MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

coldrain

2012.07.06UPDATE

coldrain

メンバー:Y.K.C (Gt) Katsuma (Dr) Masato (Vo) Sugi (Gt) RxYxO (Ba)

インタビュアー:ムラオカ

-Katsuma君のトライバルなドラミングも見せ場になってますね。

K:トゥス。

一同:(爆笑)

-確かKatsuma君は元SOULFLYのRoy Mayorgaがフェイバリット・ドラマーでしたよね?そこら辺の影響はあるんでしょうか?

K:大好きです。トライバルっぽいビートがあるというのは「No Escape」のブリッジの部分だと思うんですけど、この部分のフレーズを作ってきたY.K.Cとそこに加えるアクセントなどを選びながら作ったフレーズなので、それが良い具合に作用したのかなと思いますね。

-「Six Feet Under」は“TRIPLE AXE TOUR”でも演奏していましたね?アルバム中最もモダンでスポーティーで即効性のあるトラックですね。

Y:これも今回のアルバムの中では一番最初に原型があった曲で、なにげにVANSのコンピにも入ってたりするんですけど。今回は再録という形で入れています。ちょうど前回の『The Enemy Inside』のツアーが終わって、次をぼんやり見据えた頃にライヴをもっと意識したノリの曲が欲しいなとか、そういう思いをなんとなく形にしてみたものが「Six Feet Under」かなと思っています。この曲は結構速いビートがあるのでKatsumaがしんどいフレーズだったり、自分ら的にも挑戦している部分があるようなものになっています。本当は今回のミニ・アルバムに向けての新しい方向性を示せたらということも考えて作ったんですが、結果的にミニ・アルバムに収録されて多少リ・アレンジを加えたりしたものになっています。今までライヴをやってきて自分たちで必要だなと思った部分に手を付けてみたのが「Six Feet Under」かなと思ってます。

-ライヴでのキラー・トラックになりそうですね。

M: 11年の集大成的な曲ですね。実際にミニ・アルバムの制作期間に入る前に出来た唯一の曲で、時間を掛けて迷いながら作った曲でもあるんですけど、最終的にはドストレートで難しいけど難しく聴こえない曲になりました。これぞcoldrainって思える部分と、今までやってなかったようなアグレッシヴさが入っていたりギター・ソロも入っていたりと、今回の再録でそこら辺のレベルがまた1段階上がったものになっています。一番好きっていう人が出てくるんじゃないかなっていうぐらいの曲だと思ってます。

S:『The Enemy Inside』から今回のミニ・アルバムへのいい意味での橋渡しじゃないですけど、モダンな新しいエッセンス、リフというリフがありつつ、今までの『The Enemy Inside』のその先の音、スポーティーな部分が上手く混ざっている曲になっていると思います。それを経ての今回の『Through Clarity』の曲たちがあるのかなと思いますね。

-リフが本当にカッコ良いですよね。殺傷能力が高いというか。

一同:殺傷能力(笑)!!

Y:でも結構そういうイメージでリフって作りますよ。

-2分半以降に出てくる30秒間にもに渡るフラッシーなギター・ソロは聴き応えありますね。

一同:フラッシー(笑)!!

Y:最初にこういう感じかなって前以て作っておいたソロは全部、“はいはい、カッコいいね”、“それはそれでいいけど、俺はギタリストだからそういうソロが好きじゃない!”てDavidに言われて(笑)。テキトーに“はい、弾いて!”ぐらいの即行な感じでやってくれって言われてやったので殆ど1発で録ったソロなんで、より感情的になっていると思います。

M:Davidはやたら“これはギター・ソロじゃない!”って言うんですよ。決められた感じのフレーズを弾くのはソロじゃないって。

-インプロビゼーション的な感じでやって欲しいということですね。

Y:そうですね、完全にインプロでした。

-この曲に限らず、ライヴで新曲を初披露する瞬間というのは、特別な思いや感慨があるのではないでしょうか?

M:緊張しますよね(笑)。

-何に対して緊張するんですか?

M:今までの曲はライヴでやるって感覚に慣れているけど、新曲ってライヴでの感じ方や聴こえ方がまだ分かってないじゃないですか。特に前のツアーのときまでは新曲をやることに対してやっている本人として安心感がないっていうのは正直ありましたね。でも最近ではあんまり感じなくなりましたけど。ライヴの感覚でスタジオに入れるようになってきたので、その差は減ってきたかなと思います。そういう感覚でリハーサルが出来るようになるのも時間が掛かったというか、その空気感で練習をするというのは4、5年やってきてやっとかなって感じだし、今回はもっと気軽にそういう感じでライヴをやれるんじゃないかなという気はしてます。