MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SiM

2013.03.13UPDATE

2013年03月号掲載

SiM

メンバー:SIN (Ba) MAH (Vo) GODRi (Dr) SHOW-HATE (Gt)

インタビュアー:増田 勇一

-このシングルの成り立ちについて、ビデオ制作のアイデアが発想のもとにあったという話がさきほど出てましたけども……?

M:実はもう、アルバムまでの大きなストーリーができてて。このシングルについても、ジャケット写真とかも含めて、アルバムに繋がるヒントがふんだんに盛り込まれてるんです。アルバムのタイトルも決まってるし、それに沿った物語ができあがってるんですね。だからアルバムが出たときに、「Blah Blah Blah」のPVにはそんな意味があったのかとか、「Same Sky」に出てくるあのシーンはそういうことだったのかとか、いろいろ気付いてもらえるはずだし、それをみんなに勝手に想像してもらえればいいかな、と。べつに曲自体にすべて関連性があるってわけじゃないんですよ。だけどいろんな部分で繋がってる。

-ただ、まずはアルバムを待つよりもこのシングルに触れて欲しいですよね?

M:うん。それはあります。ちゃんとこのシングルも聴いて、ナカミの写真とかもちゃんと見たうえで、のちにアルバムと聴き比べたりいろんな要素を見比べたりしながら楽しむと面白いよ、みたいな。だから、アルバムの1ページ目だけを切り取って出しただけみたいなものではないんです。

-この作品に『EViLS』というタイトルをつけたのは……やっぱり邪悪なバンドだから?

M:あははは!それもあるかも。ただ、これも実はアルバムのタイトルとか物語と関係があるんです。まずはこうやって、邪悪なものが飛び出してくる。ギリシャ神話とかだと邪悪の象徴は疫病とかそういうものになるんだけど、「Blah Blah Blah」ではインターネット社会のことを歌ってて、「Same Sky」は嘘、「f.a.i.t.h」は宗教に関係がある。で、このジャケットに登場してる2人は、各々のビデオの主人公なんですよ。しかも両方のビデオに共通する登場人物がいたりもする。そういったことの意味が全部、アルバムで判明することになるんです。しかも、すでに公開になってるトレーラー映像のなかで聴こえてくるのは『EViLS』からのどの曲でもない。そんな、ちょっと複雑な仕掛けがあるんです。

-まだ具体的には明かせないことが多々あるわけですね。しかしこれは、前倒しで作業ができているからこそ可能なこと。ちゃんと宿題をやるタイプなんですね、このバンドは。

M:でもまあ、全体に関わってくるキーワードも偶然出てきたものだし。楽器陣が録ってる間に俺が考えておくべきなのは、そういうことだから。で、音を撮り終えたあたりで“映像とかも含めてこういうことになるから”って説明して。

SH:その話を聞いて“あ、なるほどね”と。さすがに録ってる段階でストーリーを全部把握できてるわけじゃないけど、あらすじだけでもわかってるとフレーズひとつ考えるうえでも違ってくるし。

-今からアルバムが楽しみになってきますね。しかし、その前に待ち受けているのが47都道府県ツアー。これは前々からやりたかったことのひとつなんですか?

SH:うん。去年とか、行きたくても行けない場所とかが結構あったなかで、お客さんからも“こっちにも来て”みたいなことをいっぱい言われて。もちろんそれに応えたいというのもあったし、自分らとしてもいろんな場所に行きたい。で、それをやるのはこのタイミングかな、と俺は思って。実際にそういう声が上がってるということは今求められてるってことだろうし、それが実際できることなら、すぐにでもやればいいと思うし。

M:今のメンバーになってまず最初に、60本のツアーをやったんですよ。リリースとかとは関係なく、ただの修行として。そこからスタートしてるんで、たいがいの本数では納得できないんですね。去年はわりと絞り込んでたし……。それでも気付いたら90本以上とかやってるんだけど(笑)。なのになんか物足りない感じがするのは、一回のツアーが20本とか30本とかだったからだろうと思って。だったら今回は全都道府県まわろうじゃないか、と。去年あたりから自分たちがやるハコのサイズも大きくなってきて、やっぱり距離が遠くなってきた部分とかも少なからず気になってて。そこで当然のように“これからメジャーに行って、もっと遠くなるんでしょ?”みたいに思われてる部分もあったはずだと思うんですよ。そこで“いや、逆に近くなるぜ!”みたいな(笑)。だから結構、あてつけっぽくもあるんです(笑)。“どうせもう広いところでしかやらないんでしょ?”とか言ってる人たちに“いや。100人キャパのところでやるけど、逆に覚悟はできてるの?”みたいな。そういうちょっと意地悪なところもありつつ(笑)。

-しかも今回、アンケート結果をもとにしながら会場が選ばれてるんですよね?

M:結果を全部見て、名前の挙がったライヴハウスは全部チェックしてみて。“さすがにここでは音響的に無理かな”みたいなところだけは外したんですよ。なかにはバーみたいな場所とかもあったから。でもそういった部分を除けば、これはかなりリアルなアンケート結果ですよ。やっぱりメジャー1発目のツアーは、お客さんとの距離を逆に近付けたくて。あくまで俺ら主体というか、自分たちの意向で動いてるんだってことをわかって欲しかったし。誰かに何かをやらされてるんじゃなくて。だからかなり無理を押し切って、これを決めました。もちろんデカい場所でやることも、これとは別に考えてますけどね。

S:これだけの本数、まったく不安がないと言ったら嘘になりますよね。でも今は、“やってやるぞ!”という気持ちしかないから。

M:でも、6月だけで19本あるの知ってた?俺、お客さんに指摘されて“嘘だろ!”と思ったけど(笑)。

G:でも楽しみです。もう全力で行きます!