MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SiM

2013.10.17UPDATE

SiM

メンバー:SIN (Ba) MAH (Vo) GODRi (Dr) SHOW-HATE (Gt)

インタビュアー:増田 勇一

-「Blah Blah Blah」以外に、もうひとつ目玉が欲しかったということですね?

M:まさにそういうことです。せっかくこうしてアルバムを出すのに、シングルと同じ曲だけが目立つというのは嫌だったし。あの曲と同じくらいパンチのあるものが欲しかった。ちなみにこの曲の中盤のダブステップの部分は、当初はなかったんです。

G:その作業をツアー中にやったんです。しかもツアー先で、みんなでパソコンを広げて。

SH:当初、この曲には何かが足りないという印象があったから......。

M:うん。そこでこういう要素はどうかということになった。ダブステップを取り入れてるバンドはいまどき多いけども、ちょっとレゲエ臭がするような、こういうダブステップ感は俺らにしか出せないんじゃないかと思ったし。

-なるほど。3曲目に収められている「Pieces of Troops」については?

M:この曲のAメロは元々、俺が作ってたネタのなかにあって。ただ、ちょっとシンミリしてる印象だったから"これは使わないかな?"と思ってたんだけど、みんなに聴かせてみたら"これ、やろうよ!"ということになって。そこから広げていった感じですね。サビとかイントロの感じは、別の曲の要素としてジャムで作ってたものなんです。その曲のAメロをこのAメロに替えて、テンポを上げたり下げたりしながらうまく繋げていった。

S:途中でレゲエが入るんですけど、そこのパートはもう完全にジャムで作っていて。曲の流れに沿って、あくまで勢いで作った感じ。ただ、そのわりにはめちゃくちゃいいというか、そのときのジャム感が出てるなと思う。

M:いろんな要素の入った曲だけど、そこで歌がスコーンと抜けて聴こえてくる感じ。実は"この曲いいですね"って言ってくれる人が案外多くて。そこはちょっと嬉しい誤算でもあるかな。

-僕もこの曲、すごく好きです。シングルにしてもいいぐらいだと思う。

SH:ほら、やっぱり(笑)。俺とSINは"この曲、めっちゃいいじゃん!"って言ってたんすよ。

G:すごく際立ったものがあるというか。他の曲からいい意味で浮き上がってるところがありますよね。違う光があるというか。

-ええ。そして今、改めて「Blah Blah Blah」について。メジャー第1弾EPの実質上のメイン曲だったわけですけど、おそらく狙い通りの成果が得られたはずですよね?

M:うん。ただ、俺、まだこの曲は成長しきれてない気がしていて。ライヴにおいて、という意味ですけど。お客さんの反応もすごくいいんだけど、まだまだ「KILLING ME」とか「Amy」ほどまでには成長してない気がする。もっともっといろんな人に聴いてもらわないといけないな、と思いますね。ライヴをやっていて、そう感じてる部分はあります。でもこの曲自体については、新しいSiMの持ち味というか、武器というか。そういうものがひとつ増えたみたいな感覚でもある。こういう曲も今後は増やしていこうかな、なんて軽く思ってたりもするんです。なんて言ったらいいんだろ?ちょっと俺としては、ARCTIC MONKEYSとかそういうイメージもこの曲に対してはあって。そういう感触を取り入れていく切っ掛けにもなった曲だと思ってるんで。

-この曲ができたからこそ生まれる曲というのがあるはずだし、それは過去に作ってきた曲とは明らかに違うはずだということですよね?あと、ひとつ思ったんですけど、この曲がライヴで育ちきってないと皆さんが感じるのは、EPリリース後のツアーに、まだSiMに興味を持ち始めてから日の浅い人たちがあまりライヴに足を運べていないからじゃないでしょうか。なにしろライヴハウス・ツアーはどこも超満員で、『EViLS』からファンになった人たちがチケットを手に入れられなかったケースも多いわけで。

SH:確かにそれはあると思いますね。だから、これから大きな場所とかでやると違ってくるんじゃないかな。

M:うん、ホントに。踊りやすいというか、とにかく反応しやすい曲だから、曲自体を知らない人でも入りやすいところがあるはずだし。そういうことについてはこの夏のフェスやイベントとかでも感じてたんです。べつに俺たち、敷居の高いものを作ろうというつもりもないし、わかりやすさって大事だと思うし。