MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ヒステリックパニック

2018.05.01UPDATE

2018年05月号掲載

ヒステリックパニック

メンバー:とも(Vo) Tack朗(Gt/Vo) $EIGO(Gt/Cho) おかっち(Ba) やっち(Dr)

インタビュアー:米沢 彰

ヒスパニのエモーショナルな感じの最新版が出せたかなって思う


-"欠落した僕らは2人で1つ"、"しがみ付いて 縋り付いて"といった歌詞も(意味が)重くて。

とも:さっきの「Love it!」の"ドドスコ"みたいに軽い感じで書いたのとか、極端な感じでしか書けなくて。中間がないんですよね。でも、アホなやつか、苦しいドロドロしたやつか、両極端なものがヒスパニらしさに繋がる気はしますけどね。一応、この曲は「Love it!」よりも前にあった曲で目下のリードだったので、どうしようかなと思って。いつも楽曲ができてからテーマをあとに決めるんですよ。それで、途中からそういう恋愛的なやつを書こうかなと思ってたときに、普段あんまり注文って来ないんですけど、Tack朗から、最後の$EIGOの落ちサビでTack朗の主旋が帰ってきて2本重なって進行するっていうのがあって、そこに意味合いを持たせてくれっていう。"視点を変えた歌詞がいい"っていう無茶ぶりがきて。

Tack朗:ふたりでサビを歌ってるっていう感じなんですけど、めちゃくちゃドラマチックだから、歌詞もそれに合わせて乗せてほしいっていう注文をしたっていう感じですね。

とも:それがむちゃくちゃ難しくて。ゲロ吐きそうになりながら、なんとか落ちを見つけられて。最後の1文が同音異義語で解釈が変わってくるっていう。"メリーバッドエンド"ってネットの造語なんですけど、視点によって解釈が変わる、とか、相互依存による悲惨な結末、とかそういう意味合いがあるんですけど、それがうまいことハマったんで。なんとか曲にできたし。結果的に、メロディの良さも日本語詞がちゃんと聴こえるような曲で、エモい感じも出せたかなって。ヒスパニのエモーショナルな感じの最新版が出せたかなって思いますね。

-最後に終着点があって、もう一度最初から聴いてみたくなる曲ですね。

とも:ヒスパニの曲ってめちゃくちゃなこと書いてるようで、一応起承転結があって、そういうのを気にする人には気づいてもらえる歌詞なのかなって。

-ボーナス・トラックの「かえるのうた」は予想してたのと違いました。"かえる"かと思ったら"帰れの歌"ですよね?

とも:"帰れ"って言われて"帰る"、の歌ですね(笑)。

-90年代パンクみたいなラフなノリで、ちょっとナツメロ感もあって。

$EIGO:どえらいラフですよね。

とも:3時間くらいで作った曲(笑)。でも、意外とこういうのが好きって言われそう......テクいことやってるのとか関係なく、シンプルな方がいいって可能性もある(笑)。でもまぁ、ボーナス・トラックなので、"バカなことやってるな"って聴いてもらえたらいいですね。

-お遊び感、というか。

とも:妥協案、ですけどね。もともと、"せごどん"って曲があったんですけど、そういえばうちにも"せごどん"いる! と思って(笑)。2018年といえば"西郷どん"じゃないですか。"なかなかメンバーに「せごどん」がいるバンドってないじゃないか。これでいくしかない!"って思ったんですけど、見事に潰されまして。

Tack朗:権力に(笑)。

とも:それで、圧力に屈して"かえる"になりました(笑)。

一同:(笑)

-それはちょっと仕方なかったかもしれないですね(笑)。ちょうど昨日(※取材日は4月2日)、"全日本ぬるぬる祭り~ヒステリックパニック メジャーデビュー3周年~"(4月1日に川崎CLUB CITTA' で開催された)が終了しましたね。メジャー3周年の区切りでしたが、この3周年を振り返ってみていかがでしょうか?

とも:昨日も言ったんですけど、メジャー・デビュー3周年が"全日本ぬるぬる祭り"って頭悪いな、と思って(笑)。

おかっち:自分が決めたのに(笑)。

とも:良く言えば、"ブレてない"ってことだと思うんですよ。悪く言えば、"成長してない"ってことですけど(笑)。

一同:(笑)

とも:デビュー作の『うそつき。』(2015年リリースのシングル)で"発売できるかわからん"って言われて、で今もまた発売できない曲を作っていて。だから、良く言えば"ブレてない"、悪く言えば"成長してない"っていう3年でしたね(笑)......おかっちが、このあといいこと言うんで。脱サラしたおかっちが。

おかっち:サラリーマン時代よりは、楽しいかなーって(笑)。やりたいことやってるので。

Tack朗:楽しいからか、今までで一番早い3年間だった気がしますね。

とも:それは歳とったからじゃなくて?

Tack朗:歳とると、遅く感じるんじゃない?

$EIGO:早く感じるんだよ。

Tack朗:じゃあ、歳とったのか!

一同:(笑)

おかっち:そもそも、今は曜日感覚とかないし。

$EIGO:それは大きいかもね。