MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SiM

2015.05.11UPDATE

2015年05月号掲載

SiM

メンバー:MAH (Vo) SHOW-HATE (Gt) SIN (Ba) GODRi (Dr)

インタビュアー:増田 勇一

-このフレーズってことはRAMONES、つまり絶対にストレート。頭の中でそう繋がったわけですね?

G:ですね(笑)。もう瞬間的にそうなりました。

-しかし、ついにTom Morelloの名前が歌詞になる時代が来たか、という感じでもあります。

M:ちょうどそのひとつ前の行で"ビフ"っていうのも出てくるし、それと"リフ"で韻を踏んでるんですけど、ちょうどヘヴィなパートだったんで、ここでTom Morello先輩の名前を使いたいな、と。リフといえばやっぱり僕はTom Morelloと言いたくなる世代ですから。

SH:間違いないね!

-さて、先ほど"アルバムを踏まえたもの"という話が出ましたけど、もう着々と作業は進みつつあるんですか?

M:ちょうどこの記事が出るころから長期合宿に入ることになってて。今はそれに向けて曲を絶賛まとめ中というか。もう録ってある曲もあるし、曲自体はほとんど揃ってるんですけど、そこから選りすぐってる感じですね。僕としては、実は『SEEDS OF HOPE』を命題にして作ってるところがあって。それもあって今回は久しぶりに緑のポロシャツを着てたりもするんですけど。もちろんそのあともいくつか作品を経てきてるわけなので、その感じを出しつつも......。全体像としてはストレートでありつつも、日本語の歌詞はきっと増えるし、レゲエ・ロック感は強まるんじゃないかと思います。電子音は減るかも。

SH:たしかにそれはあるかも。

M:あと、ダブステップは入れないんじゃないかな。もう......古い(笑)。バンドとしてできるダブステップについては結構もうやり尽くしたかなっていう感じがあるし、そろそろ鞘に収めてもいいのかなって。

-そしてまた、ほとぼりがさめたころにそれを抜き出すわけですね?

M:はい。15年後とかに。

全員:あはははは!

M:それぐらいの時代になったら、逆に新しいかもしれないし。

-2030年にダブステップのブームが再燃する、と(笑)。そしてその合宿を経てレコーディングが進んでいく中、いよいよ7月が近づいてきますよ!

M:いやー、今年はちょっとヤバいっすね。まだまだ言えないこともいくつかあるし。でも、まずは"DEAD POP FESTiVAL"ですけど。だいぶ念願ですね、これは。ひとつの大きな夢だったので。

-しかも"DEAD POP FESTiVAL"のまま大きくしたかったわけですよね?

M:うん。オトナの人たちの政治の力とかとは関係のないところで、俺らが呼びたいバンドをとにかく呼ぶっていう。あくまでオトナの人たちにはそれを手伝ってもらうだけ、というか。

-そもそもかつて"DEAD POP FESTiVAL"を始めようとしたきっかけというのは?

M:1番最初、こういうのをやりたいなと思ったのは、2008年に"京都大作戦"に出させてもらったことで。ただのローカル・バンドだった僕らを10-FEETが呼んでくれて。初めてのフェス出演だったんですね。自分でそれまでに観に行ってたのも、洋楽のフェスばっかりだったし。邦楽のフェスで、ライヴハウスの延長というか拡大版というか、まさにそういう感じでできてるのがすごいなと思って。しかもお客さんが一緒にフェスを作りあげてるっていう印象がすごく強くて。こんなフェス、やってみたいなと思ったんです。いつか"京都大作戦"に対しての東版みたいな感じでできたらいいな、と。だから、完全にリスペクトから始まってるんです。で、その翌年にcoldrain、HEY-SMITHと出会って。当時はお互い、違うジャンルのバンドだったんですよ。メロディック・パンクのバンド、ラウドロックのバンド、ミクスチャーのバンド、みたいな。なかなか対バンするような感じじゃなかった者同士でやろうじゃないかってことで、それが"TRIPLE AXE"になり、各々が地元で自分たち主催のイベントもやるようになり......。そこでSiMが始めたのが"DEAD POP FESTiVAL"だったんです。ただ、いつかこういう野外とかでやりたいとは思ってましたけど、正直、できると思ってなかったところもあって。思ってたよりも早く実現できることになったな、というのがありますね。

SH:俺ももっと時間がかかるのかなって思ってましたね。

M:しかもちゃんと、地元の神奈川でできることになって。そういう場所探しとかについてはオトナの人たちにも手伝ってもらったんですけど。

-今、頭の中で想像図はどんなふうに膨らんでます?

M:どうなるんだろうなあ? すごく神奈川っぽいところなんですよ。工場に囲まれてて、運河があって、そこにフェリーが横付けされてる公園なんですね。俺はすでに現地にも行ってるんだけど、まだみんなは場所自体を見てないから、イメージしづらいんじゃないかな。

SH:なんか、話がデカすぎて想像しきれないというか。

S:うん。まだ心の準備ができてないというか。

M:今までもフェスに出て、万単位のお客さんの前でやったことはあるけど、いろんなお客さんがいる中でのことだったわけで。SiMのお客さんが1番多い環境でフェスに出るっていうのが、まず想像できないし。しかも自分たちが出るのは夜になるわけじゃないですか。野外で夜やるっていうのは、これまでほとんど経験してこなかったことだから、どんな景色が見られるのか......。すごく楽しみだし、これまで見たことのないものが自分たちでも味わえたらいいなって思いますね。