MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SiM

2013.03.13UPDATE

2013年03月号掲載

SiM

メンバー:SIN (Ba) MAH (Vo) GODRi (Dr) SHOW-HATE (Gt)

インタビュアー:増田 勇一

-そういう意味ではアルバムの予告編でもあるのかもしれないけど、3曲というサイズで“SiMがどういうバンドなのか”がわかりやすく提示されている気がしました。これから新たに出会うことになる人たちに対しても有効な、新しい名刺代わりの1枚というか。

M:そうっすね。とにかくリード曲を2曲にしたかったんですよ。それは単純にビデオを2曲作りたかったからでもあるんだけど(笑)。そこから発想が始まって、パンチのある曲が2曲必要になったわけです。そこでまず選ばれたのが「Blah Blah Blah」。これは今までのSiMっぽくもあり、よりいっそうダンサブルな感じも取り入れてて。そこで、もう1曲を何にしようかって話になったとき、俺としては前々から「Same Sky」をシングルに入れたいというのがあって。なんつーか、フェスとかでお客さんとかがみんな一緒に歌ってるのを想像しながら作った曲なんですよね、意外にも。

-確かにそれは少し意外でもあります。バラードと呼べなくもないところがあるし。日本語の歌詞が含まれていることについては、そういう理由ならすごく頷けますが。

M:とにかくサビはみんなで歌いたいな、というのがあって。これまでも一緒に暴れられる曲はあったけど、一緒に歌える曲というのは少なかった。たとえばOASISとかにはそういう曲がたくさんあるじゃないですか。そういうのを作って、夏フェスの季節までに出しておきたかったんです。実際、この曲を作ったのも去年の夏、フェスにたくさん出させてもらってた頃のことだったりするし。実際、“こういう曲を出すのはまだ早いんじゃないの?”みたいな意見もあるにはあったけど、そこはもうゴリ押しで。

-まさにこの2曲でSiMの二面性が強調されているという印象ですよね。

SH:うん。選曲について異論はまったくなかったですね。“いいんだから、いいじゃん”みたいな。単純に“いいものができたから、これでいこうよ”と。「Same Sky」は日本語の多い歌詞だったりするから意外に思われるかもしれない。ただ、日本語で媚を売ってるのは嫌だけど、すごく内容のしっかりしたものだから。

M:メジャー・デビュー1発目のシングルで日本語の歌詞というのは、確かに“ほらほら、やっぱりこうなったよ”みたいに見られてしまう危険性もあるじゃないですか(笑)。それを実は会社側から言われて。だけどむしろ俺らとしては“いや、べつに良くないですか?”みたいな(笑)。普通は逆のパターンのほうが多いと思うんだけど。

-ここで日本語詞中心の曲が出てこようと自分たちのコア・ファンが誤解するはずはない。そういった信頼関係があるからできることでもあるはずですよね?

M:うん。しかもそういう受け手側の感覚云々よりも、とにかくこっちが気負いなくパッケージできるものにできたというか。これでダサいと言われるようならもう知らない、みたいな(笑)。

S:俺、「Same Sky」1曲だったとしても迷わなかったと思う。とにかく俺としては、この曲にすべてを賭けてたんで。レコーディングのいちばん最初にこの曲のアレンジから取り掛かったんです。そのせいで、ずっと他の曲の準備ができなくて。それぐらいすべてを注ぎ込んだから。やっぱりひとつの勝負になる曲だと思ったし。

G:抵抗は全然なかったですね。バランスもめちゃくちゃいいし。これを聴いてもらって、“英語じゃなきゃ聴かない”とか“日本語の歌じゃないと好きになれない”とかいう人たちも一緒になってくれればいいと思ったし。いいものはいいわけで。

-実際、見事なバランス。しかもこの2曲を経た末に「f.a.i.t.h」が登場する。結局ライヴに来るとこういうことになるんだぞ、みたいな(笑)。実際ライヴではお馴染みの曲だし。

M:そこまで深く考えてはいなかったけど、結局はそういうことになりますね。この曲、前々から音源にしたかったんだけど、大人の事情みたいなものもあって。まあ、改めて整理して言うと、これまでビデオを撮ってきたのがゴリゴリの曲ばかりで、「Blah Blah Blah」もゴリゴリといえばゴリゴリだし、そこで俺らのことをよく知らないまま“そういう曲ばっかのバンドなんでしょ、どうせ”みたいなことを言う人たちに「Same Sky」をぶつけてみたかった。で、結局、“実はどっちなの?”みたいなところで「f.a.i.t.h」が出てくる。

SH:うん。で、これを聴けば、やっぱりライヴに来たくなるはずだし。

M:正直、どうしてもこの曲じゃないといけない理由はなかったんです。だけどこの曲を音源にするのはアルバムのタイミングではないと思ったし。アルバムではもっと“今のSiMはこんなふうです”というのをガチッと示したいから、そこに2〜3年前に作った曲を入れるのはちょっと違うかなと思ったし。だからある意味、この曲はこのシングルのなかでのオマケではあるのかもしれない。

-しかしこのオマケは嬉しいですよ。痒いところに手が届くオマケ。「Blah Blah Blah」はストライクど真ん中でこれまで以上に振り切っていて、実は得意だった変化球が「Same Sky」。そして最後にお馴染みの決め球が飛び出す、みたいな。

SH:ああ、そういう意味でもすごくバランスがいいのかもしれない。なんか、自画自賛したくなりますね(笑)。でも、自画自賛できるくらいじゃないと駄目だと思ってるんで。