MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Crossfaith

2015.09.02UPDATE

2015年08月号掲載

Crossfaith

メンバー:Kenta Koie (Vo) Terufumi Tamano(Prog/Vision) Hiroki Ikegawa (Ba) Tatsuya Amano (Dr)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-Joeyは以前の取材でも言ってたよね。

Teru:あ、それ多分言いました(笑)。JoshはLAMB OF GODだったりバンドの軸がしっかりしたヘヴィなバンドや、そういうバンドだけでなくP!NKなどポップスのアーティストも手掛けてるんですよね。あとラウドロックにキーボードが入ってるSTILL REMAINSもやってるんですが、俺たちもバンドの軸がしっかりあったうえで、デジタルなサウンドが乗っかるという要素が強いので、Joshなら俺たちらしいハイブリッドな音を出せるんじゃないかなというのが第一にありました。あとはバンド友達や俺らのマネジメントのRaw Powerの意見も聞いたんですが、Joshの評価が高かったので起用しました。

-なるほど、わかりました。今作の楽曲制作に関してKazuki君はどういった形で関わっているのかな?

Teru:俺たちがツアーを回ってる間に、Kazukiは病院や自宅で曲を作っていました。

-今回の中の配分的にはKazuki君が中心となっている曲はどれなのかな。

Teru:Track.5「Ghost In The Mirror (feat. Caleb Shomo from BEARTOOTH)」とTrack.8「Tears Fall」と、Track.10「Vanguard」、Track.11「Calm The Storm」ですね。あとは今YouTubeに上がってるTrack.2「Xeno」がLAのモーテルで俺とKazukiふたりで一晩で書き上げた共作曲です。

Koie:2人で持ち寄ったものを掛け合わせて作った曲は俺らの2nd『The Dream, The Space』収録の「Stars Faded in Slow Motion」以来やったんです。

-ではあとの曲はTeruくんがメインとなって作ってるのかな。

Koie:そうですね。

-ちなみにアルバムでのギターの演奏は?

Koie:Kazukiがやってます。

-ではKazuki君の状態はいい方向に進んで、ギターも弾けるようになってきてるんだ。

Koie:そうですね。Kazukiはリハビリをやっていて、曲も作れるくらいの状態です。あとは元NEW BREEDのTama(Gt)さんにツアーだけじゃなく曲作りの面でもサポートしてもらってます。「Vanguard」に関してはTamaさんとKazukiの共作ですね。

-そうなんだ。

Koie:念のためバックアップとしてTamaさんにもレコーディングに一緒に来てもらって。で、実際ギターのトラッキングをやってみたら、ほぼKazukiがプレイできたんですが、一部Kazukiができない部分をTamaさんに補ってもらいました。その流れで「Vanguard」に関しては共作もしてもらいましたね。

-わかりました。アルバム全体でみると、初期のCrossfaithのエッセンスを感じさせるものから、今までにないチャレンジした楽曲まで、今までの作品の中で最もバリエーションに富んだ作品だと感じたんだけど作り手としては?

Koie:ムラオカさんは何の曲が1番?

-キタ(笑)!

Koie:恒例の。

-恒例すぎるわ(笑)。

Koie:聞きたかったんですよ。

-結構好きな曲はたくさんあって、「Ghost In The Mirror」はメタルコアの理想系と言えるかっこ良さを感じさせるよね。「Xeno」の展開も秀逸だし、Track.7「Wildfire (feat. Benji Webbe from Skindred)」もすごく面白い曲だなと思う。あとは初期のCrossfaithやメタルコアを思わせる「Vanguard」。アルバム・トータルで考えてもすごくかっこいい作品だなと思いました。

Teru:ありがとうございます!

-この曲っていうよりもアルバム・トータルでみてもクオリティが高いので、例えばイベントでDJやるにしてもどの曲もかけられそうだよね。

Teru:そうですよね! いろんな曲ありますよね! 「Wildfire」もDJパーティーで映える曲ですよね。