MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

G-FREAK FACTORY

2018.06.05UPDATE

2018年06月号掲載

G-FREAK FACTORY

メンバー:Hiroaki Moteki(Vo)

インタビュアー:荒金 良介

-Motekiさんとしては当初「new:」を表題曲にしたかった?

いや、実は2曲目の「FAKE SPEAR」にしたかったんですけど......これも渋いじゃないですか。その渋さをMVでストリートに持っていけるんじゃないかと。曲だけ聴いたら和な雰囲気を感じてもらえると思うけど、アメ車に乗ってこの曲を聴いたらまた雰囲気も変わるだろうし。見せ方まで考えると「FAKE SPEAR」だと思ったけど、結果「カモメトサカナ」になりました。

-PxOxNさんの意見を汲んで?

PxOxNのゴリ押しですね。この曲以外が表題になるなら、一度話そうと言われましたからね(笑)。

-すでに完全なるメンバーですね。

頼もしいですよね。

-「カモメトサカナ」はダブ色が強くて、これはバンドの根っこのある音楽ですよね?

昔だったら、全員を追いていくクソダブが好きだったけど。ダブの中でもわかりやすいものを出して、後半になるにつれて増幅する要素があればいいなと。過去にそういう曲はなかったし、ちゃんと育てていけば、俺らの武器になるんじゃないかと思って。

-そういう意味ではすごく攻めた曲です。

攻めているんですけど、表題曲は危ないですよね。

-はははは(笑)。このタイミングで出すのは違和感ないですけどね。

うん。あと、周りの仲間と寄り添いなら、どれだけ異色を放てるかだと思うから。それは「カモメトサカナ」を表題曲に決めるまでに......いっぱい理由を考えたので、それならいいかなと。

-"10年前からこんな曲をやりたかった" と紙資料の解説には書いてありましたが。

そうですね。BADASS(※所属事務所)にお世話になる前にデモを持っていたんですけど、それがクソダブだったんですよ。そのときに"これじゃないだろ"って、エンジニアの人に言われたんですよね。たしかに当時はそっちじゃなかったんでしょうね。その曲は当時のメンバーは気に入っていたけど、あのころに出しても箸にも棒にもかからなかっただろうから。その曲は分解してほかの曲に使ったから、もうないんですけどね。

-この曲は10年前に作ったときの気持ちを思い返して?

うん。ただ、この曲の歌詞は悩み狂いました。書いては消してを繰り返して、今まではせいさんの自宅がスタジオだったから、何度でもプリプロできたけど、甘えるわけにもいかないから。パソコンのソフトを買って、自宅で作ってたんですけど、ソフトが使えるまでに2週間かかって(笑)。オケは最初にできてたんですけどね。

-オケは最初からダブ風で?

そうですね。あと、足りないところは自分でキーボードを入れて、雰囲気を出しました。今回やってみて、この質感はもっとやりたいと思いましたね(笑)。

-歌詞はポジティヴですよね。G-FREAK FACTORYが歌ってきたローカルに根を張って、逆風に負けないという精神とも通じるなと。

ある人に向けて書いた曲だけど、リンクするんですよね。

-PxOxNさんはこういう曲は得意なんですか?

得意ではないけど、好きだと思います。リズム隊の録りがあまりにも早くてビックリしたんですよ。1日3曲とかできちゃうから、早! って。

-"さらば/I swear 明日へ" という歌詞がありますが、何かに別れを告げて明日に向かおうという気持ちもあります?

ありますね。 "大丈夫" って言葉や活動でも伝えていきたいなと。みんなに心配かけたけど、全然前を向いているからって。

-そのためにもどっしりした曲調が合っていたのかもしれないですね。そして、「FAKE SPEAR」はレゲエ調の楽曲で展開も面白いですね。

これはHarada(Toshiyuki Harada/Gt)とスタジオでジャムってて、Aメロができたんですけど、これで終わるのも嫌だなって。で、ギターは弾けないから、口であのどんどん速くなる展開を歌って、こういう感じてやってくれって言ったんです。あっ、これなら面白いじゃんって。ありそうでなかった曲だし、それでレコーディング中にアコーディオンが欲しいと思って、MUTSUMI(THE CHERRY COKE$)に聞いたら "全然やりますよ!" って。結局、最後まで(MUTSUMIが)フリーでやってくれたので曲が化けましたね。

-ほかにクラップも入ってますよね?

PxOxNのアイディアでそれも採用になりました。この歌詞はすごく早く書けましたね。

-"嘘に唄えば丸投げ まるでメディアの定め" 、"丸められたリバウンド めでたい世代" とか、このへんの歌詞にはどんな気持ちが?

今でこそ北朝鮮の金首相の肉声をようやく聞くことができるけど、僕らは写真と映像でしか観たことがなくて......北朝鮮から聞こえてくるのはニュースのおばちゃんが言ってる声だけだったから、恐ろしいものとして捉えてて。一度すごいことまで考えて、あのニュースは日本で撮ってるんじゃねぇかと思ったこともあったし(笑)。ずっとおかしいと思いつつ、結局俺たちはその中にいるんだよなって。俺らは丸められた世代だなと思ったんですよね。偽のロケットで威嚇して振り回されて、何かが変わっているかどうかもわからないし、そういう思いを書きたかったんです。