MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SiM

2012.04.07UPDATE

2012年05月号掲載

SiM

メンバー:MAH (Vo) SHOW-HATE (Gt) SIN (Ba) GODRi (Dr)

インタビュアー:TETU★KID

-なるほど。では「Amy」に関してお伺いいたします。まずはギター・リフがとても印象的で、リフがこの曲の核になってますね。まさにキラー・チューンといった印象を受けました。この曲はどうやって出来たのでしょうか?

M:とりあえず「JACK. B」、「KiLLiNG ME」と2本ラウドなのがきて、次はどうしようって考えたときにラウドなんだけど俺たちの裏打ちのちょっとレゲエっぽい感じとかを次のリード曲では出したいなって思って作りました。でイントロのリフを考えてそこからAメロどうしようって考えたときに、ギターは裏打ちなんですけどドラムはドラムンベースみたいな感じで、そこからいきなりスカになった感じは出さずにしつつも実はスカなんだ みたいな。前回「KiLLiNG ME」は歌っているよりも叫んでいるって印象が強かったのでもう少し歌メロな感じにしようかなと思いました。サビについては結構直ぐに思いついてましたね。

-また中盤にダブステップのパートがあり、そこからブレイク・ダウンのパートに行く流れもさずがSiMだと思いました。ダブステップを組み込んだのは誰のアイディアだったんですか?

M:ダブステップのパートを入れることは決まってたんですけど、フレーズが決まらなかったんです。ダブステップのパートは自分で表現出来なかったので、こういう感じの入れたいんだよねとデモのその部分を空白の状態で渡して、SHOW-HATEとSINにフレーズを考えて来てもらいました。結局フレーズが出来たのはレコーディング中だったんですよ。レコーディング中にスタジオに入って仕上げてきてという異例のやり方でしたね。更にバンド形態でどこまで出来るのかっていうことも実際わからなかったので、あんまりやり過ぎてもこんなの再現出来ないよってなってしまうし、だからバンドでダブステップ感をどこまで出せるのかと、とりあえず機材を揃えなきゃいけなかったので、ベースの機材を買ってという感じですね。

―あれはベースで出しているんですか?

SIN:ベースとギターで出してますね。SHOW-HATEと2人でスタジオに3時間ぐらい入って、俺はこういう音出せるんだけど、ギターでどんなダブステップっぽいフレーズ出来るかって2人で組み合わせて作りました。

-生楽器を使っているとは思わななかったです。

SIN:それだとあんまりやりたくなくて、やるんだったら生でやりたいと言って拘ったポイントですね。

-ギターはどうしたんですか?

SHOW:デジタル音ぽくなる歪みのエフェクターをかまして後は手元でデデデデデみたいな感じで。

M::Tom Morelloみたいなね。

SHOW:Tom Morello・・・いいんすか?(笑)

M:それは言い過ぎたね(笑)。

SHOW:ちょ、おいっ!(笑)すみません・・・。