MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SHANK × 激ロック × バイトル

2018.10.10UPDATE

2018年10月号掲載

SHANK × 激ロック × バイトル

メンバー:庵原 将平(Vo/Ba) 松崎 兵太(Gt/Cho) 池本 雄季(Dr/Cho)

インタビュアー:吉羽 さおり Photo by 大木 優美

SHANK × 激ロック × バイトル キャンペーン情報

  1. フォロー&RTでSHANKのサイン色紙をプレゼント
  2. バイトルアプリをDLして、SHANKのメンバー全員のサイン入りTシャツをプレゼント

▼応募はこちら
https://www.baitoru.com/contents/geki/30.html#oubo


-ありがとうございます。では、ここからドリームバイトの吉田さんにバトンタッチします。

吉田:よろしくお願いします。僕はSHANKが大好きで──

SHANK一同:ありがとうございます。

吉田:だから、友達にもSHANKの良さをわかってもらいたいんです。

池本:それはもう、ぜひマネージャーになってください(笑)。

吉田:(笑)友達にSHANKの曲をすすめるとき、自分はどれもかっこいいって思っちゃうので、おすすめする曲を悩んでしまうんです。SHANKのみなさんが、SHANKを初めて聴くならこの曲を最初に聴いてほしいっていうのがあれば、教えてください。

庵原:それは、今回発売の──

池本:繋げていきますねぇ。

松崎:ちょうどいいタイミングだしね。

庵原:4thミニ・アルバム『WANDERSOUL』かなぁ。

松崎:はははは(笑)。

吉田:最新作の中で、どれが一番というのはそれぞれありますか。

庵原:全曲と言いたいところだけど(笑)。作る方としては前作よりもかっこいいものができたと思うから出してるわけで、それはもちろん最新作が一番いいと思いますね、僕は。だから、全曲です(笑)!

吉田:今日(※取材日は9月4日)がニュー・アルバムの店着日だったので、早速今朝店に行って買って、聴いて、特典のDVD(※TOWER RECORDSおよびヴィレッジヴァンガード限定の初回封入特典/メンバーが釣りをするオフショット映像を収録)も観てきました。

庵原:ありがとう。

松崎:DVDね、一番しょうもないやつ(笑)。

吉田:いえ、DVDの映像ではゆるーいSHANKの一面が見れるので、すごく楽しく観ていたんです。でも、なんであのビデオを特典としてつけたんですか。

松崎:はははは(笑)。

庵原:特典だしね。もちろん貰った人が嬉しいものをつけるのは大事だと思うんですけど、そういうのだとラバーバンドとかでしょ? だから俺らは、今回のようなDVDとか、お香とか、何かインパクトのあるものにしようとずっと心掛けてきて。その結果が、これです。

吉田:それが釣りのビデオだったんですね。

池本:"これ、誰が喜ぶんや?"みたいな。

庵原:でも"タダやし、俺らの好きにさせてくれよ"っていうね(笑)。

池本:開き直ったな。

庵原:いろいろアイディアは考えるけど、好きなことをやるようにしてますね。釣りも好きだし。なんだこいつら? と多少思われても、まぁいいかなという。

吉田:わかりました。では、次の質問です。SHANKのツアーは対バン形式がほとんどだと思うんですが、ファンとしてはワンマンでSHANKの曲をたくさん聴きたいし、ワンマンに行きたいなって思うんです。対バンでのライヴにこだわる理由はありますか。

池本:打ち上げが寂しいから?

庵原:っていうのが一番かな。たしかに、ワンマンだから来るっていう人がいるのもわかってるけども、それ以上に、ワンマンだと打ち上げが楽しくないっていう(笑)。

吉田:打ち上げですか(笑)。

庵原:あと、あんなに激しくてやかましい音楽を2時間もやるもんじゃない。

吉田:いや、そんなことないです。楽しいですよめちゃめちゃ。

松崎:まぁ、打ち上げ楽しくないっていうのは一番だけど(笑)。でも1バンドだけ観に行くと、SHANKだけ観て"楽しかったね"で終わるけど、対バンで初めて観たバンドがかっこ良かったら、そのバンドの次のライヴにも行こうとか思うじゃない。例えば、好きなバンドが地元のライヴに年に1回くらいしか来なくて、年に1回しか行かなかったら、ライヴハウスにも人が集まらないし。対バンで観たバンドがかっこ良かったら、またライヴハウスに行こうってなるしね。俺らがまだバンドもしてなくて、ただライヴに行っていたころは、YouTubeもなかったし、チケットを見て初めて名前を知るバンドがめちゃくちゃ多くて。でも、その中で好きになったバンドもいっぱいおって。対バンをやる理由としては、そういう出会いがあったらいいなと思ってる部分もあるかな。あとは、ワンマンだと打ち上げも楽しくない(笑)。

庵原:すごく気持ちはわかるよ。俺も、好きなバンドはワンマン観に行きたいなと思うけど。

松崎:たまにおるやん、"かっけー"っていう対バン。

吉田:はい。今回の"WANDERSOUL TOUR 2018-2019"(2018年10月から2019年2月にかけて開催の全国ツアー)でも、僕は浜松窓枠(10月30日)でのTrack'sとの対バンが楽しみで、行こうと思っているんです。SHANKのみなさんもTrack'sがかっこいいと思っていて対バンに呼んだんですか。

松崎:Track'sは、前のツアーでタイミングが合わなかったこともあったしね。あとは昔、俺らは、一緒にやりたいと思っていた先輩のバンドとかに"まだ早いよ"みたいなことを言われたこともあったんですよね。自分たちがそういう経験もしているから、若いバンドを誘ってみようっていうのはあった。それでまたいろんなことが広がるかもしれないし。

吉田:ライヴを楽しみにしています。さっきももう少しでハタチになるという話をしたんですけど、SHANKのみなさんが10代の間に、これをやっておけば良かったって思うことはありますか。

庵原:10代か......10代のときなんか、おねえちゃんのことしか考えてなかったよね。

松崎:どうせだったらもっとおねえちゃんと遊んでおけば良かったって思わん? 

庵原:それはいくら遊んでいても思うと思う。おねえちゃんと遊んだ方がいいよ。

吉田:わかりました(笑)。学生時代としてはどうですか。

庵原:いろんな大人に、"勉強しておいた方が大人になって後悔しないよ"って言われてきたと思うけど、"たしかに"と思う。

池本:そのとおり! って思うよね。

松崎:最初から勉強しておけばもっと違ったな、とかね。そういうことに30歳で気づくよりは、ハタチで気づいた方が得やから。今大学生なら、ちゃんと卒業した方がいいね。

池本:女の子と遊びながら、勉強もしたらいい。

吉田:はい。

松崎:やりたいことは思いっきりやった方がいいと思うんですよね。もしバンドをやっていて、大学出るまで本気でやって200万くらいバンドで借金があるとしても、なんとかなるし。思い切りやっていれば、もしダメだったとしてもいいことがあると思うしね。中途半端にビビってせんかったことはいっぱいあるから。

庵原:その状況があって"これ"なので(笑)。もうちょっと早めにやった方がいいよっていうね。