう、それがなかなか来ないんですよね。だから、"来いや!"っていう。

JUN:こういうイベントになっていれば、来るんじゃない?

Koie:そうやって高めあっていかんとね、日本の音楽がどんどん閉鎖されていってしまうから。

JUN:今回来てみて、クラブに興味持つ子がいてくれたらいいもんね。楽しかったし、また行ってみようって。