MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ヒステリックパニック

2015.04.01UPDATE

2015年04月号掲載

ヒステリックパニック

メンバー:とも(Vo) Tack朗(Gt/Vo) $EIGO(Gt/Cho) おかっち(Ba) やっち(Dr)

インタビュアー:米沢 彰

-メジャー・デビュー・シングル『うそつき。』の完成おめでとうございます。リリースが近づいてきましたが、メジャーの実感は湧いてきましたか?

全員:ないです。

とも:今こうやってレーベルの会議室でインタビューを受けているから感じるぐらいですね(笑)。

-制作の過程でも実感はなかったですか?

とも:"メジャーで出すからこういうのにしよう"とかっていう意識はそんなになかったと思いますね。東京に来る回数が増えたとか、"ご飯を奢ってもらったぞ"とか、"会社の金で飯食ったぞ!"みたいなときですね(笑)。

-メジャーとはいえ、またアー写がふざけてて。どういう考えでこのアー写にしたのですか?

とも:毎回基本ずっと僕がコンセプトの案を出しているんですけど、今回は"履き違えたメジャー"っていう感じですね。田舎者がメジャーっぽいの撮ろうとするんですけど、やっぱりダサい、みたいなのがヒスパニっぽいなって。でも、ROACHのtaama(Vo)さんに"あれちょっとカッコよくない!?もう少しダサくしたら?"って言われてしまって、次はもっとダサくいこうと思います。

おかっち:"もうちょっとやってくれると思ってたわー"って言われましたからね(笑)。

一同(笑)

とも:ハードルが高い(笑)。

-今までは撮影らしい撮影じゃなかったんじゃないかと思いますけど、今回はまともな撮影の現場だったんですよね?

とも:前回もスタジオなんですよ!

一同:写真館(笑)!

おかっち:スタジオの方向性が全然違う(笑)!

-そして、水着のお姉さんまでいますよね。

とも:今回は、ギャルいマブいお姉さんと撮りたいと思ってお願いしたんですよね。衣装もこのためだけに用意して。中学生が初めて服を買いに行くときに行くような店に行って。

おかっち:"ダセー、ダセー"ってみんなで言いながら選んで買いました(笑)。

-リリースがエイプリル・フールの日ですよね。その日に『うそつき。』っていうタイトルは面白いなと思ったんですけど。アイディアが先にあったのですか?

とも:どっちかというと発売日に引っ張られて楽曲のイメージもそういう方向になりましたね。

-「うそつき。」の歌詞からは体験談のような感じもしたのですが、実体験も混ざったりしていますか?

とも:半々くらいです。自分のもあるんですけど、最近、裏切られたというか恋愛のゴタゴタとか相談とかを人から聞いて、そういうのを織り交ぜながら書きました。

-メジャーの初っ端で"だまされた"って言ってるからどういうことかと思ったんですよね。

一同(笑)

とも:まあでも、最初に4月1日って聞いて、俺たちも"本当にシングル出るんですか?"って言いましたね。

おかっち:最初俺らもレーベルの陰謀かと思いました(笑)。"こいつらだったらこういう冗談もいいだろ"みたいな。

とも:未だにお客さんにも"本当にシングル出るの?"って言われたり、"ヒスパニだったらありうる"って言われたり(笑)。

一同:(笑)

とも:これまでも"やっちが結婚した"とかでまかせばっか言ってきたんでお客さんにも信用されてないっていう(笑)。でもヒスパニらしいから4月1日っていうのはいいですね。