MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Survive Said The Prophet

2015.04.13UPDATE

2015年04月号掲載

Survive Said The Prophet

メンバー:Yosh Morita(Vo) Takuya Suzuki(Gt) Sho Okada(Dr) Ivan Kwong(Gt) Yudai Kato(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-他のバンドとやることで、自分たちらしさもより見えてくるんじゃないですか?

Yosh:Crystal Lakeとウチを比べると、向こうはオフェンスで俺らはディフェンスみたいな。暴れてモッシュピットを作ろうというより、"聴いてくれる?聴くでしょ!"みたいな。世界観を作って巻き込んでいくアプローチなんですよ。彼らともそんな話をしたことがありますね。俺らはCrystal Lakeがいるから、ディフェンスを意識するんだよって。俺らはハードコアではないし、ハードコアみたいなライヴをするのはやめようと。

Sho:オフェンスができないバンドなんですよ。というか、オフェンスな人間が誰もいない。

-そうなんですか?

Yosh:そうっすよ。"あっ、無理だわ"って(笑)。

Ivan:音楽を書く人間の中身が音楽にも表れますからね。

Yosh:ギミックがないというか、僕らは自然体でこういうサウンドなんですよ。Takuyaがよく言うのは、"誰がなんと言おうと、これが俺らだからそれでいいじゃん"って。

-そして、今回は初の全国流通になる1stEPになりますね。

Ivan:最初に書いた曲から最新の曲まで入ってるので、またここからスタートという気持ちが強いですね。

Takuya:現在進行形のサバプロが出てると思います。今やりたいことを音に詰めることができました。

Yosh:タイトルは"今とるべき行動"みたいな意味で、過去やってきたことも含めて、『Course Of Action』なんですよ。"今こうなったんだよ!"って。

Sho:自分がいない時期の曲も再録してるし、過去やっていたことでいらないものは削がれていると思うから、今やるべきことをやれました。

Yudai:"これがサバプロです、どうですか?"というスタンスですね。俺らからすると4年間のベスト・アルバムみたいな形だけど、全国のみなさんからすれば初音源ですからね。

-1曲1曲のクオリティはもちろん、作品全体のトータル性も高いですね。冒頭を飾るイントロダクション的な表題曲、他にバラードやアリーナ・ロック調の楽曲も揃ってます。特にTrack.2「Awake You Ask Kinda Awkwardly」は、ストーリー性豊かなドラマティックな曲調で引き込まれます。

Yosh:歌詞がドラマティックですからね。二重人格の男とその女性との関係を歌ったもので。曲の構成もほんと何も考えてなくて、ああいう複雑な構成になったんですよ。理論もわからないから、"これでいいじゃん!"って。エモい曲ですね。

-バラード風の「MIRROR」は、スロー・テンポの聴かせる哀愁ナンバーですね。

Yosh:最初はバラードじゃなくて、"スロー・テンポにすれば良くなるんじゃない?"というひと言でああいう曲になりました。初めて撮ったミュージックビデオもこの曲で、そもそもラウドロック・バンドと呼ばれてるのに、バラード押しって何だよ?!と思うかもしれないけど、僕らはそれが1番しっくりくるんですよ。音楽、歌詞、アレンジ的にもサバプロのやり方が固まった曲ですね。いつか映画のエンティング・テーマに使ってほしいですね(笑)。

-アリーナ・ロック調の「Ashes, Ashes」も壮大な楽曲ですね。

Sho:確かにアリーナ感があるし、この曲だけ規模感が違いますよね。アルバムの最後に収録されてるし、次のステップにいくための曲ですね。

Yosh:本当に最後に書いた曲なんですよ。MUSEも好きだし、ウェンブリー・スタジアムに立つ意識がみんなの中にもあるんだなと。日本だと東京ドームになるのかな? ここまで行くというゴールを思い描くことで、それが作品にも表れると思うから。

-今後もまたバンドは変化しそうですね。

Yosh:はい、それが楽しみですね。