MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

BULLET FOR MY VALENTINE Japan Tour 2007

2007.08.28 @渋谷AX

MAY-E

pm7:25
会場が暗転した瞬間、彼らの登場を待ちわびたファン達の大きな歓声が上がる。最後にステージ上に現れたフロントマンのMattには一際大きな歓声が上がっていた。同時にステージは真っ赤な照明に照らし出される。このバンドは赤のライトがとてもよく似合う。そして予想通り「Her Voice Resides」でスタート!!轟音が鳴ったその瞬間、フロアは大きな渦を巻く。

ライヴ前のインタビュー時に、ボーカルのMattが喉の(扁桃腺を取る)手術を行ったと聞き、このライヴでは個人的にMattのコンディションが何よりも気になっていたのだが、絶叫部分に若干の弱さを感じる箇所はあったもののクリーンパート部分ではよく声が出ていたし、Jayのコーラス・カバー(レコーディング時はMattが叫んでいるが、ライヴ時のコーラスやシャウトはベースのJayが担当している)もあったため、気になるほどではなくまずは一安心。

BULLET FOR MY VALENTINE ライブレポート

ステージ後方にはバンド名と、その両脇にピストルが描かれた大きなフラッグが掲げられているだけのいたってシンプルなセット。過剰な演出は一切無い。とにかく次から次へとストイックに演奏を続ける姿勢に、これまでライヴでどれほど叩き上げられてきたのか容易に想像がつく。息を呑む重圧感を体で受け、無数のサークルが止むことなくわき上がるフロアの様。2階席から見降ろすその光景は、まさにカオス!!
ただ「4 Words (To Choke Upon)」は原曲より大分速かったのが少々残念なところだ。速さとテクニックを見せ付けなくとも、泣きのメロディを聴かせることに重点を置いても良かったのではないかと思う。それにリズムが速すぎては頭も振りにくい(笑)

十分に会場が温まったところで新曲「Screaming Aim and Fire」を披露。恐らく次回作のリード・ソングになると思われる曲で、よりスラッシュメタル寄りになり攻撃性が増した1曲だ。(ライヴ前の試聴会にて、「Screaming Aim and Fire」の他にもう2曲の新曲を試聴させてもらってきたのですが、その2曲についてはメタル・エッジの中にもハードロック/モダンロック・テイストが注入された意外性のある曲だったので、次回作はBFMVの新たな一面が伺えるアルバムとなりそうです。お楽しみに。)

BULLET FOR MY VALENTINE ライブレポート

本編最後はメタリカのカバー「Creeping Death」で終了するというサプライズも。アンコールを含め全12曲のセットリストを約1時間でハイテンションに駆け抜け、アンコール最後の曲「Tears Don't Fall」では、Mattはフロアに向かって投げキッスをするという決めポーズをしてステージを去った。 往年のメタラーをも納得させる演奏力と、若い世代をも虜にするキャラクター性。この両方を兼ね備えているだなんて、そりゃ最強ですよね。彼らが"メタルの未来"と呼ばれる理由。それをようやく自分の目で確かめることが出来た。

  • 1