MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Unlucky Morpheus

2018.03.22UPDATE

2018年03月号掲載

Unlucky Morpheus

メンバー:荒金 良介

インタビュアー:天外 冬黄(Vo) 紫煉(Gt) 仁耶(Gt) 小川 洋行(Ba) FUMIYA(Dr) Jill(Vn)

-なるほど。楽器隊はいかがでしたか?

小川:「CADAVER」から録ったんですけど、逆だから2曲演奏するのは簡単だろうと思ったんです。でも、できなかったですね(笑)。「REVADAC」は逆再生だから、紫煉君のいつものメロディや構成パターンと違うんですよ。「CADAVER」は紫煉節が出ているし、「REVADAC」は似ている曲ができるかと思ったら、全然似てないし。曲の長さも完全に同じなのに......音楽って面白いなって思いました。

FUMIYA:ドラム録りも工夫しました。他のパートは逆からできるけど、ドラムでそれをやってしまうと曲が破綻するんですよ。ビートは丸っきり反対にできない部分もあるから、「CADAVER」でフィルを入れているところは、せめてそれを「REVADAC」では逆に叩いてみようとか、いろいろ勉強になりましたね。

-ドラムは微調整が必要だったと。

紫煉:完全なる逆は不可能ですからね。

フミヤ:さすがに無理だけど、極限まで逆に近づけるように心掛けました。

仁耶:ギター・リフやソロは楽譜どおりにやらないと逆回しにならないので、自分のフレーズを入れる余地はなくて、作曲されたとおりに弾きました。逆再生版の「REVADAC」を録るときは、どこか弾いた覚えのあるフレーズだけど、なんか違うから、そこは面白かったです。

Jill:ヴァイオリンのソロも完全に逆で、私も逆回しの曲を演奏するのは初めての経験だったので、それでも曲として成立するんだって、衝撃を受けました(笑)。

-3曲目はライヴ音源「La voix du sang」(2017年9月14日開催の"Unlucky Morpheusワンマンライブ【奇跡の平日】")を収録してますよね?

Fuki:みんな意外とライヴ音源が好きなんだなと気づいて。

紫煉:そう、去年出した"LIVE 2017"(ライヴDVD/CD)が爆売れして、オリコン・チャートにも載っちゃって。俺もライヴ音源は好きだし、例えばX JAPAN、LUNA SEAもたくさんライヴ音源を出してて、どれも少しずつ演奏が違ったりするのが面白いんですよね。形として残るのは魅力的だなと。今年はライヴCDを出そうと思っているので、その先行として収録しました。

-今年は結成10周年でもあり、毎月様々な企画を用意してますよね。

紫煉:あんきもはライヴを多くやるバンドではないので、別のアイディアでインパクトがあることをやりたいなと思ったんですよね。俺らなしでは生きていけない身体になってもらえたらいいなって(笑)。

Fuki:ファンの人に"燃え尽きちゃうんじゃ?"と心配されるくらいアクティヴに動きますからね(笑)。

-個人的に気になっているのはメタル・カバー作(※2018年12月リリース予定)なんですが。

紫煉:それは延期になりそうなんですよ。まだ日程は調整中なのですが、秋と冬に6本ほどツアーをやろうと思ってるんですよ。それと被ると間に合わないかなって。12月に東京でファイナルのワンマン公演があるので、余力があれば出したいと思ってます。