MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

coldrain

2011.02.10UPDATE

2012年07月号掲載

coldrain

メンバー:RxYxO(Ba) Sugi(Gt) MASATO(Vo) Y.K.C(Gt) Katsuma(Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-「To Be Alive」や「The Maze」のシンガロング・パートはかっこいいですね!STORY OF THE YEARとかCOMEBACK KIDなどのメロディック・ハードコアの影響も感じましたが。

M:もともとなかったんですけどね(笑)。作ってる段階では入ってなくて、レコーディングに入った時によりライヴ感をって考えた時に、僕の中で密かに、シンガロングだなと思って。とりあえずやってみようって感じで入れてったら、もうそれが核にあったんじゃないかっていうぐらいすごい曲の中にハマってるなっていうのはあったんで、もともと今までやったことなさ過ぎて、めちゃくちゃ欲しかったんですけどそういうフレーズが、それが自然に出せたんで、男気な部分ではポイントにはなってるのかなと。

-「The Maze」ではMASATO君以外がヴォーカルを取っているパートがありますが、これはどなたですか?

M:SiMのMAHです。

-おお!全然分かんなかったです!MAH君って独特のメロディを歌ってるんでcoldrainの曲に入ると分からないですね。

M:一瞬だけらしさがあるんですけどね。多分知ってから聴くとよりアイツっぽさが。

-「New Fate」では今までで最高速度のギター・ソロが出現しますね。

一同:(爆笑)

-ハイエナジー、ハイスピードな。

Katsuma (以下K):やっぱり激ロックはそこ拾ってくるね(笑)。

-拾いますよ、前回のブレイクダウンに続き(笑)。

Y:最初はあそこまで速弾きしなかったんですけど、みんながソロ弾けよみたいな丸投げの状態でもらったんで、ソロの弾き難いコードの回しというか、もうずっと同じことばっかやってるんで、もう自分で流れを作るしかしょうがないセクションで、最初こんな感じって言ったら、“もっとやってよ”って(笑)、結構速えんだけどこの曲とか思いながら、なるべく自分が弾ける最高速度目指して詰め込んだらあぁなったっていう感じなんですけど(笑)。あれは実は、Andy Timmons(ex.DANGER DANGER)をイメージしたんです。多分今のキッズには分かんないですけど。

-ライヴを見ていてもハイ・テクニックなのは分かってたんで、とうとう…牙を出したかと(笑)。

一同:(爆笑)

Y:ソロ・セクションが増えちゃって。Cメロ裏とかもそういうのが多かったりとかしてて…でも楽しかったですけどね。

-みんなも賛成する感じで?

K:どんどんやって(笑)。

-「Adrenaline」のリフのグルーヴ感はあなたがたあの大好きなSEVENDUSTなどの90年代の香りを出してるんじゃないですか。

M:USな感じを、そうですね。

-意外と今までなかったですよね。

M:そうですね。確かに。

Y:あっても、そこに上物ギター被せちゃったりとかしてたんです。今回は割と、ユニゾンっぽく聴かせたっていうか。リフの真のノリをもっと出すアレンジにしてみたりとかして。何故そうなったかというと、当然チューニングが違うんでなかなかユニゾンって難しいんですけど、僕がSugiのギターを持って曲作ったんで、自動的に自分もそれをやらざる得なくなってしまって、むしろその方がかっこいいじゃんって。

-アルバム・ジャケットの印象がガラッと新しいものになりましたね。結構いかつい感じですね。

Y:最初にMASATOがデザイナーの方と相談してて。元になるサンプルをみんなで見る機会があって、その時に、MASATOがぱっと見てこういう風なイメージが良かったんですよって。今までのジャケってヨーロッパ・ノリだったんですけど、今回は如何にもUSな質感で持ってきたんで。サウンドもアメリカン・ロックを意識したというか、無骨なサウンドになってるのとすごい相まって、映えてるんですごい気に入っています。

-アルバムの内容とリンクさせた感じの?

M:そうですね。なんか、ストレートにイメージが伝わればいいなっていうのがあって、抽象的に伝えただけなんですけど、デザイナーの人が瞬時に理解してくれて、すぐに欲しかった感じが出たんで良かったかなと思いました。

-この骨はメンバー誰かのではないですよね(笑)?

一同:(爆笑)

M:模型のレントゲンです。言っちゃったらおしまいか。むしろこれは誰なのって。

K:MASATOのお兄ちゃん(笑)?

M:なんで俺じゃだめなの(笑)?

一同:(笑)