MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Crossfaith

2013.09.03UPDATE

Crossfaith

メンバー:Kenta Koie(Vo) Terufumi Tamano(Prog/Vision) Kazuki Takemura(Gt) Hiroki Ikegawa(Ba) Tatsuya Amano(Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-Track.6「Scarlett」と後半のTrack.10「Counting Stars」と女性ヴォーカルが入っていますが、これはどなたですか?

Teru:Machineの紹介してくれたシンガーさんですね。Machine Shopのスタジオで働いてる人に紹介してもらったビアンカって名前の子なんですけど、表だって活動してるわけではないんですが、多方面で活躍してるシンガーです。「Scarlett」に関してはダブステップ・パートに入る前のアプローチで、ここを誰かに歌ってもらうという構想は曲作り当初からあって。で、実際にMachine Shopで自分たちもレコーディングに立ち会える状況が理想だったので、そういうことも踏まえてビアンカになりました。

-Track.7「Gala Hala (Burn Down The Floor)」はCrossfaith流のミクスチャー・サウンドですね。ミクスチャー、ラップコアも好きだとは思っていましたが、音楽性として取りいれてくるとは正直想像していませんでした。

Hiroki:スロベニアでライヴした時に、Gala Halaっていうライヴハウスがあるアメ村(大阪心斎橋)みたいなエリアがあって、Teruがジャケットをパクられたり、寝てたらホームレスが降ってきたりしたすごい場所なんですけど(爆笑)、その夜がめちゃくちゃ面白かったから、その雰囲気を出したくて“Gala Hala”にしました。

Koie:Teruが曲を持ってきた時に“この曲Gala Halaじゃない?”って話になって「Gala Hala (Burn Down The Floor)」になりました(笑)。

-歌詞はリンクしてないんですか?

Koie:歌詞はリンクして……ないですね(笑)。

一同:ないんかい(笑)!

-この曲で聴けるスクラッチ・サウンドはTeru君が実際にスクラッチしてるわけではないですよね(笑)?

Teru:リアル・スクラッチです。あの曲にLIMP BIZKITとかそういう暴れたくなるような衝動がほしくて。

-アルバム全体でいえることですが、スタジアムなどの大きな会場で真価を発揮する曲も多いなと感じました。制作時にすでにそういったイメージを持っていたのではないでしょうか?

Koie:分かってますね(笑)!

Teru:自分たちもでかいフェスに出たり、フェスに出てるバンドの音楽を聴いたりとか、そういった影響は凄く大きいです。『ZION EP』も昔のアルバムに比べてBPMが落ちてるんですよ、速い曲は速いんですけど、トータルでは落としてて。ダンス・ミュージックだとBPMが限定されるじゃないですか。例えば128だったらテクノで、140からはトランスになるとか。じゃあ132か134でおいしいところを取ろうかとか。曲を作り始めて、BPMを決めるのって早いんですよ。例えばさっきの「Gala Hala」だったらドラムンベースのアプローチにしようと決めてたんで、じゃあ160にしようとか。そういった理由でスタジアムや大きいステージにマッチしたものに自然となったのかなと思います。

-大きい舞台を想像するだけでなく、経験したからこそできる曲なのかなと思いました。

Teru:そうですね。 ちなみにムラオカさんはどの曲が気に入ってくれましたか?

-個人的にはTrack.10「Counting Stars」、Track.11「Burning White」、それにTrack.4の「Eclipse」ですね。

一同:おお!!

Kazuki:「Burning White」に関してはたしか1番最初にできた曲です。「Burning White」って直訳すると“燃えさかる白”じゃないですか。僕の中で白って純粋でピュアなイメージで、何も考えないで純粋にピュアに感情を爆発してるイメージなんですよ。

Koie:仮タイトルの時点から「Burning White」だったので、曲のタイトルから歌詞をイメージした曲ですね。“Burning”って単語も歌詞に入ってますし、“Burning White”ってものを僕的に理解した上で歌詞を書きました。

Teru:今までのCrossfaithのメタルコアの部分を踏襲してますね。Kazukiのギターからのアプローチの曲なんで、メタルコア・サイドのCrossfaithが好きなお客さんは気に入ってくれるんじゃないかなと思います。

-ちなみに「Gala Hala」、「Countdown To Hell」は誰がメインで作った曲ですか?

Teru:「Gala Hala」は僕で、「Countdown To Hell」はKazukiです。