MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BULLET FOR MY VALENTINE

2015.08.18UPDATE

2015年08月号掲載

BULLET FOR MY VALENTINE

メンバー:Matthew "Matt" Tuck (Vo/Gt)

インタビュアー:米沢 彰

-ニュー・アルバム『Venom』の完成おめでとうございます。5枚目ということで、ひとつの節目でもある特別なアルバムになったのではないでしょうか?

そうだね。いろんな意味で強く意識している。今こういう活動ができているのは本当に名誉なことだと思うんだ。音楽を仕事にするのは簡単なことじゃないからね。だからどのアルバムも、特別なアルバムを作ることができるのは名誉なことだと思ってるけど、今回は5枚目のアルバムで、今のレーベル(※RCA Records)との契約を締めくくるアルバムでもあるんだ。だから重要なことなんだけど、バンドの雰囲気もいいし、みんな未来に対してポジティヴな見方をしているよ。

-今回が今のレーベルとの最後のアルバムなんですね。

うん。アルバム5枚分の契約だったからね。

-"V"が強調されたアートワーク、作品へのイントロとなる1曲目に名づけられた「V」という曲名など、さまざまな箇所で5枚目ということをあなた方が特別視していることを感じさせますね。

そうだね。思い入れが強かった。5枚目でもあるし、バンド名にも"V"が入っているしね。

-そういう意味では1stアルバムが"The Poison=毒"でしたから、"Venom=毒液"というタイトルの今作までがひとつの区切りとなるのも納得なのですが、この流れは以前から考えていた帰結なのでしょうか?

タイトルがそういうふうに繋がったのは偶然で、特に考えていたわけじゃないんだけど、もしかしたら潜在意識が動いたのかも知れないね。

-今作でもこれまでの"アルバム名は楽曲名から必ず採られる"というルールが守られましたね。タイトルはすんなり決まりましたか?

そうだね。"V"繋がりにしたいというのがあったから、選択肢としては明らかにこれだったよ。

-前作、前々作とプロデューサーにDon Gilmoreを迎えて制作されていましたが、今作では1st、2ndアルバムでタッグを組んだColin Richardsonをプロデューサーに制作されたそうですね。今回の体制の変更はどういった経緯だったのでしょうか?

今までよりもアグレッシヴなアルバムを作りたいという考えが最初にあったんだ。Colinはそれが持ち味だからね。彼とはすでにいろんな経験を一緒にしてきたから、一緒に作業するとどういう感じかわかっていたのが大きかった。理由はそんなところだね。他のビッグなプロデューサーとも何人かミーティングをしたけど、結局はColinのところに立ち戻った。すでに信頼関係があるし、俺たちがなるべき状態にしてくれる確信があったからね。望んでもいない道を行くよりはそっちの方がいい。Colinはバンドを自然体にさせてくれて、その中でサウンドをとてもいいものにしてくれる。Donはソングライティングの段階から関わってくれるタイプだけど、今回はそういうのはやりたくない。BFMVの1番ピュアな形をとことん追求したいと思った。Colinはそのためには相応しい人だと考えたんだ。

-なるほど。Colinのところに戻る前にも他の候補があったんですね。

うん。その候補に会うためだけに1週間くらい遠出したりもしたよ。トップクラスのプロデューサーに5、6人会ったな。でも彼らと話をしているうちに、シンプルに基本に立ち戻ろうという気持ちになったんだ。

-自分たちの本質が何か、自分たちがどれだけアグレッシヴになり得るかを見たかったということですね。

そうだね。それに、今回は新しい誰かのことを知るという過程を踏みたくなかったんだ。その人の仕事のやり方も知らない、ユーモアのセンスもまだわからない、本当に俺たちのバンドを純粋に好いてくれているのかもわからない状態からやるのは、結構ストレスフルな過程だからね。Colinの場合、そのへんはもうわかっているし、あまりよく知らない人に全信頼を委ねるよりは、必要なことをちゃんとやってくれるってわかっている相手に戻る方が得策だと思ったんだ。

-以前のインタビューで"バンドは同じプロデューサーと2回続けて仕事をするべきだというのがオレの考え"と仰っていましたが、実際に2回ずつの周期で変わっているのは、本当にそれが信念なんですね。

うん、今もまったく同じ気持ちだよ。ついさっきも言ったけど、誰かと初めて仕事をするときというのは、その仕事が終わるまでにいい関係が築けるかどうかなんてわからないからね。だから2度一緒にやるのが正しいような気がするんだ。よくわからないけど。たしかにDonとも2度やった。『Fever』はものすごくうまくいったけど、『Temper Temper』はそうでもなかったから、それが次にいくカギになったんだ。だから今も2度続けて仕事するのが正しいと思ってるよ。