MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

coldrain

2012.07.06UPDATE

coldrain

メンバー:Y.K.C (Gt) Katsuma (Dr) Masato (Vo) Sugi (Gt) RxYxO (Ba)

インタビュアー:ムラオカ

-リリック・ビデオ的な「No Escape」のビデオはすでに公開されていますが、1st PVは先ほど仰っていた「Six Feet Under」なんですか?どのようなPVになっているんですか?

M:それは見てのお楽しみです(笑)。でも、ヤバいっす!もう質感が世界系です。

-世界け……世界系(笑)!?

M:PVの映像クオリティはそれこそ洋楽のLINKIN PARKみたいな感じです。 分かんないですけど……自分でハードルめっちゃ上げたな(笑)!コンセプトは監督の頭に入っている部分が多いので、俺らも楽しみです。

-楽しみにしておきますね。さて少し先ですが、ファイナルはO-EASTワンマンで開催される“Through Clarityツアー”が発表されました。意気込みを教えてください。

Y:今回は自分たちのライヴをしっかり組み立てたものを見せたいということもあって、自分たちで望んで演奏時間が長いツアーを組んだりしているので、僕らももっと練って掛かると思うし、その中で新曲がどういう風に聴こえるのかなって楽しみでもあるし、ライヴを意識して作った曲が多い分、それを来てくれたファンの方たちと共有して作り上げていきたいなと思っているので、心して掛かって来て欲しいと思います。ツアーまで2ヶ月もあるので、何回も何回もしっかりと聴き込んでライヴに来て欲しいなと思います。

M:バンドの状態としても良い状態にもっていこうと思っているし、成長段階じゃない固まった状態でツアーが回れそうな気がしているので、そこに対する期待は持って欲しいし、よりヤバいものを見せれるようにやっていこうと思ってるので、しっかりと聴き込んでから来て欲しいですね。

-それでは最後にこのインタビューを読んでくれている方にメッセージをお願いします。

S:曲も今まで以上にバラエティに富んでいて、1曲1曲から想像する情景などは、今までの曲より一層強くなっていると思うんです。ですのでいっぱい聴き込んでいっぱい好きなところを見つけてもらいたいですね。僕も今までのアルバムよりすごくたくさん聴いているし、何回聴いても飽きないし、1回聴いてもう1回リピートしたときにまた新しい発見があったりするんで……。

M:……長くねっ!?全然方向性ブレてんじゃん(笑)。

S:要はいっぱい聴いてくれってことだよ(笑)!

M:最高のレコーディング環境で録ることができて、クオリティの面でも飛び抜けてステップ・アップしてるので期待してもらいたいですね。これを聴いたら本当にライヴに来たくなると思います。

R:激ロックのイベントに来ている子たちは僕らのことを昔から見ている子が多いと思うんですよね。今回僕らがアメリカに行ったっていう経験もそうですし、曲のバラエティもそうだと思うんですけど、今までとは違うcoldrainが見ることができるので、ぜひ音源を聴き込んでライヴに来て欲しいですね。