MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Crossfaith

2015.09.02UPDATE

2015年08月号掲載

Crossfaith

メンバー:Kenta Koie (Vo) Terufumi Tamano(Prog/Vision) Hiroki Ikegawa (Ba) Tatsuya Amano (Dr)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-この曲がアルバムの中で1番初期感が強い曲ですね。

Koie:そうですね。シンセの入れ方もあえて初期の頃のテイストを入れています。

-わかりました。ちなみに今までドラムのTatsuyaくんって全く話してないけど......。

Koie:横で飯食ってます(笑)。

-(笑) "横でメシ食ってます"って書いとくね。

Tatsuya:Tatsuyaです(笑)。ちなみに裏話的な感じですけど。「Ghost In The Mirror」のブレイクダウンを作るのに1番時間がかかりました。

-そうなんだ。

Tatsuya:アメリカでレコーディングする前に、奈良のMORGスタジオでプリプロしてるときに、Kazukiと一緒にどうやったら最高のブレイクダウンができるんだろうって毎晩いろいろと試行錯誤して、それで今の形になりました。

-今までずっとCrossfaithで手数の多いテクニカルなドラミングをやってきたわけじゃない? そういったなかで「Tears Fall」とか「Calm The Storm」という手数の少ない、空気感や間を大事にするバラードでのドラミングは逆に難しかったんじゃないかと思ったんだけど。

Tatsuya:確かにそういうバラード調な曲は今まで全然やったことがなかったんですが、でもいざ叩いてみるとすごくスムーズにいって。特に違和感もなくいい感じでした。

-なるほど。今作はバラード以外にもバリエーションに富んでいるので、それによって苦労したことは?

Tatsuya:苦労っていうより楽しいことですが、如何にバリエーションを広げられるかに時間をかけましたね。「Wildfire」はあの曲だけリズムが全然違うんで、できるだけ面白いものにしたかったので、自分で録ったやつを聴きながら踊ったりして創作してましたね。面白かったですよ。(笑)。

-うんうん。最後の質問なんだけど、9月に東名阪にて初のワンマン・ツアーの開催も決定しましたね。ワンマン・ツアーって欧米ではあまり行う慣習がないじゃないですか? そんななか今回ワンマンを行うことにしたのはなぜだろう?

Koie:バンド史上、ワンマン・ライヴをしたことって数回しかなくて。しかもかなり前なので。俺たちの現段階において、ワンマンでライヴをするのって、すごくやってみたかったりするし。自分たちが表現したいことを、全て表現するためにはCrossfaithだけを観てもらわなきゃ。Crossfaithのためだけにライヴハウスを借りて、Crossfaithを観たいお客さんのためだけにライヴをするのが今このタイミングでやっておきたいなって。バンドのキャリア的にもワンマン・ライヴは最高のアルバムをリリースしたあとにやりたいという話はしていました。満を持しての必然的なタイミングだと思います。もちろん今までやってきたみたいに、海外のバンド呼んだり、自分たちが好きなバンドを呼んでツアーしたりっていうのもこれから先ももちろんやっていきます。

-なるほど。曲もかなりたくさん溜まってきたしね。ワンマンをするに十分な楽曲で充実したセットリストができるんじゃないかと期待してます。

Koie:そうですね。Crossfaithは今までのツアーでもいろいろ新しい試みをやってきましたが、それを凌駕するような、むしろエンターテインメントのひとつじゃないかなって言わせるくらいのものを作りたいと思っています。

-わかりました。最後に今作について各メンバーみなさんから日本のファンに一言お願いします。

Hiroki:今回の作品に向きあう中で、自分たちが成長できたものがそのまま曲になっていると思います。Crossfaithファンはもちろん、聴いたことがなかった人も聴いてくれると思うんですけど、初めての人はきっと僕たちの新しい世界をみて驚くだろうし、みんなこの作品でもっと音楽を好きになってもらえたら嬉しいなと思います。

Teru:このアルバムは俺が生きてきた26年間全てを詰め込んだアルバムなんで今はもう空っぽです。これがCrossfaithだって自信を持って言えるアルバムができたので、ぶっ飛びすぎないように注意しながら聴いてください。

Tatsuya:今回のアルバムは『ZION EP』ができたときのこれが自分たちの音楽だっていう自信をはるかに凌駕してますね。Crossfaithを好きな人も、Crossfaithを名前だけ知ってる人も、絶対好きになるアルバムだと思います。ぜひ聴いてください!

Koie:『APOCALYZE』をリリースしてからの2年は、今までバンド活動をしてきた中で、Kazukiの脳出血やったりとか経験したことがなかったことがいろいろ起きたこともあって、1番濃くて1番大事な期間やったなって思っています。そんな時期に作った『XENO』ってアルバム自体がCrossfaithそのものだと思って聴いてください。たくさんの人のもとに届けばいいなと思ってます。