MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ヒステリックパニック

2016.07.20UPDATE

2016年07月号掲載

ヒステリックパニック

メンバー:おかっち(Ba) やっち(Dr) とも(Vo) Tack朗(Gt/Vo) $EIGO(Gt/Cho)

インタビュアー:米沢 彰

-2ndアルバム『ノイジー・マイノリティー』のリリースおめでとうございます。完成した今の率直な気持ちを教えてください。

やっち:やっと終わったなと。

おかっち:長かったよね。

やっち:前回と比べると、期間がちょっと長くあったんですよ。余裕を持ったスケジュールで組んで、そのぶんちょっと長かったので、気を張ってる時間も長かったという感じです。

$EIGO:早くライヴでやりたいなと思いますね。結構、ライヴ・チューンというか、いろいろと見えている景色もあったりするんで、それが具現化できたら、面白そうだなって。

-その景色はわかる気がします。曲ごとに異なる光景がありそうですよね。いただいた資料で、"今の時代の全部盛り"という触れ込みを拝見したのですが、うまい表現だなと思う一方、どちらかというと、今を追わずにより普遍性を持たせようとした結果、全部盛りのようになったのではないかと感じました。実際のところはいかがでしょうか?

とも:"全部盛り"のフレーズは、今初めて聞きました(笑)。

おかっち:時代が追いついてきた、とか?

とも:お、カッコいいこと言った。

$EIGO:1stアルバム『オトナとオモチャ』(2015年リリース)は、メンバーそれぞれやってることはもちろん違うんですけど、僕的にはブラッシュ・アップした感が強くて。"プラス・アルファこんなこともできます、ライヴでも面白そうでしょ?"というイメージで。"全部盛り"といいながらも、前のアルバムも十分全部盛りだし(笑)。でも、そうやって言ってもらえると、時代がついてきた感がありますね。

-Tack朗さんはどうですか?

Tack朗:たぶん、前回のインタビューでも言ったんですけど、ぶっちゃけ自分の中では、あんまり前回のアルバムのメロディには納得できてなかったんです。納得できている曲ももちろんあるけど、もっといけたなって思うところが正直あったんです。自分的には、もっとポップさを突き詰められたんですけど、手加減した表現もあったし。今回は妥協がなくて。自分の中で"これが俺の100点だ"というメロディをつけられたんで、すごく納得してます。

-ありがとうございます。それから、このタイトルを言わされるのも、ちょっと一杯食わされたって感じですが(笑)、Track.4「エクストリームおっぱいダイナマイト8000」......。

とも:わ! エロい(笑)!

一同:(笑)

-これを言わされる身になってほしいんですけど(笑)。

とも:別のインタビューでも言われました。口に出したくないんですけどって(笑)。

-(笑)とか、あとTrack.5「Brain Dead」も今のメタルコアとかデスコアっぽい部分が多分にありながらも、途中から一気に土臭いというか、ミクスチャーっぽく持っていくあたりに時代を超えたいという思いが垣間見えるように感じていました。

$EIGO:僕が"おっぱい"を作ったんですけど......。

-"おっぱい"を作った......(ゴクリ)?

とも:創造主みたい(笑)。

$EIGO:(笑)まぁ、1stでもわりとデスコア/メタルコアみたいなジャンルの曲を入れてて、僕らはそういう畑ではないですけど大好きなんです。なので、2ndでも僕はやりたいなと思っていて、みんなも賛成してくれたので"それじゃ、何パターンか作ってみるね"って言って、始めの"おっぱい"の先端部分を作ってみたときに......。

とも:先端部分(笑)。さわり、だよね。"おっぱい"のさわり。

$EIGO:"おっぱい"の頭って結構強いじゃないですか?

-(サウンド的に)そうですね。

$EIGO:"おっぱい"の入りは結構強いんで。あそこの感じは、僕らの畑でもないし、本家の畑でもないようなニュアンスを僕らがやるっていうのが、"おっぱい"を代表する僕らとしては大事かなって。さっき"時代"って言いましたけど、たしかにその土臭いフレーズがちょうどスッポリとシーンから抜けてる感じだと思うんですよ。その真ん中のところを僕らが吸収するよりも、ちゃんと培ってきたところを先端に持ってくるっていうのが......。

とも:先端って言いたいだけじゃねぇか(笑)。

一同:(笑)

$EIGO:(笑)でも、そういうニュアンスは含んでます。それが僕らもカッコいいと思っているので。

とも:これが時代の先端です。

おかっち:言いたいだけやろ(笑)。

一同:(笑)