MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Unlucky Morpheus

2017.02.01UPDATE

2017年02月号掲載

Unlucky Morpheus

メンバー:天外 冬黄(Vo) 紫煉(Gt) 小川 洋行(Ba)

インタビュアー:米沢 彰

-特にこの曲は、ブラスト・ビートからツーバスの踏み分けまで運動会みたいなのに小技がすごく多いと思って。

紫煉:画を想像してくれるのは、嬉しい聴き方ですね。俺はいろんなバンドを並行してやってて全バンドそれぞれで曲を作るんですけど、そのメンバーを想像しながら曲を作るんです。まずはメンバーひとりひとりの得意技を入れようとか、個性を活かしたフレーズを入れようとか、あえてこれをやらせてみようとか、そういうことを考えながら作るので、最初っから俺の中のふ~みん(森下)らしいものにはなってるし、それを引き出す余地を作って、各メンバーの良さを出すことを考えながら、音符を積み上げていくっていうふうに考えてやってます。

-なるほど。少し話が戻るんですが、同人について調べてたときに、まず原点となるキャラがいて、それをいろんな人がいろんな解釈をすることでそのキャラクターがどんどん拡張されていくのが同人のすごいところなんだっていう考えに触れて。もしかしたら紫煉さんの、メンバーを活かしていくという考え方と、同人の考え方って、実はリンクしてたのかなって今聞いてて思いました。

紫煉:あまり意識はしてなかったですが面白い見解ですね。これまで常にふたつ以上のバンドをやっている人生だったので、そういう作り方が自然だったのが大きいかもしれないです。普通の人はひとつのバンドで活動してると思うので、単純に自分から出てくるものをまず出して、それをメンバーでっていうふうに作ると思うんですけど。俺自身そうするときもあるんですけど、それぞれのバンドに曲を作るには最初からメンバーを想定することを意識した方が、作りやすいんですね。

-なるほど。掛け持ちゆえに自然に身についた考え方というか。

Fuki:あんきものメンバーは掛け持ちしがちだよね(笑)。いろんなとこに引っ張りだこの人たちってことでもありますけど。

-森下さんも去年GALNERYUSに加入していて、LIGHT BRINGERのFukiさんは最近ソロもやっていて、小川さんもKiko Loureiro(ANGRA/MEGADETH)とかPaul Gilbertとのセッション・ワークもやっていますね。

小川:ここまでずっと同人の話とかメタルの話だったんですけど、実は僕個人は同人でもメタラーでもないんですよ。友達枠で参加みたいな(笑)。紫煉とは専門学校で一緒だったんで。

Fuki:小川君はコミケとか絶対来ないんで(笑)。

小川:いや、絶対行かないって決めてるわけではないんだけど......(笑)。今でも学校の放課後ノリでやってるっていう感じですね。"一緒にレコーディングやらない?"みたいな感じで(笑)。結果、ふたりよりも俺が一番あんきものライヴをやってるっていう。

Fuki:一応、ふたりが主体のプロジェクトですが、この人は今回欠席、みたいなことがライヴのたびにどうしてもあって。私がいないときでも、小川君は絶対いるし、このふたり(Fuki、紫煉)がいないのにあんきものライヴをしたことがあって、それにも小川君はいて(笑)。小川君は皆勤賞なんです。

紫煉:最近は、そうならないようにしてるんだけど、3、4年前とかはちょくちょくそういうことがありました。

Fuki:フットワークが軽いという意味では、バンドじゃないメリットとも言えるのかな(笑)。

-なんか、活動歴の超長い海外バンドみたいな話ですね(笑)。今回の来日メンバーは誰と誰、みたいな。

Fuki:たしかに(笑)。

-いろいろ見ていたら、紫煉さんのプロフィールに"Paul Gilbertに認められた男"という表現もありましたが。

Fuki:誰が言いだしたんだろう(笑)?

紫煉:ネットでは誰かが適当に言って、それがわかりやすかったりすると広まるんで。いろんなコンテストに出て、優勝したり、あとの方まで残ったりしてるんですけど、審査員にPaul Gilbertがいたことがあって。そのときは2位だったんですけど、それだけの話です(笑)。

Fuki:"俺が最初に言いだした"っていう人がいたら教えてほしいですね(笑)。

紫煉:いいことも、悪いことも、ひとり歩きするものだと思ってるので、別にいちいち"それはね......"って説明するつもりもないっていうか、"そんなもんだろう"と思って。

Fuki:でも、その肩書はキャッチーで面白いよね。

-あとは以前、もうひとりのギターの仁耶さんがTwitterに"ギルバーティヴなリフ"って言いながらプレイ動画を上げてて、それを見て"めっちゃギルバーティヴだな!"って思いました(笑)。

Fuki:ギルバーティヴ(笑)。

紫煉:仁耶の方が、Paul Gilbert愛が強いですね。彼は相当やり込んでますから。

-小川さんもPaul Gilbertとのセッションを経験されていますよね。

小川:僕も、MR.BIG大好きだったんで、めちゃめちゃ嬉しかったですね(笑)。

紫煉:そのとき、俺は選手として出て、小川君はその審査員のPaul Gilbertとデモ演奏で一緒に演奏したっていう。

小川:あと、今の神バンドの藤岡幹大さんともバンドで出てて。

-もはやすごい話すぎますね。そして、紫煉さんは妖精帝國、以前にはBABYMETALの神バンドも務めていて、この戦歴のメンバーが実際にコミケのブースに行ったら立っているのは面白いですね。

Fuki:本人から買えるのが、ファンの方からするといいのかなって思いますね。私たちからすると、ぶっちゃけ慣れすぎてて、それがありがたいのかどうなのかってあんまり意識してなかったですけど。

小川:ふ~みんも行ってるの?

Fuki:ふ~みんもたまに来てくれる。

小川:気軽に会いに行けるトップ・プレイヤー(笑)。