MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

coldrain

2010.06.11UPDATE

2010年06月号掲載

coldrain

メンバー:Masato(Vo) Y.K.C(Gt) Sugi(Gt&Cho) RxYxO(Ba&Cho) Katsuma(Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-おぉ!!

M:それかEric Valentineですね。
Butch WalkerはAvril LavigneやSEVENDUSTをやってますからね。

-SEVENDUST好きですもんね(笑)?

M:Katy Perryもそうなんですけど、バラードとかキャッチーで好きな曲って全部Butch Walkerなんですよね。それで且つSEVENDUSTまでやってるとなると満点ですね。

-あなたがたが理想とするサウンドのアルバムがありましたら教えてください。

Y:SEVENDUSTの『Animosity』ですね。

-前回聴いた時もSEVENDUSTが出ていましたね。軸がぶれていない(笑)

Y:あとはNICKELBACKのような骨太サウンドだとか、くっきり図太い感じが好きですね。

M:LOSTPROPHETSのセカンド(『Start Something』)とか、TAKING BACK SUNDAYの『Louder Now』とかをプロデュースしているEric Valentineの自分の音にしちゃう様っていうか、そういう主張が強いプロデューサー兼エンジニアみたいな人は面白いかなと。その人のロック感がそのバンドと合わさった時に凄くかっこいいなというのがあったんで、生っぽさを凄く作り込んでいるなっていうのが見えるないうのが良いですね。

-深いですね。Eric色に染まりたいっていう(笑)。

一同:(笑)

-この曲はどんなことについて歌っているのでしょうか?

M:シンプルな発想で、誰もが明日は死ぬかも知れない、だからこそ何事も軽視するなっていうことですね。それがアルバムのタイトルにもなっているんですが。

-2曲目の「We’re not alone」はアニメ「RAINBOW! 二舎六房」のオープニング・テーマですが、この曲はオープニング・テーマに決まってから、書いたものでしょうか?

Y:決まってもいない時というか。

M:でも漫画を読んで作りました。

Y:用意して欲しいっていう話が、ちょうど『Final Destination』のツアーが終わって年末に“よし、オフだ!!”と思った時にその訃報が入って(笑)

M:でもどっちでも良かったんで、やらなくても良かったし、曲があるんだったらぜひ聴いてみたいって言ってもらえたので、どうせだったら一回どういう漫画なのか読んでみようってことでみんなで読んだんですが凄く面白くて、“これは作りたいな”って言って、タイアップあるなし関係なしに作ってみて、それが運良くなったっていうか。曲調聴けば合ってないっていうのは誰もが分かると思うんですけど(笑)
結局、全場面凄くマッチした作品になったんじゃないかなと思うし。かと言ってアニソンだからどうのこうって言う気はさらさらないし、だから最初からシャウトも入ってるし、やりたいことをやった上で「RAINBOW! 二舎六房」の世界観もある程度表現できたし、もちろん自分達が載せたいことも載せられたし。

-Stacie Orrico(ステイシー・オリコ)のヒット・シングルである「Stuck」をカバー曲に選んだ理由を教えてください。

M:Stacie Orrico 好きなんです。で、カバーするんだったら、割と日本でも人気のある曲を考えた時に、ちょうどいいなと思ってやってみたらいい感じだったんで面白いなって思ってですね。

-ちょっと意外ですよね。こんタイミングでカバー曲が収録されたっていうことが、予測できなかったですね。

Y:ミニ・アルバムだということもあって、そこまでアルバム・コンセプトを考えて作ったわけではないのですが、そういうラフな部分もあっても良いんではないかなと思って入れました。

M:最近カバー・アルバムとか多いじゃないですか。その中でも大きかったのがA STATIC LULLABY がBritney Spears のカバーをやってて、それを見た時にめっちゃありだなと思って、いつかはやりたいなと思ってたんです。今回はタイミングも良いし、もともと凄い女性アーティストが好きだしやりたいなぁと思った時にみんなにそれを振ったら、“それいいじゃん”ってなってやりました。

-A STATIC LULLABY によるBritney Spears のカバーって若干笑いに走っている部分もあるじゃないですか?

M:PV も作ってるし(笑)