MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Survive Said The Prophet

2015.04.13UPDATE

2015年04月号掲載

Survive Said The Prophet

メンバー:Yosh Morita(Vo) Takuya Suzuki(Gt) Sho Okada(Dr) Ivan Kwong(Gt) Yudai Kato(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-現5人が揃って、ライヴもどんどん増えていったと。これまでに音源も多く出してますよね?

Yosh:音源を固めて、スタートしたかったんですよ。新しいメンバーが入るたびに音源を作ろうみたいな流れでした。

-それもまた大変じゃないですか?

Yosh:正直、大変っすよ(笑)。でもそれをやってなかったら、今このインタビューをやってないですね。

-というのは?

Yosh:要するに新しいメンバーが入って、またゼロから作り直す。そのメンタルがなければイマドキのバンドみたいにすぐ解散して終わっちゃう。ゼロからやることでひとりひとりのプレイヤーの特長も見れますからね。

Sho:僕は最後に入ったけど、正式加入するまでは、サポートのドラムが何人かいました。毎回ライヴでドラムが違うんですよ。

Takuya:シフト制でね(笑)?

Sho:僕もその中のひとりで、ドラムはバンドの基盤になるから、その基盤が毎回違うと、どこに合わせればいいのか迷うと思うんですよ。実際、自分がサポートやっていたときも演奏が全然合わなくて。で、4日連続で僕がサポートでドラムを叩いた時期があって、やっと合ってきたと思ったら、また違うドラムが叩く。それを繰り返していたから、大変だろうなって。で、サポートから正式ドラムになって、まず僕がやろうと思ったのはバンドのカラーをひとつにしないといけないなということで。それが50本のツアーをすることによって、最近はいい感じになってきました。

-話を聞くと、普通のバンドとはだいぶ道のりが違いますね。

Takuya:ドラムがいないときも月に7、8本ライヴを入れて、シフト制でドラムをやってもらってましたからね。それで今月も大丈夫って。

Yosh:当日にベースを決めたこともあったしね(笑)。

-それもすごいですね。過去に台湾、香港、シンガポールでライヴをやっていますが、アジアに行く理由は?

Yosh:アジアだけでなく世界でやりたいです。音楽は世界共通だから、メンバーみんなインターナショナルでやりたいと思ってるんですよ。海外で1歩ずつやって、いつか"Warped Tour"に出たいですね。Yudaiは一昨年ぐらいに"今年海外に行かなかったら、バンドやめる"と言い出すくらい海外への気持ちが強くて。

Sho:俺は最初日本だけでいいと考えていたけど、このバンドで世界を見てしまうと、海外に行きたいと思うようになりました。

Ivan:この5人の共通した目標はバンドで世界を見ることですね。

-わかりました。昨年末に出た4バンド(Crystal Lake、NOISEMAKER、wrong city)によるスプリット『REDLINE RIOT!!』レコ発ツアーを今年1月にやりましたけど、いかがでした?

Yosh:自分たちでやった50本のツアーはDIYだったので、俺ら以外の人で組んだツアーは初めてだったので全部が刺激的でした。"あっ、楽屋にタオルがあるんだ!"とか、そういうレベルですね。

Yudai:他の3バンドは音源が流通してたり、先輩バンドだったので、逆に俺らはダークホース的な位置で何でもできるなって。

Takuya:失う物は何もないからね(笑)。

-4者4様の音楽性で、キャラが被ってないのも面白いですよね。

Takuya:みんな"自分たちが1番かっこいい"というスタンスでやってますからね。