MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Crossfaith

2013.09.03UPDATE

Crossfaith

メンバー:Kenta Koie(Vo) Terufumi Tamano(Prog/Vision) Kazuki Takemura(Gt) Hiroki Ikegawa(Ba) Tatsuya Amano(Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-そうなんですね。前作が誰が作ったのか聞かなくてもなんとなく分かったんですが、今作は“誰なのかな?”って一聴して分からない曲が多かったです。「Gala Hala」と「Countdown To Hell」は今までと全く違う制作過程だったのかなとも思ってました。今作の曲の制作のバランスはTeruくんとKazukiくんでどれぐらいですか?

Koie:アイデアを持ってくるという面ではTeruとKazukiがメインですね。曲の振り幅が広がったというのはTeruサイドから持ち込んだ曲が今までとは違うスタイルなのが要因じゃないかと思います。

Teru:あと今回Logicっていう音楽制作ソフトを入れた楽曲制作用のパソコンを用意しました。制作する期間が短くなった分、メンバーもパソコンを揃えたり、データを共有できるようにしました。

-Logicを揃えたことによって、他のメンバーも作曲に携わる部分が増えましたか?

Teru:もちろん増えましたね。

-それが曲のバリエーション増に繋がった要因でもありますか?

Teru: Logic上で見る音楽と頭の中で鳴ってる音楽って全然違ったりするんですよね。Logicがあることによってその曲をさらに理解できるので、各パートでより曲に向き合える時間が増えて、より突き詰めた音楽ができたんじゃないかと思います。

-日本でのリリースが9月4日とちょうど1ヶ月後です、そして日本以外でも数日のズレはあるにしても世界的に同時発売ですね。世界同時発売ってなんかドキドキしませんか?

Koie:世界同時だからというよりは、僕らがやっていこうとしている活動からすると、世界中どこでも売っていることが大前提なので、ドキドキするというよりはようやくその土俵に立てたという感じがしています。

Hiroki:発売日が同日というよりも全世界で発売することの方が大きいですね。ツアーのオフの時間にモールのHot Topicとかに行くんですけど、自分たちのCDが置いてあるんですよ。18歳ぐらいの時、アメリカ行ってバンドTシャツ買ったり、WARPED TOURのコンピを買ったりしてたので、今そこに自分たちのCDが置いてあるっていうことが感慨深いですね。

Koie:とにかくみんなに早く聴いてほしい!!って気持ちです(笑)。

-発売までまだ少し時間がありますもんね。凄く素晴らしい作品なんで海外からの反応もよさそうですね。それでは最後に激ロック読者にメッセージをお願いします。

一同:WARPED TOURに来やがれ!ミュージック・ビデオ見やがれ!遊びに来やがれ(笑)!!

Koie:僕らももうすぐWARPED TOURも終わるので、日本に帰るのが待ち遠しいです!

Teru:『APOCALYZE』を聴いてライヴに遊びに来てください。