MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

coldrain

2015.10.21UPDATE

2015年10月号掲載

coldrain

メンバー:Masato(Vo) Y.K.C(Gt)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-めちゃめちゃかっこいいですよね。強烈なインパクトがあります。

Y.K.C:そうですね。インパクトのある曲作ろうよって作り始めた曲なので。

Masato:ライヴ映えする曲ですね。

-Track.1の「VENA」はポスト・ハードコアで、そのあともエッジの利いた曲が立て続けに入っていて、良い意味で"too much"ですね(笑)。

Masato:だいぶ"too much"すぎる! 「RUNAWAY」のちょっとアホっぽいやりすぎな部分もこれでいいのかなって。この曲聴いた人から"BFMVとツアー回ったからどうこう......"って言われそう(笑)。全然関係ねぇのに!

Y.K.C:実はそこじゃない(笑)!

Masato:どっちかっていうとP.T.P(Pay money To my Pain)だね(笑)。

-1曲目の方がP.T.Pっぽいですよ!?

Masato:そうですね。たしかにP.T.P.っぽいですね。そういう意味ではP.T.Pが影響されてやっていたことと同じルーツなのかな。

-気づいたらP.T.Pにこんな曲あったなって。

Masato:作ってるときに初めてP.T.Pの名前出たよね。それこそ「RUNAWAY」とか。今までは曲作ってるときにP.T.Pの名前が出てくることはなかったんですけど、P.T.Pがよくやっていたキックが継続的に乗ってる感じとか、そういうノリがすごくいいよねって話をしててその要素を入れてみました。

-Track.11の「FIRE IN THE SKY」も「RUNAWAY」に負けず劣らず激しく疾走するサウンドですね。"to hide the endless fight~"とMasato君の歌の裏で鳴ってる不協和音はギターですか? シンセですか?

Y.K.C:ギターですね。ギターで録った音を間に入れようって話になって、サンプリングみたいにエフェクトをかけて特殊音を作ってはめ込んだっていう......。

Masato:生でできるヤツじゃない。逆さ再生とかしたよね。

Y.K.C:やろうと思えばできるけど、足元がすごく大変。ライヴではやらない(笑)。

Masato:その曲は激ロックのために作ったので流してください(笑)!

-それ、今考えたでしょ(笑)?

Masato:でも本当にそういうイメージでFUNERAL FOR A FRIENDやUNDEROATH辺りでそこに疾走感を足しました。

-「VENA」の疾走感はパンキッシュですけど、この曲はスクリーモ的な疾走感ですよね。

Masato:そうですね。2007年や2008年辺りですね。

-サビのメロディが今までのcoldrainにはあまりなかった新しい感じに聴こえました。

Masato:ここらへんのメロディの詰め方はBrandonとの合作感がたしかにありますね。

-他の楽曲のメロディにおいて新しい試みはありますか?

Masato:「DIVINE」のAメロですかね。ダークで静かなDEFTONES的な要素って実はあんまりやってこなかったし、それこそシャウトで乗り切るってのもやったことがなかったんで。

-「GONE」もチャレンジだったんじゃないですか?

Masato:そうですね。継続的なノリの中で静かに歌うのは今まであまりやったことがなかったですね。ヴォーカリストとしての振り幅は「GONE」含めこのアルバムで結構やってます。後半3曲ではポップな要素も出したりと、結構難しいですね。

Y.K.C:今までの作品では楽器が鳴ってればそれだけで成り立っていたので、ヴォーカルもそこに当てればなんとかなることも多かったんですけど。このアルバムではただただ隙間が空いてて楽器だけだと何かわからないところにヴォーカルがアプローチしていくというパターンが多いので、なおさらヴォーカリストとしての技術が必要だったんじゃないかなと思います。

-Track.9「PRETTY LITTLE LIAR」は牧歌的でコミカルで、coldrainらしくないですね(笑)。

Y.K.C:(笑) あれは完全にギャグです(笑)。デモを作ってるときに仮タイトルをギャグでつけてみんなに送るんです。バイキング・メタルな感じで海賊っぽいなと思って。(※デモの段階では)最初イントロがなかったんですけど、"パイレーツ・オブ・カリビアン.com"って名前をつけて、みんなに送ったんですよ。そしたらそのイメージがみんなについてて、"そういう感じでよくない?"って。"海賊が船の上で談笑して、酒飲んでるぐらいの勢いの曲もあってもいいじゃん!"って言ったら、Masatoが、TOOLでもそういう曲があったって言い始めて。

Masato:TOOLにすごい重苦しいヘヴィな曲の前にアコーディオンのふざけた曲が入っていて、そういうの面白いなって思って最初は隠しトラックで入れようとしてたんですけど、iTunesは隠しトラックを入れられないからイントロにしちゃいました(笑)。そしたらみんなそのパンチのある感じが気に入ってしまって。Aメロも最初は同じようなノリだったんですけど、それだと面白くないって話になり、変化球的なビート感を持ってきたらすごく面白い曲になりましたね。ただメチャクチャ難しい、ヴォーカリスト泣かせな曲なんでライヴでのヴォーカルは手こずると思います(笑)。ただ人によっては1番好きっていってくれる曲になったんじゃないかなと思います。

-アルバムならではの楽曲ですね。これが1曲目に入っていたら誤解を与えてしまう(笑)。

Masato:いや、誤解どころか"coldrainどうした?"ってなる(笑)。