MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Venom

BULLET FOR MY VALENTINE

『Venom』

Release Date : 2015-08-19
Label : SMJ
¥2,376

2013年にリリースされた4thアルバム『Temper Temper』以来となる待望のニュー・アルバムが完成。作品をリリースするごとに、よりオーセンティックなヘヴィ・メタルへ回帰しており今作もその流れかと思いきや、予想を裏切り今作で一気に原点回帰を果たしている。今作の方向性は不気味なイントロ「V」に続いて"No Way Out!!!"という戦闘開始の咆哮の如きスクリームと共に解き放たれるTrack.2を聴くだけで十分理解できるだろう。Track.3 以降も精度の高い研ぎ澄まされたギター・リフや効果的に導入されている強烈なスクリームはラウドロック、メタル・ファンを虜にすることは間違いない。プロデューサーには彼らの直近2作を手掛け、LINKIN PARKやGOODCHARLOTTEなどキャッチーな作品に定評あるDon Gilmoreではなく、彼らの初期2作やSLIPKNOTやMACHINE HEADなどアグレッシヴなメタル作品を得意とするColin Richardsonを呼び戻している点にも注目したい。coldrainやCrossfaithなど邦メタル、ラウド・ファンにも突き刺さる作品なので、洋楽を聴きたいけど何から聴いたらいいかわからないという方も、まずは今作を聴くべし。 村岡 俊介(DJ ムラオカ)